V-1710 (航空用エンジン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アリソン V-1710-C

アリソン V-1710 は、第二次世界大戦期にアメリカアリソンで開発・製造された液冷V型12気筒レシプロ航空用エンジンである。

開発は 1929年に始まり、陸軍航空省からの出力1,000馬力級航空機エンジンの要求に対して起こされた。世界恐慌によって進捗が遅れたが、1936年12月14日に実験機に搭載され初飛行した。

大戦中に数多くの戦闘機に使われ、低空用の一段一速過給器型から高高度用の二段二速過給器型やターボチャージャー搭載型と幅広く用いられ最後まで活躍した。統合生産数は70,000台以上である。

戦後では、余ったストックは競技用のモーターボートトラクターなどに転用された。また、復元機やレプリカ機などにも使われ、未だに活動している。

主要諸元 V1710-99(V-1710-F26A)[編集]

諸元

  • タイプ: 液冷60°V型12気筒
  • シリンダー直径: 5.5 in (139.7 mm)
  • ストローク: 6 in (152.4 mm)
  • 体積: 1,710.6 in³ (28.03 L)
  • 全長: 98.53 in (2,502 mm)
  • 全幅: 29.28 in (744 mm)
  • 全高: 41.18 in (1,046 mm)
  • 重量: 1,445 lb (655 kg)

機構

  • バルブ: 気筒毎に2基の吸気、ナトリウム冷却式排気バルブがバンク内に収められた1台のギア駆動のオーバーヘッドカムで開閉する。バルブ挟み角は45°
  • スーパーチャージャー 遠心式、単段、インペラ径10.25 in (260 mm) 15枚羽根
  • 燃料システム: Bendix Stromberg 自動混合制御による気化器
  • 燃料: 100 オクタン価
  • 潤滑システム: ドライサンプと1台の圧縮ポンプと2台の吸引ポンプで行う。
  • 冷却システム: 加圧した70%の水と30%のエチレングリコールの混合冷却材

性能

  • 出力: 1,325 hp (988 kW) 3,000 rpm (bmep=204.5 psi)
  • 比出力: 0.77 hp/in³ (35.3 kW/L)
  • 圧縮比 6.65:1
  • 出力重量比 0.92 hp/lb (1.51 kW/kg)

主な搭載機[編集]

外部リンク[編集]