アレクサンドル・セルゲーエヴィチ・ヤコヴレフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アレクサンドル・セルゲーエヴィチ・ヤコヴレフАлександр Сергеевич Яковлев 、ラテン文字転写の例:Alexander Sergeyevich Yakovlev [1]1906年4月1日 - 1989年8月22日)はソ連の航空技術者・飛行機設計士。ヤク戦闘機を設計し、ヤコヴレフ設計局を設立した。航空大将。

ヤコヴレフはソ連の航空模型製作、滑空競技、航空スポーツの創設者である。1924年にAVF-10グライダーを、1927年には超軽量飛行機AIR-1を製作した。これらは、スポーツ用・訓練用として利用された彼の最初期の飛行機である。

彼は1924年初頭に、モーター技術者として働き、その後労農赤軍空軍アカデミー[2]に入学した。1931年、航空機工場の技術者となり、そこにおいて1932年、彼の初となる軽飛行機設計局が開設された。彼は1953年、ヤコヴレフ設計局の主任設計士となり、その後に設計士長(1956-1984)となった。

彼は1940年から1946年まで、航空産業人民委員代理(次官)を務めた。

1943年、ソ連科学アカデミーの寄稿会員となり、また1940年と57年には、社会主義労働英雄を受賞した。1946年、航空大将の階級を授与。1976年、ソ連科学アカデミーの正会員となった。ヤコヴレフは、1984年8月21日に引退した。

著書[編集]

パーソナル[編集]

ヤコヴレフは、その経歴のなかで数多くの勲章や栄典を受賞した。

[編集]

  1. ^ ロシア語の発音は、アリクサーンドル・ヤーカヴリェフ。など。
  2. ^ 後にN.E.ジュコーフスキー教授の名を冠する(1927-1931年)