ポーランド空軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポーランド空軍の展示飛行チーム

ポーランド空軍ポーランド語:Siły Powietrzne Rzeczypospolitej Polskiejシーウィ・ポヴィェートシュネ・ジェチポスポーリテイ・ポールスキェイ)は、ポーランド軍の空軍組織。空軍司令部は、ワルシャワに位置する。2005年10月1日現在で、職業軍人15,543人、任期制2,711人、任期延長者1,013人、召集兵10,372人。なお、ポーランドではこのほかに陸軍航空隊Mi-24のような地上部隊支援用のヘリコプターの運用を、海軍航空隊Mi-14のような海上ヘリコプターの運用を行っている。

編成[編集]

ポーランド空軍は、航空軍、防空軍、電波技術軍の3主要構成要素から成る。

航空軍[編集]

国産練習機PZL-130オルリク
イタリアフランス製輸送機C-295

航空軍(Wojska Lotnicze)。

  • 第1戦術航空旅団
  • 第2戦術航空旅団
  • 第36特殊輸送航空連隊
    • 第2輸送航空飛行隊
    • 第3輸送航空飛行隊
  • 第13輸送航空飛行隊
  • デンブリン教育センター
  • ラドム教育センター

2個戦術航空旅団は、9個戦術航空飛行隊(第1、3、6、7、8、10、39、40、41)から成り、MiG-29Su-22を装備する。

防空軍[編集]

防空軍(Wojska Obrony Przeciwlotniczej;略称WLOP)。

  • 第1防空ミサイル旅団:シロンスク
  • 第3防空ミサイル旅団:ワルシャワ
  • 第61防空ミサイル旅団:ソハチェフ
  • 第78防空ミサイル連隊:ムジェジン

電波技術軍[編集]

電波技術軍(Wojska Radiotechniczne)。

装備[編集]

2012年4月1日現在の状態。

MiG-21の退役に伴い数量ともに主力戦闘機となったMiG-29に関しては、近年かつてSu-22M4/UB3Kを増強したようにドイツ空軍よりMiG-29G/GTの購入を行い増強を図っている。これら旧東側製の機体はすべてNATO規格に合わせた標準化を行っており、今後とも維持していく方針である。また、これに加えてアメリカ合衆国よりF-16戦闘機の購入を行い、より一層のNATO標準化を目指している。F-16は2006年から導入が開始された。輸送機では、これに先立ちてC-295のような西側製の機体を導入している。また、これまでに引き続き国産機の開発も行っていく方針である。

外部リンク[編集]