LaGG-1 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

LaGG-1ЛаГГ-1)は第二次世界大戦時のソ連が開発した単発単葉戦闘機である。優れた戦闘機ではなかったが改良され、後に恐るべき戦闘機となる。

概要[編集]

1938年に出された新戦闘機計画に対し前線戦闘機、つまり汎用性のある低高度性能に優れた戦術戦闘機の設計案を提出した。設計にはラーヴォチキン(Лавочкин)、ゴルブノフ(Горбунов)、グドコフ(Гудков)の3人が共同で行なっている。この戦闘機案は当局からI-22として開発することが認められ最優先で開発が進められた。1939年夏に7機の試作機の製造が並行して進められていたが、これは開発が如何に急がれていたかを物語っている。この間にソ連の戦闘機名称規則が変更されて、設計局名を冠したLaGG-1に変更された。そして1940年3月に初飛行に成功した。本来ならばこの後十分な試験を終えた後で量産となるのだが、直前の第一次ソ芬戦争で戦闘機の旧式化が明らかとなり、新機体の登場には一刻の猶予も許されなかった。この為LaGG-1は試験もそこそこに100機の量産が命じられ、試験と改良は実施部隊での運用過程を通して行なうとされた。部隊での実用試験は当然ながら不評で、その性能はなんとI-16より劣るとされたのである。最高速度は所期の性能に達せず、航続距離は短い、機動性は悪く、機体の取り扱いも厄介であると散々な評価であった。

完全な再設計とエンジン出力の強化が必要とされたが、とてもその時間は無い為、エンジンの換装と共に重量の軽減やできる限りの空力的洗練を行なうとされた。これ等の改良が盛り込まれた機体がLaGG-3となる。

主要諸元[編集]

  • 全幅:9.80 m
  • 全長:8.81 m
  • 全高:4.40 m
  • 翼面積:17.50 m²
  • 空虚重量:2,478 kg
  • 離陸重量:3,100 kg
  • 発動機:クリーモフ M-105P 液冷V型12気筒 ×1
  • 出力:1,050 馬力
  • 最高速度: 600 km/h?
  • 航続距離:650 km
  • 最大上昇力:14.3 m/s
  • 乗員:1 名
  • 武装:ShVAK20 mm機関砲×1、ShKAS7.62mm機銃×2、小型爆弾又はRS-82ロケット弾×6

関連項目[編集]