Sd Kfz 251

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Sd.Kfz.251
SdKfz 251 Saumur.JPG
基礎データ
全長 5.80 m
全幅 2.10 m
全高 1.75 m
重量 7.81 t
乗員数 2 名
乗員配置 兵員10名
装甲・武装
装甲 6〜14.5 mm
主武装 MG34またはMG42
機動力
速度 52.5 km/h
エンジン マイバッハ HL 42
直列6気筒液冷ガソリン
100 hp (74.6 kW)
懸架・駆動 トーションバー式・半装軌
行動距離 300 km
出力重量比 12.8 hp/t
テンプレートを表示
Sd.Kfz. 251/7型 装甲工兵車 "Pionierpanzerwagen"
Sd.Kfz. 251/9型 7,5cm自走砲 "Stummel"初期型
ワルシャワ蜂起ポーランド国内軍に捕獲された SdKfz 251/1 ausf.D

Sd.Kfz. 251 とは、ドイツハノマーク社が 3t 半装軌車 (Sd.kfz. 11) をベースに、戦車部隊に歩兵を追随させるために1937年から開発を開始した中型装甲兵員輸送車制式番号を指す。この制式番号がドイツの装甲兵員輸送車の代名詞となった。ドイツ語で mittlerer Schützenpanzerwagen と表記される。

概要[編集]

Sd.Kfz. 250 同様、1939年6月から生産が開始された旧型(A/B/C型)と、生産工数を減らすため形状が簡素化された1943年9月から生産開始の新型(D型)に分けられる。

総計15,252両ほど生産されたと言われ、装輪車輌と比べ良好な不整地走破性故に、戦車に追随する歩兵の輸送手段として装甲師団において重要な役割を果たした。

しかしより簡易で安価なアメリカ軍M3ハーフトラックに比べ、装甲防御力では勝るものの、前輪に動力が無いのとエンジン出力で劣るため、より長い履帯や凝ったサスペンションを持ちながら不整地・泥濘地での機動性で負けており、複雑高価なわりには高性能とは言い難い面もあった。

バリエーション[編集]

1型
基本形となる装甲兵員輸送車であり、兵員10名を運搬可能。重機関銃型、ロケットランチャー搭載型、赤外線暗視装置装備型(ファルケ)も存在する。
2型
迫撃砲搭載の重装備小隊用支援車輌。
3型
無線機搭載の指揮車輌、搭載する無線機の相違によるバリエーションがあった。
4型
7.5cm 軽歩兵砲 (leIG18) 牽引用車輌。
5型
工兵部隊用装甲兵員輸送車。
6型
上級士官用の無線機搭載指揮車輌。エニグマ暗号機も搭載。
7型
工兵部隊用装甲兵員輸送車。制式番号:Sd.Kfz. 251/5 の発展型であり、突撃橋を装備。
8型
野戦救急車。
9型
24口径7.5cm砲搭載支援車輌。搭載方法により前期型と後期型がある。
10型
3.7 cm PaK 36対戦車砲搭載。小隊長用車輌。対戦車砲の防盾そのままのものと、小型化したものがある。
11型
電話線敷設車。
12型
砲兵隊用観測車輌、方位や距離の観測機材を搭載。
13型
砲兵隊用の聴音車輌。
14型
砲兵隊用の音響測定車、音波測定により測距を行う。
15型
砲兵隊用の発射光測定車又は投光車。
16型
火炎放射器搭載型。
17型
以前は2 cm Flak 38機関砲搭載の対空自走砲型(ヘルマン・ゲーリング師団所属の空軍専用車輌)といわれていたが、近年で2cm Flakvierling38を搭載した小型砲塔をもつ歩兵戦闘車タイプとされる。
18型
砲兵部隊用観測・指揮車輌。
19型
移動電話交換車。
20型
赤外線照射灯搭載型、通称ウーフー。
21型
三連装対空機関砲(15mm MG151 又は 2cm MG151/20)搭載型。
22型
7.5 cm PaK 40搭載型。
23型
2cm戦車砲Kwk38搭載偵察車。以前は同型砲を搭載した17型と混同されていたが、異なる偵察装甲車用砲塔をもつ。但し、本車のものとされる写真が合成であることから、計画のみで終わった可能性が高い。

この他にも兵員室と後部の装甲を撤去し、開放型の砲座にして2 cm Flak 38を搭載した対空自走砲型が604輌作られた。これには大戦前半に使用されていた装輪無線装甲車の、Sd.Kfz.261のナンバーが与えられたとする説もある。

また、戦後のチェコスロバキアでの生産型で、Sd.kfz.251を改良して兵員室に上面装甲や射撃ポートが付いたOT-810などがある。

登場作品[編集]

ドイツ国防軍の装甲兵員輸送車として登場。運転手、機銃手を含む6名のプレイヤーが搭乗することが可能。
ナチス兵士が使用。プレイヤーも運転可能。機関銃搭載。
ドイツ国防軍が使用。一部ミッションで登場する。機関銃を搭載。プレイヤーは運転することはできない。
ドイツ側の主力装甲兵員輸送車として登場。ハーフトラックの特殊な機動が再現されているが、運転手・機銃手を含めて8人しか乗れない。
ドイツ国防軍が使用。

その他[編集]

かつてタミヤは自社製のSd Kfz 251Cのプラモデルに、Sd Kfz 251の制作会社である「ハノマーク」の名を冠して販売していた事がある。

文献[編集]

  • Bruce Culver / Uwe Feist : Schützenpanzer, Ryton Publications, 1996

外部リンク[編集]