オープンアーキテクチャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オープンアーキテクチャ (英語: Open Architecture) とは、主にコンピュータソフトウェアの分野で、公開されたアーキテクチャのこと。

概要[編集]

オープンアーキテクチャでは、コンピュータ・アーキテクチャ(基本設計)を広く公開することで、他の開発者による互換性を持った互換機周辺機器アプリケーションソフトウェアなどの開発や販売を容易にして、市場でその規格を普及させる事を目的とする。

独自仕様(プロプライエタリ)によるユーザーの囲い込みとは反対の方法であり、他社の互換製品によって自社のシェアや利益を落とすリスクがある反面、そのアーキテクチャが成功してデファクトスタンダードとなれば市場の仕様策定上のリーダーとみなされ、自社を含めた関連製品の拡大が期待できる。

公開の方法には、仕様や特許などの自社の独自技術を無償または低額で広く公開する、各種の標準化団体により標準化する、オープンソースなど最初から公開を前提としたライセンスとする、などがある。

個々のオープンソースハードウェアオープンシステムとの相違点は、コンピュータ・アーキテクチャ(基本設計)自体を公開している点である。

関連項目[編集]