ヴェスペ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴェスペ
Panzerhaubitze Wespe .JPG
性能諸元
全長 4.79 m
車体長 m
全幅 2.24 m
全高 2.32 m
重量 11.48 t
懸架方式 リーフスプリング方式
速度 40 km/h(整地
20 km/h(不整地
行動距離 200 km(整地)
140 km(不整地)
主砲 105mm 軽榴弾砲(18/2 L/28)
(弾薬32発搭載)
副武装 7.92mm MG34
(弾薬600発搭載)
装甲

車台前面30 mm 傾斜15°・10 mm 75°・側面15 mm 90°・後面15 mm 90°・床面5 mm
運転席前面20 mm 傾斜30°・22°・側面15°


上部構造 戦闘室・防盾間12 mm 傾斜21°・防盾10 mm 傾斜24°・他前面10 mm 傾斜25°・側面10 mm 17°・後面8 mm 16°90°
エンジン 6気筒直列エンジン
マイバッハ HL62TR
140馬力
乗員 5 名
テンプレートを表示

ヴェスペWespeスズメバチの意味)は、第二次世界大戦中にドイツで開発された自走砲である。II号戦車の車台に10.5cm leFH 18榴弾砲を搭載したものである。別名として「II号戦車車台上の18/2型軽野戦榴弾砲」(独: Leichte Feldhaubitze 18/2 auf Fahrgestell Panzerkampfwagen II)がある。制式番号 Sd Kfz 124。

開発の経緯[編集]

1940年、フランスでの戦いの間、II号戦車は戦車の主力として使われたが、決して戦力として有効とは言えなかった。機械的信頼性は優れていたものの、武装と装甲が貧弱すぎたためである。従って、当初より想定されていた主力たる戦車が到着するにつれ、前線から離されたII号戦車の車台を流用して自走砲に改装しようという選択は、自然なものであった。

このサイズの砲が後にIV号戦車を主体とするさまざまな自走砲として量産化されなかったことから考えても、この車体とのバランスは最適であり、ドイツはこの車両を大量に生産することとなる。

実戦[編集]

ヴェスペは1943年の東部戦線で初めて実戦使用され、優れた兵器であることが証明された。気をよくしたアドルフ・ヒトラーはII号戦車の生産全てをヴェスペに回すよう指示を出すほどだった。ヴェスペはより大型の自走榴弾砲であるフンメルと共に機甲師団内の装甲砲兵大隊で運用された。

ヴェスペの改修ラインは1943年2月から1944年中頃まで、すなわちソ連軍(赤軍)が工場のあったポーランドを占領するまで稼働し続けた。

合計で662門が製造され、それとは別に、武装を持たない弾薬運搬車158輌が製造された。

関連項目[編集]

ハインケル ヴェスペ英語版

外部リンク[編集]

(すべて英語)

1943年6月か7月に Mortrée 付近で撃破されたヴェスペ