Il-78 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Il-78

Il-78M

Il-78M

Il-78(イリューシン78;ロシア語:Ил-78イール・スィェーミヂスャト・ヴォースィェミ)は、旧ソビエト連邦イリューシン設計局で開発された空中給油機である。北大西洋条約機構(NATO)が用いたNATOコードネームでは、「マイダス」(Midas)と呼ばれた。

1987年から納入が始まり、2003年にはインド2005年中華人民共和国(ただし契約未成立)から発注を受けている。現在まで53機が製造されており、オペレーターには前述の国のほか、ウクライナパキスタンアルジェリアリビアアメリカ合衆国(民間機)がある。

概要[編集]

Il-78は、当時のソ連で標準的大型ジェット輸送機であったIl-76の発展型として設計された。

胴体後部左側および両主翼の3箇所に空中給油のためのポットが設置されており、そのからホースが伸びることで同時に3機の航空機に給油することが可能である。このプローブ・アンド・ドローグ方式の空中給油はアメリカ合衆国KC-135から実用化されていたが、ソ連ではIl-78で初めて導入された方式である。

それまでソ連では独自の方式を採用していたうえに、必要に応じて爆撃機へ空中給油装置を装着したことはあったものの、専用の空中給油機を配備することは無かった。

性能[編集]

  • 全長:46.59 m
  • 全幅:50.50 m
  • 高さ:14.76 m
  • 翼面積:300 m²
  • 最大離陸重量:190,000 kg
  • エンジン:アヴィアドヴィガーテリD-30KP ターボファンジェット ×4
  • 推進力:118 kN (26,500 lbf)
  • 乗員:6 名
  • 燃料積載重量:48 t
  • 巡航速度:850 km/h
  • 航続距離:7,300 km
  • 実用最大上昇高度:12,000 m

運用国[編集]

アルジェリアの旗 アルジェリア

エジプトの旗 エジプト

インドの旗 インド

リビアの旗 リビア

パキスタンの旗 パキスタン

ロシアの旗 ロシア

ウクライナの旗 ウクライナ

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国


外部リンク[編集]