グローストラクトーア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グローストラクトーア
Bundesarchiv Bild 146-1979-107-13, Volkssturm, Übung mit Panzerschreck.jpg
1944年10月、対戦車訓練時の撮影。遠景にラインメタル社製の車輌が見える。
種類 中戦車
原開発国 ドイツの旗 ドイツ
運用史
配備期間 1935年
配備先 ナチスドイツ
関連戦争・紛争 none
開発史
開発期間 1926年
製造業者 ラインメタルクルップダイムラー
製造期間 1928年~1930年
製造数 6両
諸元
重量 19t
全長 6.6m
全幅 2.81m
全高 2.3m
要員数 6両

装甲 軟鋼板、13mm
主兵装 75mm KwK L/24、1門
エンジン BMW Va 6気筒
250PS
懸架・駆動 コイルスプリングサスペンション(ラインメタル、クルップ生産車輌)、リーフスプリングサスペンション(ダイムラー・ベンツ生産車輌)
行動距離 路上、150km
速度 路上、40km/h

グローストラクトーアドイツ語: Großtraktor)とは、ヴェルサイユ条約の制限の中でドイツのヴァイマル共和国のために作られた試作戦車である。

製造はラインメタルクルップ、またダイムラー・ベンツが各社2両ずつを担当し、試験はソビエト連邦で行われた。これらの車輌は訓練に用いられ、ナチ党が権力を増したのちに退役、モニュメントとして展示された[1]

参考文献[編集]

  1. ^ Peter Chamberlin and Hillary Doyle, Encyclopedia of German Tanks of World War Two, 1978, 1999, p. 147

外部リンク[編集]