Yak-9 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Yak-9 (Як-9)

Yak-9D

Yak-9D

Yak-9 (Jak-9;ヤク9;ロシア語: Як-9ヤーグ・ヂェーヴャチ) は、第二次世界大戦時にヤコヴレフ設計局が開発したソ連空軍の主力戦闘機のひとつ。戦後、北大西洋条約機構 (NATO) によって付けられたNATOコードネームでは「フランク」 (Frank) と呼ばれた。 東欧を中心に1960年代初頭まで配備されていた。

変遷[編集]

Yak-9は、練習戦闘機から開発されたYak-7DI戦闘機の改良型の中・高高度用戦闘機として開発された。その後、Yak-9はYak-1/7に替わって大量に生産・配備され、大戦初期においてBf 109戦闘機を主力とするドイツ空軍に対し圧倒的に不利であった空軍戦闘機部隊再興の中核となった。

Yak-9シリーズは二次大戦において最も優れたソ連戦闘機のひとつとされ、低・中高度用のYak-3戦闘機とともにソ連のフランス人部隊でも好んで使用されたことが知られている。Yak-9は同じ連合国側の戦闘機スピットファイアP-51などと比べて遙かに小型であり、日本零式艦上戦闘機と比べてもさらに一回り小さい機体であったが、強力なエンジンと20 mm機関砲を基本とする強力な武装により、それらにまったく遜色ない働きを見せた。但し、前・中期型は機体の大半が木材や布で構成されていたことから、金属製のほかの機体に比べて機体重量も増しており (一回り大きな零戦より800 kgほど重かった)、エンジン出力の割には最高速は伸びなかった。また、それにより操縦においても独特の扱い難さがあったと言われている。一方、後期型 (実質的には戦後型) であるYak-9Pは機体構造すべてが金属製となり、高出力 (1500馬力) のVK-107Aエンジンを装備してそれまでの機体より高い性能を発揮することができるようになった。

戦後は、Yak-9は後期型のYak-9Pと複座練習戦闘機型のYak-9Vを中心に東欧諸国に大量に配備され、大戦中の活躍と相まって当時ヨーロッパではよく知られた機体であった。一方、朝鮮戦争初期には中期型 (Yak-9Mなど) や後期型 (Yak-9P) が中華人民共和国朝鮮民主主義人民共和国軍の主力となり、機等かつての「友軍機」とも戦った。これらのことから終戦後しばらくの間Yak-9はソ連の戦闘機の代表として捉えられており、朝鮮戦争時も国連軍側ではいわゆる「ミグ」 (MiG-15ジェット戦闘機) の認知まで「ヤク戦闘機」が東側戦闘機の代名詞であった。

その後、Yak-9は東欧を中心に1960年代初頭まで配備されていた。

主な発展型[編集]

ソ連軍フランス人部隊機を模した塗装のYak-9UM (Yak-9U/Pによく似た外観の復元機)
  • Yak-9 (Як-9ヤーク9)/Yak-7DI (Як-7ДИヤーク7デーイー): 初期型。新型のM-105PFエンジンを搭載するYak-7DI長距離戦闘機として開発された。1942年に初飛行。のちに改良され名称も新しいYak-9となった。
  • Yak-9 (Як-9ヤーク9): 前期型の量産型で、前線戦闘機として開発された。初飛行は1942年
  • Yak-9 VK-106搭載型 (Як-9 с ВК-106ヤーク9スヴェーカー106): VK-106エンジンを搭載する前線戦闘機として開発された。初飛行は1942年。エンジンが完成域に達しなかったため、計画は破棄された。
  • Yak-9B (Як-9Бヤーク9ベー): 前期型の戦闘爆撃機型。1944年に初飛行を行った。
  • Yak-9L (Як-9Лヤーク9エール): 戦闘爆撃機型の開発機。
  • Yak-9D (Як-9Дヤーク9デー): 前期型の改良型。アンテナ柱が立っているのがYak-9との外見上顕著な相違点となる。初飛行は1943年
  • Yak-9R (Як-9Рヤーク9エール): 前期型の機体を用いて若干機数が製造された前線偵察機型。1943年に初飛行を行った。
  • Yak-9T (Як-9Тヤーク9テー): 中期型。37 mm機関砲NS-37を搭載した打撃戦闘機型。初飛行は1943年
  • Yak-9TD (Як-9ТДヤーク9テーデー): Yak-9Dの機体に37 mm機関砲 NS-37を搭載した長距離打撃戦闘機型。初飛行は1943年
  • Yak-9K (Як-9Кヤーク9カー): 中期型。45 mm機関砲NS-45を搭載した戦闘機型。初飛行は1943年
  • Yak-9TD (Як-9ТКヤーク9テーデー): Yak-9Kの打撃戦闘機型で、45 mm機関砲NS-45を搭載していたが、その他37 mm機関砲NS-37や23 mm機関砲VYa-23、20 mm機関砲ShVAKなどの搭載試験を行った。1943年に初飛行。
  • Yak-9DD (Як-9ДДヤーク9デーデー): 中期型の長距離護衛戦闘機型。中期型は前期型に比べコクピット位置が後方に移された。初飛行は1944年
  • Yak-9「クリエールスキイ」 (Як-9 "Курьерский"ヤーク9"クリイェールスキイ"): 軽輸送機として開発された機体。Yak-9DD及びYak-9Vの機体やエンジンを使用して製作された。初飛行は1944年。武装をすべて降ろしコクピットを複座とすることで、最高速度564 km/hで乗客1名を運ぶことができるように設計されていた。なお、「Курьерский」はロシア語で「使者の、急使の、特使の」といった意味の形容詞
  • Yak-9U (Як-9Уヤーク9ウー): エンジンを新型のVK-107Aに換装した後期型の初期型戦闘機型。初飛行は1943年。当初、VK-105PF2搭載型も開発された。また、45 mm機関砲NS-45 1門と20 mm機関砲B-20 2門を搭載する機体も開発された。
  • Yak-9M (Як-9Мヤーク9エーム): Yak-9Dの後継戦闘機型として設計された中期型の改良型。初飛行は1944年
  • Yak-9S (Як-9Сヤーク9エース): Yak-9Mの改良型の戦闘機型で、23 mm機関砲NS-23 1門と20 mm機関砲B-20S 2門を搭載するのが主な相違点であった。初飛行は1945年
  • Yak-9V (Як-9Вヤーク9ヴェー): 中期型の複座型。初飛行は1945年。Yak-9Pの戦闘練習機として用いられた。
  • Yak-9UT (Як-9УТヤーク9ウーテー): Yak-9Uの発展型で、37 mm機関砲 N-37 1門と20 mm機関砲 B-20/S 2門を搭載する打撃戦闘機型。初飛行は1945年
  • Yak-9UV (Як-9УВヤーク9ウーヴェー): Yak-9Uの複座戦闘練習機型。初飛行は1945年
  • Yak-9P (Як-9Пヤーク9ペー): Як-9Уを全金属製にした戦後型の戦闘機型。基本的な武装は20 mm機関砲 ShVAK 3門。初飛行は1946年。なお、VK-105PF搭載型は1943年に飛行しているが、量産されなかった。
  • Yak-9PD (Як-9ПДヤーク9ペーデー): VK-105PF装備の迎撃戦闘機型。1943年に初飛行。
  • Yak-9UM (Як-9УМヤーク9ウーエーム): Yak-9後期型を模して新たに製作された復元機。アメリカ合衆国アリソンV-1710レシプロエンジンを搭載する。1990年代に少数量産された。
  • S-49A (С-49Аエス49アー): ユーゴスラヴィアのイカルス社で開発されたYak-9の発展型。戦後1946年より開発が始められ、1948年に初飛行を行った。エンジンはYak-9から入手した1180馬力のVK-105PFを搭載し、最高速度は554 km/hであった。武装もまたソ連製で、20 mm機関砲ShVAK 1門と12.7 mm機関銃UBS 2門を搭載した。
  • S-49C (С-49Цエス49ツェー): ユーゴスラヴィアのソコ社で開発されたS-49Aの改良型。主翼は金属化され、新たに1500馬力のイスパノ・スイザ製12Z-11Yエンジンが搭載されていた。武装はドイツマウザー製のMG 151/20 20 mm機銃 1門とコルトブローニング製の12.7 mm機銃M2 2門が搭載され、その他4発のロケット弾または250 kg爆弾が搭載可能であった。最高速度は690 km/hに達していた。

仕様[編集]

Yak-9D[編集]

  • 初飛行: 1943年
  • 全幅: 9.74 m
  • 全長: 8.60 m
  • 全高: 3.00 m
  • 翼面積: 17.15 m²
  • 空虚重量: 2,350 kg
  • 通常離陸重量: 3,117 kg
  • 発動機: クリーモフM-105PF 液冷式レシプロエンジン ×1
  • 出力: 1,110 馬力
  • 最高速度 (地表高度): 533 km/h
  • 最高速度: 591 km/h
  • 実用航続距離: 1,360 km
  • 上昇力: 820 m/min
  • 実用飛行上限: 9,100 m
  • 乗員: 1 名
  • 武装: 20 mm機関砲ShVAK (弾数120発) ×1、12.7 mm機関銃UBS (弾数200発) ×1

Yak-9M[編集]

  • 初飛行: 1944年
  • 全幅: 9.74 m
  • 全長: 8.50 m
  • 全高: 3.00 m
  • 翼面積: 17.15 m²
  • 空虚重量: 2,428 kg
  • 通常離陸重量: 3,095 kg
  • 発動機:クリーモフ製 VK-105PF 液冷式レシプロエンジン ×1
  • 出力: 1,180 馬力
  • 最高速度 (地表高度): 518 km/h
  • 最高速度: 573 km/h
  • 実用航続距離: 950 km
  • 上昇力: 820 m/min
  • 実用飛行上限: 9,500 m
  • 乗員: 1 名
  • 武装: 20 mm機関砲ShVAK (弾数120発) ×1、12.7 mm機関銃UBS (弾数200発) ×1

Yak-9U[編集]

  • 初飛行: 1943年
  • 全幅: 9.74 m
  • 全長: 8.55 m
  • 全高: 3.00 m
  • 翼面積: 17.15 m²
  • 空虚重量: 2,512 kg
  • 通常離陸重量: 3,204 kg
  • 発動機:クリーモフ製 VK-107A 液冷式レシプロエンジン ×1
  • 出力: 1,500 馬力
  • 最高速度 (地表高度): 575 km/h
  • 最高速度: 672 km/h
  • 実用航続距離: 675 km
  • 上昇力: 1,000 m/min
  • 実用飛行上限: 10,650 m
  • 乗員: 1 名
  • 武装: 20 mm機関砲ShVAK (弾数120発) ×1、12.7 mm機関砲UBS (弾数170発) ×1

使用国[編集]

外部リンク[編集]

※画像リンク

関連項目[編集]

発展型

姉妹機