コール オブ デューティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コール オブ デューティシリーズ > コール オブ デューティ
コール オブ デューティー
Call of Duty
ジャンル FPS
対応機種 Microsoft Windows, Mac OS X, N-Gage, Xbox 360, PS3
開発元 Infinity Ward
発売元 アメリカ合衆国の旗 アクティビジョン
日本の旗 メディアクエスト, ラッセル(廉価版)
シリーズ コール オブ デューティシリーズ
バージョン 1.5b
人数 1人 (オンライン時 2-32人、理論上64人)
メディア CD-ROM(2), DVD-ROM, Steam ダウンロード
発売日 アメリカ合衆国の旗 2003年10月29日
欧州連合の旗 2003年11月7日
日本の旗 2003年12月18日(メディアクエスト、販売終了)
日本の旗 2006年4月21日(ラッセル、2008年4月販売終了)
2009年12月2日Xbox Live Arcade
アメリカ合衆国の旗 2009年12月3日PSN
欧州連合の旗 2009年12月10日(PSN)
対象年齢 ESRB:Teen(T)
エンジン Quake III Arena
テンプレートを表示

コール オブ デューティー(Call of Duty, 略称:CoD)は、第二次世界大戦を舞台にしたファーストパーソン・シューティングゲームで、『コール オブ デューティシリーズ』の第1作である。

概要[編集]

アメリカ編・イギリス編・ソビエト編の3キャンペーン計26ミッションで構成されており、連合各国の一兵卒として仲間達と共に様々な戦場を体験できるのが本作最大の特徴である。特にノルマンディー上陸作戦スターリングラード攻防戦における大人数での死闘の迫力と臨場感(「見える弾幕」や効果的なSE)は他のFPSとは一線を画す。AIAS2004年ゲーム・オブ・ザ・イヤーをはじめ数々の賞を受賞した。

スクリプト(ある地点まで移動すると敵が現れるなどゲーム展開を指示するプログラム)の多用による映画的演出、洗練されたモーションアルゴリズムとAIによる兵士の自然な動きなどが高い評価を受けた。仲間のNPCも個性豊かに描かれ、イギリス軍のプライス大尉は後の作品にも登場する名物キャラクターとなった。脚本はマイケル・シファー

演出を重視した結果、ゲームは決められた展開で進行する。したがって行動の自由度は低いが、そのぶん緻密な難易度設定がなされている。賛否は分かれたものの、このゲームデザインはシリーズに一貫している。

MODフレンドリー」を標榜しており、シリーズ(PC版)を通してMOD開発が比較的容易なことも特徴である。単純なデータ差し替えから開発元提供ツールによる本格的な開発まで盛んに行われている。

なお日本語版はすでに販売終了しているが、Steamを通じて英語版が入手可能であり、北米や欧州ではXbox 360やPS3に向けて「Call of Duty Classic」というタイトルでダウンロード販売されている。

キャンペーン[編集]

Brecourt Manor
Pegasus Bridge
Eder Dam
Pavlov's House

括弧内は主な戦場・関連作戦

主な登場人物[編集]

マルチプレイヤー[編集]

ネットワークを介した多人数対戦モードを備える。 プレイヤーは連合軍枢軸軍のどちらかに属し、ルールに従って得点を競い合う。 ルールやマップにはバリエーションがある。 自分が倒されたとき、その状況が敵視点で再生される「キルカム(Killcam)」機能が独特であった。

登場兵器[編集]

武器[編集]

ボルトアクションライフル セミオートマチックライフル サブマシンガン マシンガン ハンドガン グレネード ロケットランチャー 固定武器
Springfield M1 Garand Thompson BAR M1911 Mk2 パンツァーファウスト MG42
Lee-Enfield M1A1 Carbine Sten Bren Luger RGD-33 FlaK 88
Mosin-Nagant PPSh-41 MP44 Mills Bomb Flakvierling
Kar98k MP40 FG42 Stielhandgranate

その他[編集]

戦車
兵員輸送車
航空機
戦艦

サウンドトラック[編集]

  1. Call Of Duty
  2. Pathfinder
  3. Countryside Drive
  4. Approaching The Tirpitz
  5. Below Deck
  6. Stukas And Flakvierlings
  7. Eder Dam
  8. Taking Stalingrad
  9. Breaking Through
  10. Red Square
  11. Sewers Under Stalingrad
  12. Tanks A Lot
  13. Pegasus Bridge

外部リンク[編集]