Yak-17 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Yak-17
Yak-17UTI

Yak-17(Jak-17;ヤク17;ロシア語:Як-17ヤーク・スィムナーッツァチ)は、ソ連ヤコヴレフ設計局で開発された多用途戦闘機DoDが割り当てたコードネームはYak-17がType 16、Yak-17UTIがType 26

概要[編集]

Yak-17は、Yak-15の改良型Yak-15U(Як-15Уヤーク・ピトナーッツァチ・ウー)として開発が始められ、1947年6月に初飛行を果たした。その後、1948年3月20日Yak-17と改名され、量産へ移された。

Yak-17はもととなったYak-3が優れた機体であったこともあり、比較的優秀な性能を示した。しかし、政治的な理由とはるかに高性能なMiG-15の成功とにより歴史の表舞台からは去っていった。

それでも多くの機体が製造されたYak-17は、ソ連の他、ポーランドチェコスロヴァキアにも輸出された。複座練習訓練機型のYak-17UTI(Як-17УТИヤーク・スィムナーッツァチ・ウーテーイー)も生産された。

スペック[編集]

  • 初飛行:1947年
  • 翼幅:9.20 m
  • 全長:8.70 m
  • 全高:2.30 m
  • 翼面積:14.85 m2
  • 空虚重量:2081 kg
  • 通常離陸重量:2890 kg
  • 最大離陸重量:2140 kg
  • 発動機:RD-10A(РД-10А) ターボジェットエンジン ×1
  • 出力:910 kg/s
  • 最高速度:700 km/h
  • 最高速度(地表高度):748 km/h
  • 実用航続距離(外部燃料タンクなし):395 km
  • 実用航続距離(外部燃料タンクあり):717 km
  • 実用飛行上限高度:12750 m
  • 乗員:1 名
  • 武装:23 mm機関砲NS-23(НС-23) ×2(弾数60発)

運用国[編集]

チェコスロヴァキアのJak-17

関連項目[編集]

姉妹機

国内対抗機

外部リンク[編集]