Y-8 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

西安 運輸八型(Y-8)

Myanmar Air Force Shaanxi Y-8 MRD.jpg

Y-8中国語运-8/運輸-8)とは、中華人民共和国で製造された多用途ターボプロップ4発中型輸送機である。中国人民解放軍などにおいて軍用輸送機として運用されている。

概要[編集]

原型とされる An-12

西安飛機工業公司において1969年から設計と開発が開始され、1974年12月に原型機が初飛行した。1981年から量産が陝西飛機工業公司において開始され、2001年までに75機以上が生産されたといわれている。

Y-8は、1960年代にソ連ウクライナのアントノフ設計局(現ウクライナANTKアントーノウ)の製作したAn-12輸送機(1957年初飛行)をデッド・コピーしたものであり、両者の区別はつけにくい。そのため、An-12の派生型の1つとされる場合もある。

主翼は高翼配置であり、エンジンは各主翼に2基ずつ取り付けられている。尾翼は通常形式であり、機首のガラス窓は航法士向けである。前期型では、機首先端にガラス窓のある、細く長く尖った機首形状や4翅プロペラだが、後期型では、機首先端のガラス窓が廃止され、太く短く丸みを帯びた機首形状や6翅プロペラや水平尾翼両端の補助垂直安定板の追加など、外観はむしろ発展型であるY-9に似ている。

当初はAn-12をライセンス生産する計画であったが、中ソ対立のためにソ連からの技術援助が打ち切られたために、その後は中国の技術陣が輸入したAn-12を参考に開発を続行した[1]。そのため最初の計画開始から量産開始まで十数年かかり、中国軍に配備された時には既に旧式機であった。

しかし量産開始が遅かったために、Y-8の生産はAn-12の生産が中止された後も2001年まで続けられた。Y-8の中国独自改良も行われ、1980年代にはアメリカ合衆国ロッキード・マーチンの技術協力で、与圧装置を装着した旅客機タイプが開発されたほか、空挺部隊用や軍用輸送機など様々な軍事用の派生型が生産されたといわれている。そのなかには早期警戒管制機の空警200(KJ-200)があり、2006年6月3日に墜落事故を起こしたと報道された。また、Y-8Q(高新6型)と呼ばれる対潜哨戒機が開発中である。

派生型[編集]

Y-8
基本形の軍用輸送型。
Y-8A
シコルスキー S-70を輸送するために改修された型。ガントリーが除去されるなど西側の航空貨物規格に適合する改修が施されている。
Y-8AF
対潜機材のテストベッド機。尾部が延長され磁気探知機が装備された。後に、地下鉱物資源探査機に改修された。
Y-8B
民間型。尾部銃座に機関砲を搭載していない。
Y-8C
貨物室の与圧能力を付与した改良型。
Y-8CA
電子攻撃型。腹部にカヌー上のアンテナを装備。
Y-8CB
K/JYZ-8とも。「高新1号」の名称で開発された、電子戦/情報収集機。機体前部下面及び垂直尾翼前面に大型のフェアリングを装備している。
Y-8D
西側の電子機器を搭載した輸出型。搭載する電子機器により-D、-DII、-DIIIのサブタイプがある。
Y-8DZ(運輸八型電偵)
DZ とは 中国語のピンインで Dianzi Zhencha.“電子偵察”の略号。Y-8に電子偵察機材を搭載した機体。垂直尾翼の前にある円筒上のアンテナが特徴である。
Y-8E
WZ-5無人標的機の運用母機型。
Y-8F
Y-8Bの改良型である民間向け貨物輸送型。非武装。家畜輸送用に与圧/温度調節装置を装備しており、350匹のヤギや羊を乗せることができる。
Y-8F-100
中国郵便航空公司向けに開発された郵便輸送機型。エンジンを強化している他、EFISを装備し、気象レーダーGPS航法装置空中衝突防止装置を搭載するなど航法機材を充実させた全天候型。
Y-8F-200
胴体を 2.2 m 延長したストレッチ型。
Y-8F-300
西側の電子機器を搭載した民間輸送型。
Y-8F-400
運用機器の自動化改良を行なった、乗員3名で運用可能な改良型。貨物室は加圧式。
Y-8F-600
ANTKアントノフ の技術協力で開発された改良型。グラスコックピット化により乗員2名で運用可能。エンジンはプラット・アンド・ホイットニー・カナダ製のPW-150Bに換装されている。
Y-8G
「高新3号」の名称で開発された、電子戦/情報収集機型。胴体側面に電子装備用と見られる大型のフェアリングを持つ。アメリカ軍の当初の識別名称は Y-8EW/ECM 。
Y-8G IFR
K/JYG8 とも。Y-8CBの改良型と見られる電子戦/情報収集機型で、より大型のフェアリングと機首を持つ。
Y-8G(II)
「高新3号」の名称で開発された一連の電子戦機型の一つ。Y-8F-200をベースに改造された、空中指揮管制/通信中継機型。弾道ミサイル原潜への指令通信任務用に開発されたと見られる。アメリカ軍の当初の識別名称はY-8ACP。
Y-8H
空中測量/写真偵察型。
Y-8J
洋上偵察機型。1996年に購入したGEC-マルコーニ製のアーガス2000 (スカイマスター)[2]を搭載し機首が大型化している。貨物室はミッションルームとなり、与圧されカーゴランプは廃止された。また、Y-8Jは6機の味方航空機を管制する事ができる。
Y-8K
121の座席を備えた旅客機型。
Y-8T
空中指揮機型。Y-8F-400がベースとなっている。ECM機であるとの情報もある。
Y-8U
空中給油技術の開発にためイギリスのMk.32給油ポッドを装備したもの。
Y-8X
洋上監視機型。Y-8MPAとも呼ばれる。Xは中国語でパトロールを意味する「巡」のピン音「Xun」の頭文字から来ている。洋上監視パトロールを任務とする機体であり、西側諸国アビオニクス(洋上監視レーダー、ミッションコンピューター及びレーダー警戒受信機ミサイル警報装置チャフフレアディスペンサー等)を搭載している。簡易なエリントシステムを搭載している機体もある。洋上監視レーダーリットン・カナダ(en)AN/APS-504(V)は、機首下部に設置されている円形パンケーキ状のレドームがそれである。なお機銃、ミサイル、魚雷などの攻撃兵器は搭載していない。中国人民解放軍海軍海軍航空隊所属の4機が確認されている。
Y-8XZ
Y-8 AWACS(1)
Y-8 AWACS(2)
Y-8 測地機(Geophysical Survey Aircraft)
Y-8 ガンシップ
ZDK-03
パキスタン空軍向け。

性能要目(Y-8)[編集]

  • 乗員:2-5 名(形式によって異なる)
  • 全長:34.02 m
  • 全幅:38.0 m
  • 高さ:11.6 m
  • 翼面積:121.9 m²
  • 空虚重量:35,490 kg
  • 最大離陸重量:61,000 kg
  • エンジン:渦奨6(WJ-6)(en) ターボプロップエンジン(4,250 shp)×4
  • 最大速度:660 km/h
  • 巡航速度:550 km/h
  • 航続距離:5,615 km
  • 武装:23-1 23 mm機関砲×2 *軍用型のみ[3]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://www.sinodefence.com/airforce/airlift/y8.asp
  2. ^ Lバンドを使用するパルスドップラー・レーダーで、空中目標に対して最大110km、水上目標に対して最大240kmの捜索範囲を有し、海上の32目標と空中の100目標の同時追尾が可能。
  3. ^ 搭載していない型もある

参考文献[編集]

外部リンク[編集]