MiG

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
公開株式会社「ロシア航空機製作会社『MiG』」
Открытое акционерное общество «Российская самолётостроительная корпорация „МиГ“»
種類 公開株式会社
略称 RSK MiG
MiG
本社所在地 ロシアの旗 ロシア
モスクワ
設立 1939年
業種 輸送用機器
事業内容 戦闘機
主要株主 統一航空機製造会社
関係する人物 アルチョーム・ミコヤーン
ミハイール・グレーヴィチ
外部リンク http://www.migavia.ru/
テンプレートを表示

公開株式会社「ロシア航空機製作会社『MiG』」Открытое акционерное общество «Российская самолётостроительная корпорация „МиГ“» アトクルィータイェ・サマリョタストライーチェリナヤ・カルパラーツィヤ・ミーグ)は、ロシア連邦航空機設計企業公開会社)である。略称RSK "MiG"РСК „МиГ“)。

ソ連時代のA・I・ミコヤーンとM・I・グレーヴィチ記念設計局 (ОКБ и.м. А.И.Микояна и М.И.Гуревича) が母体となっており、一般に「ミグ」と略称される。日本語表記としては「ミグ」「MiG」「ミコヤン」「ミコヤン・グレヴィッチ」「ミコヤン・グレビッチ」などが使われる。このページでは「ミグ」に統一している。

歴史[編集]

ミグ設計局は、アルメニア人アルチョーム・イヴァーノヴィチ・ミコヤーンАртём Иванович Микоян)とユダヤ系ロシア人ミハイール・ヨーシフォヴィチ・グレーヴィチМихаил Иосифович Гуревич)によって、1939年モスクワに開局された。第二次世界大戦以降、戦闘機の設計を中心に数多くの航空機を生み出してきた。

1996年から民営化され、ロシア航空機会社ミグ (RAC MiG) となったが、名称はたびたび変更され、現在はロシア航空機製作会社『MiG』 (Российская Самолетостороительная Корпорация)、略称RSK-MiG (РСК «МиГ») となっている。

アルチョーム・イヴァーノヴィチ・ミコヤーンの兄はソ連の副首相や最高会議幹部会議長国家元首)も務めたアナスタース・イヴァーノヴィチ・ミコヤーン

主な設計・開発機体[編集]

※機体番号/愛称(斜体NATOコードネーム)/初飛行年

EPOS (MiG-105)
MiG-3
MiG-9
MiG-15
MiG-19
MiG-21
MiG-23
MiG-25
MiG-31
MiG-AT
1.44

関連[編集]

外部リンク[編集]