Su-9 (航空機・初代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Flag of the Soviet Union (1923-1955).svg Su-9 «K» / Су-9 «К»

Su-9 «K»

Su-9 «K»

Su-9(スホーイ9、スホイ9;ロシア語:Су-9スー・ヂェーヴャチ)又は«K»(«К»カー)は、ソ連スホーイ設計局で開発された戦闘爆撃機である。同時期により優れたYak-17MiG-15などの開発が進んだこともあり、量産はされなかった。のちに同じ名称を持つ別の機体(Su-9)が生産されたため、現代では当機については「初めのSu-9」(Су-9 (Первый))と呼ぶことが多い。DoDが割り当てたコードネームはType 8

概要[編集]

初めのSu-9(以後単に「Su-9」と表記)は 第二次世界大戦中にドイツで開発されたMe 262を参考にして開発された戦闘爆撃機で、それまでSu-2レシプロ爆撃機の設計などの実績しかなかったスホーイ設計局にとって初のジェット機となった。2基のRD-10(РД-10)ターボジェットエンジンをMe 262同様の方式で各主翼下へ搭載したSu-9は、ドイツから捕獲したMe 262に影響を受けて戦時中の1944年より開発が始められた。

当初、計画は「偉大なる戦闘機の王様」として知られていたポリカールポフ設計局のニコラーイ・ニコラーエヴィチ・ポリカールポフ(Николай Николаевич Поликарпов)と中型爆撃機Yer-2(Er-2)の開発で知られるエルモラーエフ(イェルモラーイェフ)設計局のヴラジーミル・グリゴーリエヴィチ・エルモラーエフ(イェルモラーイェフ;Владимир Григорьевич Ермолаев)によって始められたが、1944年7月30日にはポリカールポフが胃癌で、12月31日にはエルモラーエフがチフスで相次いで没したことにより、計画は翌1945年3月にエルモラーエフ設計局を吸収したスホーイ設計局によって継承されることとなった。Su-9は、1946年に初飛行を果たした。アメリカ合衆国1947年8月3日トゥーシノ飛行場(日本ではツシノとして有名)で行われた航空パレードでSu-9の存在を確認し、「Type 8」という識別番号をつけた。番号を付与するという方式は正式名称の明らかにならない敵機であるソ連機を識別するために考案された手段であったが、あまり効率的ではなかったのでのちにいわゆるNATOコードネームに取って代わられた。

スホーイは、Su-9のエンジンをTR-1(ТР-1)に変更した発展型のSu-11 «LK»や、それをさらに改修したSu-13 «TK»などの開発も行ったが、どの機体の量産化も認められなかった。加えて、大型後退翼機のSu-15 «P»の墜落、Su-17 «R»の開発失敗を拠り所にソ連中央よりサボタージュを行ったとして批判され、設計局は閉鎖が命ぜられた。

各型[編集]

Su-9 / Су-9
RD-10エンジンを搭載した試作戦闘爆撃機。設計局名称として«K»(«К»カー)とも呼ばれた。 Su-9(«K»)
Su-11 / Су-11
TP-1エンジンを搭載した発展型。設計局名称として«LK»(«ЛК»エルカー)とも呼ばれた。
Su-13 / Су-13
前線戦闘機として開発された、Su-11の発展型。TP-1に換え、より強力なRD-500エンジンを搭載した。主翼はSu-11に比べ相対的な厚みを9 %まで減少され、水平尾翼は後退翼となった。設計局名称として«TK»(«ТК»テーカー)とも呼ばれた。

スペック (Su-9)[編集]

Su-9 «K»
  • 全幅:11.20 m
  • 全長:10.55 m
  • 翼面積:20.20 m²
  • 空虚重量:4,060 kg
  • 通常離陸重量:5,890 kg
  • 発動機:RD-10(РД-10) ターボジェットエンジン ×2
  • 出力:900 kg/s ×2
  • 最高速度:885 km/h
  • 実用航続距離:1,200 km
  • 最大上昇力:5,000 m/min
  • 実用上限限度:12,800 m
  • 乗員:1 名
  • 武装:
    • 37 mm機関砲N-37(Н-37) ×1(弾数40発)、23 mm機関砲NS-23(НС-23) ×2(弾数2 門共通で200発)
    • 250 kg爆弾FAB-250(ФАБ-250) ×2、または500 kg爆弾FAB-500(ФАБ-500) ×1(但し、爆弾搭載に際しては37 mm機関砲は機体から降ろす必要あり)

運用国[編集]

  • なし

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

  • 世界の傑作機 No.120 スホーイSu-15“フラゴン”』文林堂:初めのSu-9、Su-9/11/15シリーズ全般。