JL-9 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Flag of the People's Republic of China.svg JL-9山鹰教练机 / 山鷹教練機

JL-9

JL-9

教練9型(JL-9、簡体字:教练9型)は、中華人民共和国のジェット練習機山鷹の愛称が付けられている。型番は教練のピン音の頭文字(JiaoLian)をとったものである。

概要[編集]

J-7戦闘機(中国製のMiG-21)に準じた複座練習機であるJJ-7が陳腐化したため、第4世代ジェット戦闘機のパイロット養成に必要となる高等練習機としてFTC-2000の名称で新規開発された。開発はリスクを減らすため、JJ-7をベースとして行われている。2000年末までに風洞実験を完了して詳細設計を終え、2003年12月13日に試作機が初飛行した。

尾部こそJJ-7に似た形状だが、主翼はJ-7Eとも異なるダブルデルタ翼を採用し、インテークを胴体両側面に移動したことで外見が大きく変わっている。複座式の操縦席は後席が高く配置され視界を確保しており、グラスコックピットを採用しているという。23mm機関砲を固定武装に持ち、兵装搭載能力の有無は不明だが胴体下に1箇所、主翼下に4箇所のハードポイントがあり、実物大モックアップでは主翼下に空対空ミサイルを装備していた。また、機首には火器管制レーダーの搭載も可能とされる。アレスティング・フックを装備した海軍向けの艦上型も開発が確認されている。

スペック[編集]

  • 乗員: 2 名(練習生1、教官1)
  • 全長: 14.555 m
  • 全幅: 8.32 m
  • 全高: 4.105 m
  • 標準重量: 7,800 kg
  • 最大離陸重量: 9,800 kg
  • 最大速度: マッハ1.6
  • 航続距離: 1,600 km(機内燃料のみ)、2,500 km(増槽装備時)
  • 最大上昇率: 260 m/s
  • 実用上昇限界高度: 16,000 m
  • エンジン: 渦噴13F型(WP-13F) ターボジェット(A/B時 63.25 kN)×1
  • 武装:
    • 23mm機関砲
    • PL-8(霹靂8)赤外線誘導空対空ミサイル
    • PL-9(霹靂9)赤外線誘導空対空ミサイル
    • 爆弾、ロケット弾ポッド(2,000 kg)

外部リンク[編集]