ツマンスキー R-11

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Polish Aviation Museumで展示中のR-11

ツマンスキー設計局 R-11 (初期名称 AM-11) はソビエト初の2軸式ターボジェットエンジンである。
1956年初期より導入が進められた。[1]


開発[編集]

ツマンスキー R-11 は、ヤコブレフ Yak-25RV 偵察機用の2軸式高高度非アフターバーナー ターボジェットエンジンとして A.A. MikulinS.K. TumanskyB.S. Stechkin により開発された。 基本設計は非常に良好で、発展型として試験開発された ツマンスキー R-21を含め ツマンスキー R-13 及び ツマンスキー R-25 がある。
R-11 は合計20,900台が製造されている。

派生型と搭載機[編集]

  • R-11V-300 - 原型版。高高度非アフターバーナー型。
  • R-11F-300 (R-37F) - アフターバーナー追加版。1956年より追加生産。MiG-21F/P/U にて使用。
  • R-11AF-300 - ヤコブレフ Yak-28B/L/U 用改良型。
  • R-11F2-300 - 新型圧縮機/アフターバーナー/ノズルを搭載。MiG-21P/PF/FL にて使用。
  • R-11AF2-300 - R-11F2-300 を ヤコブレフ Yak-28I/L/U に適合させた改良版。
  • R-11F2S-300 - MiG-21PFM/PFS/S/U/UM 及び Su-15/UT/UM 用アップグレード版。
  • Shenyang WP-7 - R-11 の中国製コピー版(黎明発動機製造廠)。J-7 (航空機)(殲撃七型) にて使用。


諸元 (R-11F2S-300)[編集]

一般的特性

  • 形式: アフターバーナー付 2軸式ターボジェットエンジン
  • 全長: 4,600 mm
  • 直径: 906 mm
  • 乾燥重量: 1,124 kg

構成要素

  • 圧縮機: 低圧圧縮機 3段、高圧圧縮機 5段

性能

  • 推力:
    • 38.7 kN (8,708 lbf) ミリタリー出力
    • 60.6 kN (13,635 lbf) アフターバーナー使用時
  • 全圧縮比: 8.9:1
  • タービン入口温度: 955 ℃ (1,750 華氏)
  • 定格燃料流量:
    • 97 kg/(h・kN) (0.95 lb/(h・lbf)) アイドル時
    • 242 kg/(h・kN) (2.37 lb/(h・lbf)) アフターバーナー使用時
  • 推力重量比: 53.9 N/kg (5.5:1)


脚注[編集]

  1. ^ Gunston 1989, p.167

文献[編集]

外部リンク[編集]