O・K・アントーノウ記念航空科学技術複合体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
国営企業「O・K・アントーノウ記念航空科学技術複合体」
ДП "Авіаційний науково-технічний комплекс iмені О.К.Антонова"
種類 国営企業
略称 ANTKアントーノウ、アントノフ
本社所在地 ウクライナの旗 ウクライナ
03062
キエフ・トゥーポレウ通り1
設立 1946年5月30日
業種 航空国防
事業内容 航空機の開発
代表者 主任技師 ドムィトロー・キーヴァ
関係する人物 オレーク・アントーノフ
外部リンク http://www.antonov.com/
テンプレートを表示

国営企業「O・K・アントーノウ記念航空科学技術複合体」(ウクライナ語:ДП "Авіаційний науково-технічний комплекс iмені О.К.Антонова"[1]略称:АНТК ім. О.К.Антоноваロシア語:ГП "Авиационный научно-технический комплекс имени О.К.Антонова"[2];略称:АНТК им. О.К.Антонова)は、ウクライナ航空機メーカーである。日本語文献では、以前のアントノフ設計局の名で知られている。以下は、この通称を用いる。

概要[編集]

もとになったのはオレーク・コンスタンチーノヴィチ・アントーノフを中心に1952年に設立されたソ連アントノフ設計局(ОКБ имени О.К.Антонова)であった。これが、ウクライナの独立に伴いウクライナ企業として再編された結果、現在の企業構成となった。

アントノフでは、創立以来輸送機を中心に旅客機などの設計を行っている。現在でも、 ウクライナやロシアを中心に世界各地に向けて大型のAn-124ルスラーンや中型のAn-140を主力に輸送機などを供給している。また、現在世界最大の輸送機であるAn-225ムリーヤを製造したことなどでも有名である。なお、An-22アンチェイも開発当時は世界最大の実用航空機であった。アントノフは、ウクライナ国内ではキエフでAn-124やAn-225など、ハルキウAn-74などの開発・生産・整備を総合内の企業が行っている。その他、アントノフの航空機はロシアのノヴォロシースクウズベキスタンタシュケントでも生産されている。また、2005年ヴィクトル・ユシチェンコ大統領が日本に続いてメキシコを訪れた際には、アントノフ製航空機のメキシコでの生産も契約された。メキシコでは海軍などでAn-32などを運用してきたこともあり、また民間での需要も見込まれることから契約に踏み切ったとされる。

宇宙船「ブラーン」を背負ったAn-225「ムリーヤ」

ウクライナ独立後のアントノフで新造された航空機は、アントノフでの試験運用、アントノフ航空での運用、ウクライナ政府やウクライナ空軍などへの機材提供、国内航空会社への販売などに供されてきた。そのため、ウクライナ国内では多くの機体を目にすることができる。その他、少数ではあるがロシアの航空会社やその他の国への販売実績もある。また、中古機はより幅広く販売されている。加えて、アントノフでは現在運用されている機体の整備等も重要な仕事のひとつとなっている。これまでアントノフはロシア等の外国企業との共同開発も積極的に行ってきたが、もっとも力を入れていた大型輸送機An-70は成功しなかった。NATOへも売込みが図られたこの巨人機は今でもアントノフの「顔」であるらしく、キエフのアントノフ前にはこの機体の看板が掛けられている。

ウクライナの航空産業は今後数年以内に全面的に再編される予定である。アントノフは2005年度中に敷地の隣接するキエフ国営航空工場「アヴィアーント」(Київський державний авіаційний завод «АВІАНТ»)などウクライナの航空機関連企業と統合され、国営航空機製造会社・国営合同「アントーノウ」(Державна літакобудівна корпорація «Національне об’єднання «Антонов»)を形成した。

沿革[編集]

主な機体[編集]

T-60を元に開発されたA-40
An-2
UM航空のAn-24
An-124「ルスラーン」

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ アヴィアツィーイヌィイ・ナウコーヴォ・テフニーチュヌィイ・コームプレクス・イーメニ・オレーハ・コスチャントィーノヴィチャ・アントーノヴァ
  2. ^ アヴィアツィオーンヌィイ・ナウーチュナ・チフニーチェスキイ・コームプリェクス・イーミェニ・アリェーガ・カンスタンチーナヴィチャ・アントーナヴァ

外部リンク[編集]