Su-10 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Flag of the Soviet Union (1923-1955).svg Su-10 «E» / Су-10 «E»

Nuvola apps kview.svg 画像外部リンク
Searchtool.svg Drawing of Su-10 prototype

Su-10(スホーイ10、スホイ10;ロシア語:Су-10スー・ヂェースャチ)又は«E»(«Е»イェー)は、ソ連スホーイ設計局で開発された試作爆撃機

概要[編集]

当機は1946年2月に開発要求が出された。しかし爆撃機の開発はスホーイ設計局にとって初めての、それもジェット機での開発であり、更にSu-12開発作業との重複から製作は遅れた。結局1948年の開発資金不足から試作機が未完成のうちに計画は中止された。

計画値[編集]

  • 全長:19.55 m
  • 全幅:20.60 m
  • 全高:不明
  • 翼面積:71.30 m²
  • 空虚重量:13,435 kg
  • 最大離陸重量:21,140 kg
  • 最大速度:850 km/h
  • エンジン:リューリカTR-1Aターボジェット(推力14.7 kN) 4基
  • 航続距離:1,500 km
  • 実用上昇限度:12,000 m
  • 最大爆弾搭載量:4 t
  • 武装:20mm機関砲 4門
  • 乗員:4名