I-16 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ポリカルポフ I-16

2003年の航空ショーで展示されたI-16

2003年の航空ショーで展示されたI-16

ポリカルポフ I-16:И-16 イー・シヂスャート、 Polikarpov I-16)は、ソビエト連邦ポリカルポフ設計局の開発した単葉戦闘機である。戦間期から第二次世界大戦の初期にかけて労農赤軍の主力戦闘機を務めた、世界最初の実用的な引き込み脚を持った戦闘機である。

概要[編集]

木製の太く短い胴体を持つ本機の外観は、アメリカ合衆国製の高速レース機であるジービー・レーサーに類似して、極度に寸詰まりな形態となっている。機首のエンジンカウリング前面にシャッターを設け、厳寒時にエンジンがオーバークールとなることを防止している[1]1933年に試作機のTsKB-12が完成、12月に初飛行した。

時代に先駆けた機構的な特徴は、パイロットの人力によってワイヤ駆動で作動する引き込みで、速度は配備当時世界最速であり、実戦でも九五式戦闘機He 51など複葉戦闘機を性能的に圧倒した[2]

スペイン内戦ノモンハン事件独ソ戦の初期、ソ連・フィンランド戦争に使用されたが、この時期の航空機の進歩は目覚しく、いずれの戦闘でも方により新しい高性能の戦闘機が現れたことで、不運にもある意味で「やられ役」を演じることとなってしまった。それでも、ソ連ではI-16を操縦する撃墜王が幾人も誕生した。だが、ドイツ国防軍がソ連に侵攻した1941年時点ですでにI-16は相対的に旧式化しきってしまっており、その後も戦闘機や戦闘爆撃機として運用が続けられたものの、より高性能なYak-1LaGG-3MiG-3が登場すると、徐々にそれらに取って代わられていった。

1932年設計着手時には、複葉機全盛の中で、純片持式低翼単葉、純モノコック構造の胴体、引込脚、スライド式の風防推力式単排気管など、新機軸を盛り込んだ意欲的な設計であった。各種の派生型を合わせ、1941年までに8,644機(9,450機とも)が作られた。第二次世界大戦勃発時には旧式化していたが、新たなタイプが再生産され、1943年頃まで対地攻撃任務などに運用された。

そのずんぐりした機体からソ連兵からはイシャク(Ishak、ロバ)スペイン内戦の兵士からはモスカ(Mosca、ハエ)、ラタ(Rata、ハツカネズミ)などの愛称で呼ばれた。

南京抗日航空記念館で、実機が観られる。塗装は暗緑色で国籍マークは青天白日。

諸元[編集]

I-16 三面図
  • 全幅:8.93 m
  • 全長:6.15 m
  • 全高:2.41 m
  • 自重:1266 kg
  • 発動機:M-25V 空冷式星形9気筒エンジン
  • 出力:750 馬力
  • 最大速度:455 km/h Type18:464km/h(ノモンハン事件当時の新型)
  • 航続距離:650-800 km
  • 武装:ShKAS 7.62mm機銃(機首固定2丁、翼固定2丁)。後期型はRS-82 82mmロケット弾6発の搭載も可能

脚注[編集]

  1. ^ ちなみにこの機がこれほど寸詰まりな形態になったのは、設計者であるニコライ・ポリカールポフの「高速性能を追求するのならば、機体は短い方が有利である」との持論からと言われている。
  2. ^ なお、ノモンハン事件関連で九七式戦闘機に対しても優速であったとする記述がまま見受けられるが、最高速度は九七戦が475km/h(高度3000m時)と同等もしくはやや上回り、I-16が優速であったのは急降下速度である。

関連項目[編集]