NS-45 (機関砲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
NS-45
種類 機関砲
原開発国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
運用史
配備期間 1944-1947
配備先 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
関連戦争・紛争 第二次世界大戦冷戦
諸元
重量 152 kg
全長 252 cm

砲弾 45 mm×186
砲弾重量 1.065 kg
口径 45 mm
発射速度 250 rpm
初速 850 m/s
装填方式 ベルト給弾方式

NS-45ロシア語: НС-45)は、第二次世界大戦中にソビエト連邦が開発した航空機関砲である。NS-37の拡大版。名称は、開発者のA・E・ヌデリマーンロシア語版A・S・スラノフ頭文字に砲口径を組み合わせたもの。

概要[編集]

MS-45は第二次世界大戦の間、Yak-9に装備されて軍に評価された。しかし信頼性がないと証明されたので、軍には採用されなかった。しかし第二次世界大戦終結後に、2門が試作機Tu-1夜間戦闘機に装備された。