A・S・ヤコヴレフ記念試作設計局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
公開株式会社「A・S・ヤコヴレフ記念試作設計局」
ОАО «Опытно-конструкторское бюро имени А.С. Яковлева»
種類 公開株式会社
略称 ヤコヴレフ設計局
ヤコヴレフ
Yak
本社所在地 ロシアの旗 ロシア
モスクワ
設立 1934年
業種 輸送用機器
事業内容 航空機
主要株主 (間接的には統一航空機製造会社
イルクート 75.46%
外部リンク http://www.yak.ru/
テンプレートを表示

A・S・ヤコヴレフ記念試作設計局 (Опытно-конструкторское бюро имени А.С. Яковлева オーカーベー・イーミェニ・アリクサーンドラ・スィルギェーイェヴィチャ・ヤーカヴリェヴァ)は、ソ連ロシア連邦航空機メーカーである。

略称 ОКБ им. А.С. Яковлева。単にヤコヴレフ設計局、ヤコヴレフまたはヤクという略称でも呼ばれる。アレクサンドル・セルゲーエヴィチ・ヤコヴレフ (1906年1989年)が開設を命ぜられた。

概要[編集]

初期の開発機であるAIRシリーズの成功によりYak-1戦闘機の設計を命ぜられ、第二次世界大戦から朝鮮戦争まで「ヤク戦闘機」はソ連戦闘機の代名詞であった。だが、その後は政治的な理由もあり恵まれず、軍用機分野の前面からはほとんど追い出された形となった。逆に旅客機分野では大きな躍進を見せ、Yak-40Yak-42では東側随一の成功を収めている。また、イリューシンと共同でMS-21の開発が進められている[1][2]。他の設計局と違い、旅客機戦闘機VTOL機早期警戒機ヘリコプターといった殆ど全ての航空機を設計した唯一の設計局でもある。

ソ連崩壊後のロシアの航空業界再編の動きの中で、最終的に統一航空機製造会社の傘下となった。

主な機体[編集]

※表記は「日本語のローマ字表記(ソ連科学アカデミーロシア語表記)」の順。ただし、日本語表記とソ連科学アカデミーの表記が同じ場合は後者を省略。

脚注[編集]

  1. ^ (英語)公式HPより(1)
  2. ^ (英語)公式HPより(2)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]