I-15 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ポリカールポフ I-15戦闘機

I-15bis

I-15bis

I-15(ロシア語:И-15イー・ピトナーッツァチ)は、ソ連ポリカールポフ設計局の開発した単発複葉戦闘機戦間期から第二次世界大戦の初期にかけて労農赤軍の主力戦闘機を務めた。

概要[編集]

戦間期のソ連戦闘機は、初の国内設計機であるI-1以来ポリカールポフ(ポリカルポフとも)の設計した戦闘機であり、本機もポリカールポフの設計であった。原型は1932年に開発が始められたTsKB-3ЦКБ-3)で1933年に初飛行した。

本機の大きな特徴となっているのがその翼形で、上翼は左右が分割して胴体に取り付けられたガル翼で、前方視界が大きく取られていた。また下翼は半葉とまではいかないものの上翼よりかなり小さく、翼間支柱もI字型の一張間と洗練されていた。この結果、最高速度はやや低かったが旋回性能は第一級であった。部隊配備は1934年末から開始された。

1937年から改良型のI-15bisの生産に切り替わる。改良点は主翼上翼を通常のパラソル型とし、対地攻撃用武装の追加、発動機の出力強化であった。これにより最高速度の向上と軽攻撃機としての運用が可能となった。

スペイン内戦ノモンハン事変を始めとして、独ソ戦初期まで用いられたが、スペイン内戦ではCR.32相手にI-16では旋回性能が劣った為、緒戦では劣勢に立たされた。その為ソ連はI-16の改良型ではなくI-15の改良型I-15ter(後のI-153)を開発する事となる。日本においては、ノモンハン事変で日本の戦闘機にかなわなかったためにI-153が開発されたとする間違った説が流布したが、実際にはノモンハン事変よりも前にI-153は開発され、事変での戦闘にも投入されている。

こうして一線級からは外されたが、独ソ戦開始時もかなりの数が部隊配置されており、主に軽攻撃機として使用された。

性能諸元[編集]

(括弧内はbis)

  • 全長: 6.29 m(6.33 m)
  • 全幅: 9.13 m(10.21 m)
  • 全高: 2.92 m(2.99 m)
  • 主翼面積: 12.9 m2
  • 自重: 1,012 kg
  • 全備重量: 1,422 kg(1,900 kg)
  • 発動機: M-25 空冷星型9気筒700HP(M-25B 750HP)
  • 最大速度: 360 km/h(368 km/h)
  • 航続距離: 720 km(448 km/h)
  • 実用上昇限度: 7,250 m

運用国[編集]

関連項目[編集]