Su-30 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Flag of the Soviet Union (1923-1955).svg Su-30 / Су-30

Sukhoi Su-30 inflight.jpg

Su-30(スホーイ30、スホイ30;ロシア語:Су-30スー・トリーッツァチ)は、Su-27UBを発展させた複座多用途戦闘機ロシアスホーイが製造し、インドなどでもライセンス生産されている。

Su-30のNATOコードネームフランカーF1 (Flanker-F1)、Su-30M以降のNATOコードネームはフランカーF2 (Flanker-F2)。

概要[編集]

1986年ソビエト連邦では防空軍向けの長距離迎撃機の開発を開始し、1988年に試作機Su-27PUを初飛行させた。Su-27PUは、量産化に伴ってSu-30と名称変更され、機体形状は基本的に複座型のSu-27UBと同じであるがレーダーは65kmで10目標を同時追尾し、2目標との同時交戦が可能な改良型のN001Vメーチ英語版を搭載している。

Su-30を複座多用途戦術機としたのがSu-30Mで、TV指令誘導システム、対レーダーミサイル誘導システムなどの対地攻撃兵装用システムを装備し、航法装置もより精度の高いものになっている。Su-30Mの輸出基本型Su-30MKでは搭載電子機器をオプションで西側製に変更可能で、フランスのセクスタン・アビオニク社製パッケージを装備できるほか、インド向けのSu-30MKIはイスラエル製の電子戦システムを、マレーシア向けのSu-30MKMは南アフリカ製の警戒システムを装備している。

インド空軍のSu-30MKI カナード翼が装備されているのがわかる

Su-37にて研究されたカナード翼推力偏向ノズルを装備したSu-30M2が1997年7月1日、Su-27UB改造機が1998年3月23日にそれぞれ初飛行した。1998年6月15日にはインド軍関係者へ披露され、これらの要素がSu-30MKIに取り入れられている。インドは1996年11月30日にSu-30計50機(MK8機、K10機、MKI32機)の購入契約を交わし、1997年3月からSu-30MK及びKがSu-30MKI完成までの繋ぎとして引き渡しが開始された。のちにこの18機はロシアに返却され、KN仕様へと改修されておりベラルーシが取得を検討していたが[1]、最終的にアンゴラが取得した[2]。2002年からはSu-30MKIの引き渡しが開始され、さらに222機がインドでライセンス生産されつつある。

1999年8月には中国空軍がSu-30MKKの採用を決定し、2000年12月から引き渡しが開始された。Su-30MKKはマッピング機能を含む空対地モードを拡張したN001VEレーダーを装備し、コクピット前席にはMFI-9カラー液晶多機能表示装置2基、後席にもMFI-9表示装置1基とMFI-10表示装置1基を装備している。また中国海軍がSu-30MK2を採用した[3]

マレーシアは2003年5月19日に新多用途戦闘機として採用し、2006年からSu-30MKMの引き渡しが開始されている。ベトナムはSu-30MK2Vを12機調達予定であり2011年12月31日現在、4機の引き渡しが完了している。しかし、このベトナムへの納入機と同型の機体が2012年2月28日に右側のエンジンからと見られる火災によって墜落した[4]

また、2007年7月30日の『エルサレム・ポスト』によると、イランがSu-30を購入するためロシアと交渉しているという。

ロシア空軍はSu-30M2を4機2009年に契約し、2010年には試験飛行を終了[5]、2011年にロシア空軍に納入された。 また、初めての大量生産型となるSu-30SMを2012年3月に30機、12月にさらに30機を契約した。これらは2016年までに納入予定である[6]。合計してロシア空軍向けに60機[7]、海軍向けに50機の納入が決まっている[8]

派生型[編集]

Su-30
複座長距離戦闘機型
Su-30K
輸出型
Su-30KI
インドネシア向け生産型。Su-30ファミリーにおいて唯一の単座型。
Su-30KN
Su-27UB、Su-30、Su-30Kに対して提案された改修型。 インド空軍が売却したSu-30MK/Kがこの仕様に改修されベラルーシが取得を検討していた。
Su-30M
複座多用途戦術機型
Su-30M2
Su-30の2番目の改良型を示す名称で、カナード翼とTVCを搭載した型が1997年に初飛行している。同名称の現在の機体にはカナード翼は装備されておらず[9]、アビオニクスをSu-27SMと共通化している。
Su-30MK
Su-30Mの輸出型。
Su-30MKI
インドでのライセンス生産型。NATOコードネームはフランカーH (Flanker-H)。カナード翼とTVC搭載型。エルビット英語版社製の967型HUD、タレス社製のMFD-55/66液晶ディスプレイ、DARE英語版社とHAL社製のミッションコンピュータ、イスラエル製の電子戦システムを装備している。
Su-30MKK
中国向け生産型。NATOコードネームはフランカーG (Flanker-G)。中国空軍で運用中。カナード翼とTVCは非搭載。
Su-30MKM
マレーシア向け生産型。基本的にSu-30MKIと同じだが、各部に西側仕様のアンテナが追加され、警戒システムが南アフリカ製のものとなっている。
Su-30MKA
アルジェリア向け生産型。フランスのセクスタン・アビオニクス社製パッケージ(カラー液晶表示装置、VEH3000HUD、トテム慣性航法装置、GPSなど)を装備。
Su-30MKT
タイ向けの輸出型。性能はSU-30MKMに順ずる。2005年12月19日の報道によれば、5億ドルで12機のSu-30MKTの購入を契約したがクーデターにより実現しなかった[10]
Su-30MKL
リビア向けの輸出型。計画のみ。
Su-30SM
Su-30MKIをベースとした機体で、カナード翼とTVCが搭載されている[11]。Su-30SMはベースとなったSu-30MKIに搭載されていた射出座席、通信/航法システム、IFF等のアビオニクス類などの外国製機材がロシア製の最新のものに変更され[12]、兵装類も最新のものが統合されている[13]。広角のHUDを装備しているのが特徴。
Su-30MK2
Su-30MKKの能力向上型でKh-59などの空対艦ミサイルを運用可能[14]。中国海軍他で運用中。カナード翼とTVCは非搭載。
Su-30MKV
ベネズエラ向け生産型
Su-30MK2V
ベトナム向け生産型
Su-30MK3
Su-30MK2のバージョンアップ型。レーダーやエンジンが強化されたほかKh-59を運用可能で対艦攻撃能力を有する。MK2に続いて中国海軍に納入されるとされた[15] が実現していない。
殲撃16型(J-16)
中国がJ-11Bの複座型であるJ-11BSをベースに中国海軍のSu-30MK2と同仕様に改修して開発した機体。空対艦ミサイルを運用可能。中国海軍で運用中。国産のWS-10A 太行英語版エンジンを搭載。カナード翼とTVCは非搭載。

運用[編集]

運用国

仕様[編集]

Szu-30.svg
  • 全幅:14.70m
  • 全長:21.94m(機首プローブ除く)
  • 全高:6.35m
  • 主翼面積:62.0m²
  • 空虚重量:17,700kg
  • 最大離陸重量:34,500kg
  • 最大兵装搭載量:8,000kg
  • リューリカ設計局製AL-31FPターボファン×2
  • 推力:122.6kN(A/B)
  • 最大速度:マッハ2.3
  • 海面上昇率:13,800m/min
  • 実用上昇限度:17,300m
  • 航続距離:1,620NM(機内燃料のみ)
  • 乗員:2名
  • 固定武装:GSh-30-1 30mm機関砲

参考資料[編集]

脚注[編集]

登場作品[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]