ヒンドスタン航空機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒンドスタン航空機
企業形態 国有企業
業種 航空宇宙防衛
設立 1940年 (1964年に現在の名称になる)
本部 インドカルナータカ州バンガロール
代表者等 Ashok Nayak (会長)
PV Deshmukh MD (MiG) SK Jha MD (A) P Sounder Rajan (監督-計画策定と市場調査) D.Shivmurti (金融監査役)
製品 航空機
軍用機
通信と航法機器
宇宙システム
売上高 増加 13,061 crore (US$2.9 billion)(2010-11)[1]
増加 2,718 crore (US$603.4 million)(2009-10)[1]
従業員数 33,990人 (2010年)
ウェブサイト www.hal-india.com

ヒンドスタン航空機Hindustan Aeronautics Limited - HAL)はインドのバンガロールを拠点とするアジア最大規模の航空機製造会社である。軍用機の開発、生産、空港の運用に供する航法、通信システムの供給を行い空港の運営も行う。

HALは南アジアにおいて初めて軍用機の製造を行った。徐々に力をつけ、現在ではジェットエンジンやヘリコプターの組み立ても行う。ナジク、コロワ、カンプー、ハイドラバード等にも拠点がある。ドイツの航空機技術者であるクルト・タンクを招聘してインド初のHF-24戦闘爆撃機を開発した。

HALはエアバススホーイ設計局やイスラエル・エアロスペース・インダストリーズミコヤンBAEダッソードルニエインド宇宙研究機関等と長年にわたるつながりがある。

歴史[編集]

バンガロールでのHAL Dhruvの生産ライン
格納庫内の試作機

ヒンドスタン・エアクラフト(Hindustan Aircraft)として1940年、Walchand Hirachandによって王立インド空軍に軍用機を供給するために設立された。

1941年、4月、1/3の株をインド政府が買い取った。戦略上必要だったと信じられたからである。インド政府による決定は第二次世界大戦中に日本に対抗する為にイギリスの軍用品の生産を増やす動機となった。 1942年、4月2に政府は国有化すると発表しWalchand Hirachand と関係者の所有する株式は放出された。 1943年バンガロールの工場はアメリカ陸軍航空隊に接収されたがヒンドスタン航空機の運営はまだ使用されていた。工場は速やかに拡張されPBYカタリナをはじめあらゆる種類の航空機の主要な分解整備を引き受ける拠点となった。2年後、工場はインドに返還され、東洋において最大級の分解整備と修理の拠点となった。 1947年、独立後インド政府はHindustan Aeronautics LimitedHAL)に改名した。1964年10月1日、ヒンドスタン航空機リミテッドはKanpurの航空機生産部門と合併した。HALは新型のジェット戦闘機の開発能力を持たなかったのでインド空軍の機体の近代化を行った。1957年、同社はバンガロールの新工場でロールスロイス・オーフェウスジェットエンジンのライセンス生産を始めた。1980年代にテジャスHAL Dhruvのような独自開発の航空機を生産する為にHALの運営は急速に拡大した。HALは改修で20年以上延命したMiG-21 Bisonとして知られる先進的なMiG-21を開発した。HALはいくつかの数百万ドルの費用をかけるエアバスボーイングハネウェルのような国際航空機開発を率いる企業に航空機部品や予備部品やエンジン部品を供給する。

運営[編集]

HALはアジア最大級の航空機会社で売り上げは20億ドルに達する。:

自社開発[編集]

インド初の国産戦闘機であるHF-24 マルート
HAL テジャス
インド陸軍のHAL Dhruv
HAL キラン

軽練習機[編集]

戦闘機[編集]

輸送機[編集]

ヘリコプター[編集]

無人機[編集]

ライセンス生産[編集]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]