J-7 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Flag of the People's Republic of China.svg J-7(殲撃七型、Jian-7、-7)

J-7I

J-7I

J-7(殲撃七型、Jian-7、-7)は、中華人民共和国戦闘機NATOコードネームは「フィッシュベッド」(Fishbed)。

概要[編集]

1961年、中華人民共和国はJ-6(殲撃六型)に続きMiG-21F-13のライセンス生産をソ連と合意し、見本用の部品と生産キットが渡されたものの、中ソ対立によってロシア人技術者がソ連に引き揚げてしまい、中華人民共和国では部品や図面のみで独自に生産することになった。しかし本格的な超音速機である当機の製造には当時の中華人民共和国の技術では足りず、工作の準備や技術向上にかなりの時間を必要とすることになる。遅延の原因として文化大革命の影響も大きい。因みに南昌飛機製造公司が開発したJ-12は、当機の就役の遅れを補う目的で開発されたが結局物にならなかった。

J-7I

最初のプロトタイプは1965年11月に完成し、翌1966年1月17日に初飛行。飛行試験の後に1967年には実用化された(中国航空機産業史には6月に量産が承認されたとあるが、空軍史では3月に実戦配備、同年6月にアメリカ軍の偵察機を撃墜したと記載されており、両者の食い違いから正確な実戦配備月日は不明)。

1969年珍宝島事件(ダマンスキー島事件)に際してはJ-6などとともに戦線へ投入されたが、同地域では数機のJ-7がソ連空軍のMiG-23との空中戦で一方的に撃墜されたほか、9K32「ストレラ-2」地対空ミサイルの攻撃によって失われている。また、1979年中越戦争でも使用された。

その後もJ-7は本家MiG-21とは似て非なる改良(詳細は派生型の項を参照)が続けられるが、外見上の大きな相違点としてはMiG-21P以降大型化されたショックコーンやMiG-21PF以後に設けられた機体背面・操縦席後方の膨らみがJ-7ではJ-7IIIを除き小型のままで、また最新型まで機首に機関砲を搭載しており全体的に第1世代のMiG-21のような風貌が目立つ。これは前述のとおりMiG-21F-13の図面をベースに改良を続けたためと思われる。MiG-21Mをもとにした派生型も開発されたが、比較的少数の配備に留まっている。

本家MiG-21の生産が1975年に終了したのに対し、J-7は21世紀に入ってもしばらく生産が続き、最後の機体となったバングラデシュ向けのF-7BGIは2013年に引き渡しが完了した。機体価格が安いこともあり、中華人民共和国の友好国を中心とした発展途上国に相当数が輸出されているが、西側諸国の新型機を購入できるような先進国への販売は行われていない。中ソ対立後に、ソ連機を仮想したアグレッサー機としてアメリカに輸出されたのが唯一となっている。

派生型[編集]

中国国内運用型[編集]

J-7I
J-7PG
J-7
PLAAF J-7 #98071
中華人民共和国で生産されたMiG-21F-13に準じた初期型。12機のみ製作
J-7I
1976年6月に初飛行したJ-7の発展型。30 mm機関砲 1門を増設し、MiG-21F同様 2門を装備している。
J-7II
PLAAF J-7II #3147
独自の改良型で、射出座席やエンジン及びエンジン室の改善、機内燃料タンクの増設などが行われている。人民解放軍空軍の主力となった他、同海軍にも配備されている。1978年12月に初飛行。
J-7IIA
西側アビオニクスを積んだJ-7II改修型
J-7IIH
J-7IIの対地攻撃能力強化型
J-7C / J-7III
PLAAF J-7C #30163 PLAAF J-7C #25003 PLAAF J-7C #30062
MiG-21MF相当の改良型。ドラッグシュート収納部は中華人民共和国式で、MiG-21Mと異なる。成都と貴州が共同開発し、1984年に初飛行。
J-7D / J-7IIIA
1993年に初飛行した機体で、J-7IIIの発展型。J-7Dとして人民解放軍空軍に配備されたが性能不良のため少数のみの生産となった。
J-7E
PLAAF J-7E, 2004
主翼をダブルデルタ翼に改修し、電子装備等を改良した機体。1990年に初飛行。
J-7G
2003年に初飛行したJ-7Eの発展型。
JJ-7
MiG-21Uに準じた複座練習機(中国語:殲教機)型。殲教七型の略号。1985年に初飛行を行った。なお、輸出型FT-7の生産は貴州で行われている。

輸出型[編集]

J-7は、輸出名称としてF-7の名称を使用している。

F-7A
AlbaniaAF F-7A #0304
アルバニアタンザニアに輸出された機体。F-7IAとも表記されることもある。
F-7B
朝鮮民主主義人民共和国イラクエジプトスーダンへ輸出された機体。
F-7II
PLAAF F-7II PLAAF F-7II #95016
ジンバブエに輸出された機体で、同国ではホークハンターと共に使用されている。
F-7IIA
F-7IIの発展型。
F-7IIN
ジンバブエに輸出された機体。
F-7Mエアガード(F-7M Airguard)
IRIAF F-7M PLAAF F-7M IraqAF F-7M
輸出向けのJ-7IIの改良型として開発され、1983年に初飛行した。ハードポイントを4ヶ所に増設し、HUDや測距レーダーなど一部の電子機器が西側製になっている。MiG-21MFの後継機としてミャンマー、イエメン共和国、イランへ輸出された。
F-7BS
SLAF F-7BS #CF708
戦力増強のためスリランカへ輸出された機体。F-7Mの電子機器を従来の中国製のままにしたもの。
F-7MB
バングラデシュ向けのF-7M。
F-7Pエアボルト/スカイボルト(F-7P Airbolt/Skybolt)
PAF F-7P #521, 2004
パキスタンへ輸出された機体。射出座席をマーチンベーカー製とし、AIM-9サイドワインダーの携行が可能。1988年に初飛行した。
F-7MPエアボルト/スカイボルト(F-7MP Airbolt/Skybolt)
PAF F-7MP #575
1989年に初飛行した、F-7Pの改良型。
F-7MG
PLAAF F-7MG #0142, 1998 PLAAF F-7MG
J-7Eの輸出型。1995年に初飛行。
F-7PG
PAF F-7PG #834&806 PAF F-7PG #01-807
F-6を代替するためパキスタンが導入した、J-7Eの輸出仕様機。
F-7NI
ナイジェリアのF-7PG。
F-7BG
バングラデシュ向けのF-7PG。
F-7BGI
F-7BGの発展型。J-7G相当。
F-7MF
FC-1の輸出向け廉価版として開発されている多目的戦闘機。
F-7FS
1998年に初飛行した試験機で、F-7MF用のレーダーをテストした。
FT-7
JJ-7の輸出名称。
FT-7A
F-7Aの複座練習機型。
FT-7B
F-7Bの複座練習機型。
FT-7M
F-7Mの複座練習機型。
FT-7P
PAF FT-7P #611, 2004 PAF FT-7P #402
パキスタンへ輸出されたF-7Pの複座練習機型で、23 mm連装機関砲を装備するため胴体が延長されている。
FT-7PG
パキスタンへ輸出されたF-7PGの複座練習機型。
FT-7NI
ナイジェリアのFT-7PG。
FT-7BG
バングラデシュへ輸出されたF-7BGの複座練習機型。

スペック[編集]

J-7[編集]

  • 翼幅:7.154 m
  • 全長:14.945 m
  • 全高:4.103 m
  • 翼面積:23.00 m²
  • 機内燃料搭載量:2,385 ℓ
  • 機外燃料搭載量:1,800 ℓ(1х800+2х500または3х500)
  • 発動機: 渦噴-7Bターボジェット(黎明発動機製造廠 (LM) 渦噴-7В)
  • 推力(アフターバーナー未使用時):43.15 kN ×1
  • 推力(アフターバーナー使用時):59.83 kN ×1
  • 最高速度:2,175 km/h(マッハ2.04)
  • 最高速度(地表高度):1,200 km/h
  • 最大上昇力:9,000 m/min
  • 実用上昇限度:18,800 m
  • 最大G:7
  • 乗員:1 名
  • 武装
    • 30 mm機関砲 Type 30-1(НР-30) ×1(弾数60発)
    • 最大兵器搭載利用:1,000 kgまで、ハードポイント2ヶ所
    • 空対空誘導ロケット ×2:PL-2、PL-2A、PL-5BPL-7;爆弾:500 kg(250-/100-/50);55 mm空対地ロケット ×18、または90 mm空対地ロケット ×7

J-7I[編集]

  • 翼幅:7.154 m
  • 全長:14.945 m
  • 全高:4.103 m
  • 翼面積:23.00 m²
  • 空虚重量:5,068 kg
  • 最大離陸重量:7,850 kg
  • 発動機: 渦噴-7ターボジェット(黎明発動機製造廠 (LM) 渦噴-7)
  • 推力(アフターバーナー未使用時):38.90 kN ×1
  • 推力(アフターバーナー使用時):49.20 kN ×1
  • 最高速度:1,200 km/h
  • 最大上昇力:9,000 m/min
  • 実用上昇限度:18,800 m
  • 最大G:7
  • 乗員:1 名
  • 武装
    • 30 mm機関砲 Type 30-1(НР-30) ×2(弾数60発)
    • 最大兵器搭載利用:1,000 kgまで、ハードポイント2ヶ所
    • 空対空誘導ロケット ×2:PL-2、PL-2A、PL-5B、PL-7;爆弾:500 kg(250-/100-/50);55 mm空対地ロケット ×18、または90 mm空対地ロケット ×7

J-7II[編集]

J-7M (J-7IIA)
  • 翼幅:7.154 m
  • 全長:14.89 m
  • 全高:4.11 m
  • 翼面積:23.00 m²
  • 空虚重量:5,375 kg
  • 通常離陸重量:7,531 kg
  • 燃料搭載量:2,385 ℓ
  • 機外燃料搭載量:1,800 ℓ(燃料タンク;800 ℓ ×1と500 ℓ ×2、または500 ℓ ×3)
  • 発動機: 渦噴-7Bターボジェット(黎明発動機製造廠 (LM) 渦噴-7B)
  • 推力(アフターバーナー未使用時):43.15 kN ×1
  • 推力(アフターバーナー使用時):59.83 kN ×1
  • 最高速度:2,175 km/h(マッハ2.04)
  • 最大航続距離:2,230 km
  • 実用航続距離:1,740 km
  • 最大上昇力:10,800 m/min
  • 実用上昇限度:18,200 m
  • 最大G:8
  • 乗員:1 名
  • 武装
    • 30 mm機関砲 Type 30-1(НР-30) ×2(弾数60発)
    • 最大兵器搭載利用:1,000 kgまで、ハードポイント2ヶ所
    • 空対空誘導ロケット ×2:PL-2、PL-2A、PL-7;爆弾:500 kg(250-/100-/50);55 mm空対地ロケット ×18、または90 mm空対地ロケット ×7

J-7E[編集]

J-7E
  • 翼幅:8.32 m
  • 全長:13.95 m
  • 全高:4.11 m
  • 翼面積:24.88 m²
  • 空虚重量:5,292 kg
  • 通常離陸重量:7,540 kg
  • 最大離陸重量:9,100 kg
  • 燃料搭載量:2,385 ℓ
  • 機外燃料搭載量:1,780 ℓ(燃料タンク;800 ℓ ×1と480 ℓ ×2、または500 ℓ ×3)
  • 発動機: 渦噴-13Fターボジェット(黎明発動機製造廠 LMC 渦噴-13F)
  • 出力(アフターバーナー未使用時):4,400 kgs ×1
  • 出力(アフターバーナー使用時):6,500 kgs ×1
  • 最高速度:2,175 km/h
  • 最高速度(地表高度):1,200 km/h
  • 最大航続距離:2,200 km
  • 実用航続距離:1,250 km
  • 最大上昇力:11,700 m/min
  • 実用上昇限度:17,500 m
  • 最大G:8
  • 乗員:1 名
  • 武装
    • 30 mm機関砲 Type 30-1(НР-30) ×2(弾数60発)
    • 最大兵器搭載利用:1,400 kgまで、ハードポイント5ヶ所
    • 空対空ミサイル:PL-2、PL-2A、PL-5、PL-7、PL-9 ×2:Magic R550またはAIM-9Pサイドワインダー×4
    • 空対地ロケット・ユニット:HF-7C(57 mm ×18)、Type 90-1 (90 mm ×7) ×2~4
    • 爆弾:500 kg ×2、または250 kg ×4まで、または100 kg ×10まで

運用国[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]