Il-78 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Il-78

Il-78M

Il-78M

Il-78(イリューシン78;ロシア語:Ил-78イール・スィェーミヂスャト・ヴォースィェミ)は、旧ソビエト連邦イリューシン設計局で開発された空中給油機である。北大西洋条約機構(NATO)が用いたNATOコードネームでは、「マイダス」(Midas)と呼ばれた。

1987年から納入が始まり、2003年にはインドから発注を受けている。現在まで53機が製造されており、オペレーターには前述の国のほか、ウクライナパキスタンアルジェリアアメリカ合衆国(民間機)がある。

概要[編集]

コックピット

Il-78は、当時のソ連で標準的大型ジェット輸送機であったIl-76の発展型として設計された。

胴体後部左側および両主翼の3箇所に空中給油のためのポットが設置されており、そのからホースが伸びることで同時に3機の航空機に給油することが可能である。このプローブ・アンド・ドローグ方式の空中給油はアメリカ合衆国KC-135から実用化されていたが、ソ連ではIl-78で初めて導入された方式である。

それまでソ連では独自の方式を採用していたうえに、必要に応じて爆撃機へ空中給油装置を装着したことはあったものの、専用の空中給油機を配備することは無かった。

派生型[編集]

Il-78MKI
Il-78MP
Il-78
基本型。2つの取り外し可能な燃料タンクを備える。最大積載重量は 85.72トン(188,540 lb)。
Il-78T
燃料タンクをはずした貨物輸送型[1]
Il-78M
1987年から配備された型。貨物室内タンクを3個に増加させ固定式としたため貨物機への転換は不可能となった。給油装置はUPAZ-1Aから改良型のUPAZ-1Mとなった。総重量は210トン。総燃料搭載量は138トン(303,600 lb)でそのうち105.7トン(232,540 lb)が供給可能である[2]
Il-78ME
Il-78Mの輸出型。
Il-78MKI
Il-78MEをインド空軍向けに改良した型。アビオニクスの一部がフランスタレス製のものに変更されているほか、給油装置としてイスラエル製の毎分1,200kgの給油が可能なAPR-3を装備しており、1ミッションで6~8機のSu-30MKI英語版に補給可能である[3][4]。空中給油装置が変更された理由はUPAZ-1の給油レートが大きく、機内燃料パイプの細い機体に対する適合性に問題があったためである。また、燃料タンクは初期型と同様取り外しが可能で搭載数も2本である。総燃料搭載量は110トンでそのうち70トンが供給可能である[5]
Il-78MP
パキスタン空軍向け。仕様はIl-78MKIと同じであるが、ロシア製以外の機材は搭載していない[6][7]
Il-78M2
Il-78Mのアップグレード型。新しい航行装置や通信装置、防御装備を備えており、同時に4機に対して空中給油が可能なほか、夜間の給油も可能となった。異なる3タイプの航空機の給油に対応している。
Il-78M-90A (Il-478)
Il-76MD-90A(Il-476)をベースとした型。試作機は2015年に初飛行する予定である[8]

運用国[編集]

アルジェリアの旗 アルジェリア

インドの旗 インド

6機を運用している。追加調達も検討されたが、アフターサービスの悪さ、スペアパーツや消耗品の供給の問題から、エアバス A330 MRTTに敗れた[9]

パキスタンの旗 パキスタン

ウクライナから中古のIl-76を改造したものを4機受領している[10]

ロシアの旗 ロシア

19機を運用している。また、Il-78M-90Aを40機調達する予定である[11]

ウクライナの旗 ウクライナ

8機を運用している[12]

中華人民共和国の旗 中国

現在保有するHY-6空中給油機が、ロシア製のSu-27などとは規格が合わないため導入された。現在3機が運用されている[13]2005年に8機の発注を行ったがロシアが納入を2007年から2010年に延期する事と経費の追加負担を要請して契約未成立となっている。現在運用されている機体の出所は不明であるが、一説には中古のIl-76をウクライナと協力してIl-78と同仕様に改修したものであるとされる[14]

性能[編集]

ソース[15]

三面図

脚注[編集]

  1. ^ IL-78 Midas Air-to-Air Refuelling / Transport Aircraft, Russia
  2. ^ Gordon, Yefim; Kommissarov, Dmitriy (2002). Ilyushin Il-76, Russia's Versatile Airlifter. Midland. ISBN 1-85780-106-7. 
  3. ^ Mukherjee, Amit (2004年9月29日). “IAF to get 5th IL-78 refueller soon”. The TImes of India. http://timesofindia.indiatimes.com/india/IAF-to-get-5th-IL-78-refueller-soon/articleshow/867031.cms?flstry=1 
  4. ^ http://www.indian-military.org/air-force/support/air-to-air-refuellers/9-ilyushin-il-78mki-midas.html
  5. ^ 航空ファン 2009年6月号
  6. ^ Ansari, Usman (2008年11月3日). “Pakistan Eyes Boost in Transport, Lift”. Defense News. http://www.defensenews.com/story.php?i=3801474 
  7. ^ “Pakistan Receiving IL-78 Refueling aircraft”. Defense Industry Daily. (2008年12月8日). http://www.defenseindustrydaily.com/Pakistan-Receiving-IL-78-Refueling-aircraft-05191/ 2009年7月24日閲覧。 
  8. ^ Первый опытный образец самолета-топливозаправщика на базе Ил-476 будет готов к 2015 году
  9. ^ Привычка проигрывать
  10. ^ Pakistan Receiving IL-78 Refueling aircraft
  11. ^ Минобороны купит 40 новых летающих танкеров
  12. ^ Ukraine - Air Force Equipment
  13. ^ Transport / Tanker Aircraft
  14. ^ 中国の空中給油技術の向上 漢和防務評論 20131023
  15. ^ 統一航空機製造会社公式

外部リンク[編集]