VYa-23 (機関砲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
VYa-23 / ВЯ-23
概要
種類 航空機関砲
製造国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
設計・製造 A. A.ボルコフ
S. A.ヤルツェフ
性能
口径 23mm
銃身長 1660mm
ライフリング -
使用弾薬 23mm
弾丸重量:200 g
装弾数 ベルト給弾
作動方式 ガス圧作動
全長 2150mm
重量 空虚:66kg
発射速度 550~650発/分
銃口初速 905m/s
有効射程 -

ボルコフ・ヤルツェフ VYa-23ロシア語:Волков-Ярцев ВЯ-23、ラテン文字表記の例:Volkov-Yartsev VYa-23)は、第二次世界大戦中にソ連で使用された航空機用の23mm機関砲である。

開発[編集]

1940年、ボルコフとヤルツェフは、新型の23mm砲弾を使用する TKB-201 機関砲を開発した。この機関砲はイリューシン Il-2対地攻撃機シュトゥルモヴィーク)の武装として使用する予定だったが、実験機として使用可能な Il-2 が存在しなかったため、最初の空中発射試験はドイツ軍メッサーシュミットBf110戦闘機で行われた。1941年には予定通り Il-2 でテストを行い、VYa-23 として制式採用された。VYa-23 の総生産数は64,655基に上る。

特徴[編集]

VYa-23 はガス圧作動・ベルト給弾式の機関砲で、口径の割には高い発射速度を有していた。一方で、反動が大きく、発射や装填の動作が急過ぎるという短所があり、これらの為に機関砲の耐用寿命は短いものとなり、また飛行中では修理不能な弾詰まりを起こす傾向があった。

弾薬は、焼夷破片効果榴弾、曳光焼夷破片効果榴弾、焼夷徹甲弾から構成されていた。弾丸の重量は200gで、破片効果榴弾には10gの炸薬が含まれていたが、これは、ShVAKB-20 が使用する20mm砲弾と比べ、それぞれ二倍に相当した。

徹甲弾は400mの距離から25mmの装甲を貫通できたものの、想定されていた対戦車攻撃に使用するには不十分だった。ドイツ軍の軽戦車を撃破するためには目標の側面か背面からの射撃が、中戦車を撃破するためには砲塔や車体の上面に40度以上の急降下で400m以内での射撃が必要とされた。小さな目標物に照準を合わせ続けることはただでさえ難しかったが、Il-2 でそのような急降下攻撃を行うことは、たとえ理想的なコンディションが整っている場合でも現実的ではなかった。

参考文献[編集]

  • Широкоград А.Б. (2001) История авиационного вооружения Харвест (Shirokograd A.B. (2001) Istorya aviatsionnogo vooruzhenia Harvest. ISBN 985-433-695-6) (History of aircraft armament)