RSOトラクター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
RSO/01
Raupenschlepper ost.jpg
基礎データ
全長 4.425 m
全幅 1.990 m
全高 2.530 m
重量 5.500 t
乗員数 2 名
装甲・武装
主武装 なし
副武装 なし
備考 牽引重量 1.5 t
機動力
速度 17.2km/h
エンジン シュタイアーV8ガソリン
70 hp
懸架・駆動 装軌式
テンプレートを表示

RSOトラクター: RaupenSchlepper Ost、東部用装軌式牽引車)とは第二次世界大戦ドイツ軍用にオーストリアシュタイアー・ダイムラー・プフ社(以下シュタイアー社)が、東部戦線で物資運搬・砲牽引用に用いるために開発した装軌式トラクターである。

概要[編集]

ドイツ軍がソビエト連邦に侵攻した1941年、早くに到来した冬将軍による悪天候で未舗装の道路は泥沼と化し、馬車や装輪式トラックによる前線への補給に重大な支障をきたした。この経験から戦車委員会により新型牽引・補給用車輌の開発が計画され、1942年春にシュタイアー社が開発担当メーカーとして指名された。そして夏には兵器局第6課に対し「歩兵師団に追従できる程度の速度で降雪・泥濘時でも確実に走行でき、しかもゴムなどの戦略物資を極力使わない低コストで量産性に優れた車輌」という具体的なコンセプトが提案された。

結果、完成した本車は簡易なトランスミッションに、片側4つずつの転綸をまとめて支えるリーフスプリング式サスペンション、転綸もゴムの縁のないプレス製と、凝った機構に走りがちなドイツ軍用車輌の中では異例にシンプルな構造となり、1942年11月から大量生産が開始された。なお本車は車幅に対し車高が高めであるが、これはヒトラー総統直々の指示による。翌年にはプレスによる丸形だったキャビンが直線的な作りとなった、より生産性の増したRSO/02に生産が移行。アウトウニオン、マギルス、KHD、リケ・グラーフ&シュティフト各社による量産も開始され、総生産数は27792輌に達した。名称のとおり本来は東部戦線向けに開発された車輌ではあるが、東西両戦線で広く使われている。

本車は重量の割に幅の広い覆帯を持ち、ロシアの泥濘や雪上でも走りぬけ、低速ではあるが悪路の中でも確実に物資を届けることが出来たという。また7.5 cm PaK 40対戦車砲や、ネーベルヴェルファー・ロケット発射器などの牽引にも用いられた。

なお、本車と同時期に、戦車委員会の長であったフェルディナント・ポルシェ博士により、Radschlepper Ost(東部用装輪式牽引車、開発名称ポルシェ・タイプ175)と呼ばれる車輌も開発されている。こちらは、悪路走破性を高めるため巨大な車輪を備えた4輪車で、生産はチェコのシュコダ社で行われた。しかし、期待された性能は発揮できず、少数が生産されたに留まった。そのため、こちらも略称はRSOだが、通常、RSOといった場合はシュタイアー製装軌車両を指す。

バリエーション[編集]

RSO/02をベースに、水陸両用型も試作された。またディーゼルエンジン型のRSO/03も量産されたが、比較的少数に止まっている。

7.5 cm PaK 40搭載型RSO

また、1943年、シュタイアー社の提案に基づき、RSO/02をベースに75mm対戦車砲 PaK 40を搭載した自走砲型も製作された。7.5cm PaK40/4 auf Raupenschlepper, Ost(Sf)(7.5cmPaK40/4搭載東部用装軌式牽引車(自走式))と名付けられた車両は、通常型のキャビンを取り払い、運転席周りは5mm厚の装甲を施した開放式で、後部には木製折りたたみ式の足場が設けられていた。搭載されたPaK40は360度旋回が可能であるが、通常の牽引型の防盾(試作型ではそのまま、先行量産型では下部を延長)を持つのみで、防御力はごく限られたものだった。1943年9月、先行量産型50両が発注された。さらにこれがヒトラーの目に止まり、1944年3月以降、大々的に量産されることが計画された。この計画では3月の月産60両を皮切りに量産体制を整え、7月以降は月産400両を目指すことになっていた。しかし、南部軍集団の5つの戦車駆逐大隊に送られた先行量産型の実用試験の結果、防御力に乏しく速度が出ないため他の自走砲に比べ損害ばかり多く、量産計画は取り消された。