S-13ロケット弾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

S-13ロケット弾(S-13ロケットだん)は、ソビエト連邦によって開発された直径122mmの航空機用無誘導ロケット弾である。現在はロシア空軍やその他の輸出先の多くの国々で使用されている。

概要[編集]

Su-30MKの主翼下部に搭載された、B-13Lロケットポッド

S-13は、1970年代に当時ソ連軍に存在しなかったアメリカの127mmズーニー・ロケット弾のような80mmから240mmロケット弾の中間に位置するロケットが必要とされ、開発された。このロケットには滑走路にクレーターをあけ、使用不能にする能力や硬化された航空機シェルターを貫徹する能力が必要とされた。S-13は標準的なロケットと同様に固体燃料ロケットモーターと折りたたまれた安定尾翼を備えた設計である。

初試験は1973年だが、公開されたのは1983年になってからである。このロケットは発射管を5本備えたB-13Lロケットポッドより発射され、このポッドはSu-17/20/22Su-24Su-25Su-27MiG-23BNMiG-27MiG-29のような多くのソ連・ロシア攻撃機戦闘機が運用可能である。さらにヘリコプター用のB-13L1Mi-24Mi-28Ka-29TBru)、Ka-50Ka-52が運用可能である。

ランチャー諸元[編集]

名称 全長 直径 空虚重量 ロケット搭載数 注釈
B-13L 3.56m 0.410m 160kg 5
B-13L1 3.06m 0.410m 140kg 5

ロケット諸元[編集]

名称 種類 全長 発射重量 弾頭重量 注釈
S-13 貫徹弾頭 2.54m 57kg 21kg
(炸薬1.82kg)
速度650m/s
S-13B 貫徹弾頭 2.63m 60kg 23kg
(炸薬1.92kg)
地表なら3m、対コンクリートで1mの貫徹能力を持つ。
S-13T タンデムHEAT 2.99m 75kg 21kgおよび16.3kg(炸薬1.8kgおよび2.7kg) 二つあわせて地表へ6m、コンクリートへ1mの貫徹能力。滑走路へ用いれば20m²の範囲に被害を与える。速度500m/s
S-13OF APAM/FRAG 2.97m 69kg 33kg
(炸薬7kg)
APCIFVのような軽装甲化車両へも損害を与えうる25から35gの破片を450枚飛散させる。速度530m/s。開発は1993年
S-13D FAE 3.12m 68kg 32kg
(燃焼剤14.2kg)
速度530m/s。1995年公表
S-13DF FAE 3.12m 68kg 32kg
(燃焼剤14.6kg)
速度530m/s


関連項目[編集]

ソ連・ロシアの空対地ロケット弾