NS-23 (機関砲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Nudelman-Suranov NS-23
Cropped NS-23.jpg
アメリカ空軍国立博物館で展示中の Nudelman-Suranov NS-23機関砲
種類 機関砲
原開発国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
運用史
配備先 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
関連戦争・紛争 冷戦
開発史
製造期間 1944-1953
製造数 28479 門
諸元
重量 37 kg
全長 198.5 cm
銃身 145 cm

砲弾重量 175 g
口径 23 mm
砲身 145 cm
作動方式 ショートリコイル
発射速度 550 rpm
初速 690 m/s
装填方式 ベルト給弾方式

NS-23ロシア語: НС-23)は、第二次世界大戦中にソビエト連邦で開発された口径23 mmの航空機関砲である。名称は、主要な開発者であるA・E・ヌデリマーンロシア語版A・S・スラノフ頭文字に砲口径を組み合わせたもの。

概要[編集]

第二次世界大戦中に、VYa-23機関砲を更新するために開発された。他にG・ジールヌィフ、V・ネメノフ、S・ルーニン、M・ブンジンも参加していた。

1944年に軍に導入された。NS-23の弾薬は14.5 mm×114 対戦車弾を23 mmに拡大したものだった。

NS-23S(Sはプロペラ同調装置付きを意味する)は、回転するプロペラを通って発射される固定機関砲として使用された。

NS-23は、An-2Il-10Il-22La-7La-15MiG-9Yak-7Yak-9UYak-15Yak-17Yak-23、などに装備された。MiG-15の初期型のいくらかもNS-23を装備していた。

NS-23は1949年頃にNR-23に更新された。