LaGG-3 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

LaGG-3 / ЛаГГ-3

ラボーチキン・ゴルブノフ・グドコフ LaGG-3ロシア語Лавочкин-Горбунов-Гудков ЛаГГ-3、ラテン文字表記の例:Lavochkin-Gorbunov-Goudkov LaGG-3)は第二次世界大戦時にソ連が開発した単発単葉戦闘機である。

開発[編集]

先に設計された LaGG-1 の試作機は1939年3月30日に初飛行したが、当局が航続距離の要求を800kmから1,000kmに変更したために再設計を余儀なくされた。またLaGG-1は戦略物資の節減の為に木製としたために重量が嵩んだので、高出力の発動機への換装が要求された。それに応えたのが本機である。2年後の1941年初頭には量産が始まったが、改良に手間取ったため、実際に運用が始まったのはその年の後半になってからであった。

設計[編集]

改良の結果、機動力については対抗機種であるBf 109Fを上回るまでに改善されたが、その他の性能で及ぶことは出来なかった。エンジンのアンダーパワーは完全には解消されなかった上、木材を大量に使用する特殊な機体構造が災いして重量過多になった。また絶対数を確保するため大量生産に重点を置いたことで量産機には粗悪品が多く、前線に送られた機体の中には最高速度がカタログデータより40km/h以上低いものや、耐空性が無いものすらあった。被弾してもLaGG-3は鋼管骨組羽布張り構造のYak-1とは違い容易には火を噴かなかったものの、木製の為被弾時に簡単に空中分解してしまった。パイロットたちはLaGG-3に乗ることは不幸な事だと考え、冗談交じりに「保証付きの塗装済棺桶лакированный гарантированный гробLakirovanniy Garantirovanni Grob 、頭文字を合わせると機番と同じLaGGとなる)」とまで呼んだ。度重なる要求に生産中でも改良が続けられ、主翼前縁隙間翼の採用、武装の削減などが行なわれた。

しかし、同時期の他のソ連戦闘機との比較としては機体が頑丈で、初期型は火力も強かった。

運用[編集]

モスクワの大祖国戦争博物館で展示されるLaGG-3 29型

生産中にも引き続き改良が行なわれたために、生産ロットにより多少の変型が生じている。総生産数は6,258機で、生産型は66種類にも及んだ。最終生産型の66型は操縦性能に大きな改善が見られ1945年まで使用されている。発動機の馬力不足の根本的な解決の為、ラボーチキンは LaGG-3 にシュベツォフ M-82 を搭載し、傑作機といわれる La-5 へと進化させた。

1942年(昭和17年)、家族への思想弾圧と日本の政治宣伝に扇動されたソ連空軍極東部隊の曹長が、操縦マニュアルや機密文書を携行したままLaGG-3で亡命し、満州国佳木斯の飛行場を目指したが、対空砲火に遭遇したために畑地に胴体着陸した。機体は冷却器やプロペラを損傷していたが、ハルピン郊外の野戦航空廠で飛行可能な状態に修復されて、9月26日から山本五郎少佐(飛行第85戦隊隊長)と吉田十二雄曹長(飛行実験部)による飛行試験が行なわれた。木製機として見くびった彼らだったが、外板が滑らかに成形されており、エンジンの配管が整理されているのに驚嘆した。しかし、不時着時に損傷した冷却器とプロペラは完全に修復できず、冷却液の上昇とプロペラの振動には最後まで悩まされたほか、飛行85戦隊で行なわれた一式戦闘機との性能比較実験でも、速度性能が優れているのみと判断されて、脅威にはならないと結論づけられた。機体は日本本土へ空輸されたが、雁ノ巣飛行場で不時着して全損した[1]

諸元[編集]

LaGG-3の三面図
LaGG-3 33型
(28型以降はクリーモフ M-105PF)
  • 出力:1,050 馬力(1,240馬力)
  • 最高速度:560 km/h(575 km/h)
  • 航続距離:650 km
  • 実用上昇限度:9,600 m
  • 乗員:1 名
  • 武装:ShVAK 20mm機関砲×1、ベレージン UB 12.7mm機銃×2、小型爆弾又はRS-82ロケット弾×6

参考文献[編集]

  1. ^ 押尾一彦・野原茂『日本軍鹵獲機秘録』光人社 2002年 ISBN 4-7698-1047-4

関連項目[編集]