Il-96 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イリューシン96
Ил-96(Il-96)

Il-96(イリューシン96;ロシア語:Ил-96イール・ヂヴィノースタ・シェースチ;別表記:Ильюшин 96イリユーシン・ヂヴィノースタ・シェースチラテン文字転記Ilyushin 96)は、1980年代ソ連イリューシン設計局で開発された4発ワイドボディ旅客機Il-86を改良して作られた。ロシア製旅客機で初めての新機軸が大幅に採用され、エアバスボーイングなど、欧米の旅客機と比肩する装備を持っている。

開発経緯[編集]

ll-96の機内
アエロフロート・ロシア航空のll-96(CG)

Il-86の問題[編集]

ロシアのイリューシン設計局はソ連時代から軍で使用する機材も開発しているが、ツポレフ設計局と共に、ソ連国内及びワルシャワ条約機構国、第三世界の親ソ国の航空会社向けの旅客機の設計・製造も行ってきた。

そのイリューシンが、そしてソ連が初めて開発した4発ワイドボディ機がIl-86であった。1970年代に作られたこの旅客機は、それまで多くのロシア機で見られた胴体後部にエンジンを設置する方式ではなく、欧米のワイドボディ機で一般的な主翼下に吊り下げる方式を採用した。3クラス構成で350人を運べるこの旅客機はソ連を代表する旅客機となるはずであったが、致命的な問題を抱えていた。搭載していたNK-86エンジンは低バイパス比エンジンであった為、燃費が悪く、航続距離が3600 kmと国際線で活躍するには明らかに不足していた。

Il-96の開発[編集]

このIl-86の欠点を反省し、国際長距離路線の性能要求に適うよう開発されたのがIl-96である。研究と開発は1980年代中頃にはじまり、1988年に基本形のIl-96-300が初飛行している。複合材の採用による機体軽量化をはじめ[1]、モニターを使ったグラスコックピット[1]フライ・バイ・ワイヤーによる機体制御[1]、ウィングレット(小翼)を装備した新型の主翼[1]や高バイパス比ターボファンエンジン[1]など、ボーイングエアバスの旅客機に対抗できる新技術が採用された。その後ワルシャワ条約機構国の非共産主義化、ソ連の崩壊など、国家政体の著しい変革が起きたが開発は継続され、1993年にIL-96-300がアエロフロート・ロシア航空で運航を開始した。

また1990年代に入ると胴体を延長し、プラット・アンド・ホイットニー製のエンジンや西側製の電子機器を搭載したIl-96M(旅客型)とIl-96T(貨物型)も開発が始められ、1998年にIl-96Mが初飛行している。

バリエーション[編集]

Il-96-300[編集]

Il-96の基本形である。全長55.5 m、翼端幅57.6 m。エンジンはロシア製の高バイパス比ターボファンエンジン、ペルミ・エンジン会社製のPS-90A(推力157 kN)が4発搭載された。航続距離は約9000~13000 km、巡航速度880 km/h、最大離陸重量は240t、標準座席数は3クラスで235名。また、1999年よりロシア大統領専用機としても活躍している。Il-96-300はロシアの航空会社の新しいフラッグシップとして期待を集めていたが、2005年8月、機体の設計上の不備から一時飛行停止となったことがある。なお、Il-86に見られた下部デッキからの乗客の乗降方法は採られておらず、通常と同じメインデッキからの乗降となっている。胴体直径は6.07mあり、これは同様な形態のエアバスA340-300型機より43cm大きい。このため座席配置の面ではエコノミー座席を無理なく9列配置とする事が可能となっている。また、貨物室は西側の標準LD3コンテナを収納可能である。これらの特徴は以下の派生型でも同様である。

Il-96M[編集]

Il-96-300の胴体を8m強延長するなど大型化し、エンジンと電子機器を旧西側のものにしたモデル。全長は63.9 m、翼端幅は60.1 m、エンジンはプラット・アンド・ホイットニー製のPW2337(推力37000ポンド)を4発搭載[1]。垂直尾翼は−300型のものより小型化された。航続距離10400 km、巡航速度880 km/h、最大離陸重量270 t、標準座席数は3クラスで375名。また、2人乗務が可能となった機体でもある。

Il-96T[編集]

Il-96Mの貨物型で、貨物搭載量が58tになる他はIl-96Mと同じ。

Il-96-400[編集]

Il-96M/Tベースで、PS-90A1を4発搭載。最高435人の乗客を運ぶことが可能。2クラス構成の定員は、332-340人。3クラス構成の定員は、247人。3クラス構成での航続距離は、約11,300km。Il-96M/Tと同じく、2人乗務が可能。

Il-96-400T[編集]

Il-96-400の貨物型。

Il-96-400VKP[編集]

Il-80、Il-82、Il-86VKPなどのコマンドポスト機の後継として構想中のもの。

Il-96-400VT[編集]

空中給油機型。

民間機運用会社[編集]

全運用会社(2014年4月更新):[2]

エジプトのフルガダ国際空港でアエロフロートによって運用されるIl-96
航空会社 形式 運航中 発注中 待機
ロシアの旗 アエロフロート Il-96-300 0 0 6
ロシアの旗 エアスターズ Il-96-300 0 0 1
ペルーの旗 Cielos航空 Il-96-400T 0 2[3] 0
キューバの旗 クバーナ航空 Il-96-300 3 1 0
ロシアの旗 ポレット航空 Il-96-400T 3 3 0
ロシアの旗 ロシア航空 Il-96-300 4 2 0
合計 16 10 1

受注の可能性[編集]

年度別の生産[編集]

年度 1988 1989 1990 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007
生産機数 1 1 2 0 2 1 3 2 0 1 0 1 0 0 0 1 2 1 2 2
年度 2008 2009 2010 2011
生産機数 0 2 0

事故[編集]

  • 2010年1月時点において死亡事故に至る事故は起きていない。フィンランドトゥルク空港でプーチン大統領の搭乗した機体が小規模な事故を起こした為、ロシア民間航空局は全てのIl-96-300を2005年8月22日から10月3日まで制動装置を検査する為に飛行を禁止した。

仕様[編集]

項目 Il-96-300 Il-96M Il-96T Il-96-400
全長 55.3 m (181 ft 7 in) 64.7 m (212 ft 3 in) 63.939 m (209 ft 9.28 in)
全幅 60.11 m (197 ft 3 in)
翼面積 350 m² (3767.9 ft²)
後退角 30º
フラップ/スラット I - 2º/3º (275 KIAS), II - 3º/25º (264 KIAS), III - 10º/25º (243 KIAS),
離陸時 IV - 25º/25º (210 KIAS),着陸時 V - 40º/25º (189 KIAS)
胴体直径 6.08 m (19.94 ft)
全高 17.5 m (57 ft 7 in)
非積載時重量 120,400 kg (265,198 lb) 132,400 kg (291,630 lb) 116,400 kg (256,387 lb) 122,300 kg (269,383 lb)
燃料費積載時最大重量 180,000 kg (403,000 lb) 208,400 kg (459,030 lb)
最大着陸重量 183,000 kg (403,083 lb) 220,000 kg (484,581 lb) 220,000 kg (484,581 lb) 220,000 kg (484,581 lb)
最大離陸重量 250,000 kg (551,000 lb) 270,000 kg (595,000 lb) 270,000 kg (594,713 lb) 265,000 kg (583,700 lb)
最大積載量 40,000 kg (88,105 lb) 58,000 kg (127,753 lb) 92,000 kg (202,643 lb) 58,000 kg (127,753 lb)
MTOWでの離陸滑走距離 2,340 m (7,677 ft) 3,000 m (9,843 ft) 2,700 m (8,858 ft) 2,700 m (8,858 ft)
着陸滑走距離 860 m (2,821 ft) 1,800 m (5,906 ft) 1,650 m (5,511 ft) 1,650 m (5,511 ft)
巡航速度 マッハ0.78 から 0.84 または 850から870 km/h TAS (459から469 KTAS)
最大速度 (Vmo) マッハ 0.84 または 900 km/h IAS (485 KIAS)[4]
巡航高度Service ceiling 13,100 m (43,000 Ft)
巡航高度 9,000から12,000 m (29,527から39,370 Ft)
最大積載時航続距離 11,500 km (6,209 nmi) 12,800 km (6,907 nmi) 5,000 km (2,699 nmi) 10,000 km (5,400 nmi)
最大燃料積載時航続距離 13,500 km (7,289 nmi) 15,000 km (8,100 nmi) 12,000 km (6,479 nmi) 12,000 km (6,479 nmi)
最大燃料積載量 152,620 l (40,322 US gal)
エンジン (x4) アヴィアドヴィガーテリ PS-90A[5] PW2000 プラット・アンド・ホイットニー PW2337
または
アヴィアドヴィガーテリ PS-90A1
アヴィアドヴィガーテリ PS-90A1[6]
推力 (x4) PS-90A: 16,000 kg
(35,242 lb)
N2:10,425 RPM
17,030 kg
(37,511 lb)
N2:12,360 RPM
PW2337: 17,030 kg
(37,511 lb)
N2:12,360 RPM
PS-90A1: 17,400 kg
(38,326 lb)
乾燥重量 (x4) 2,950 kg
(6,497 lb)
3,314 kg
(7,300 lb)
PW2337: 3,314 kg
(7,300 lb)
2,950 kg
(6,497 lb)
操縦士 3名 2名 2名 (オプション 3名)
3-クラスでの座席数 237 307 315
2-クラスでの座席数 263 340 386
1-クラスでの座席数 300 420 436
貨物積載量 F.H.1: 9,000 kg (前部)
F.H.2: 15,000 kg (後部)
F.H.3: 1,000 kg (後部)
6 LD3 (前部)
10 LD3 (後部)
580m³ メインデッキ
114m³ 前方下部デッキ
82m³ 後方下部デッキ
18 LD3 (前部)
14 LD3 (後部)
114m³ 前方下部デッキ
82m³ 後方下部デッキ

18 LD3 (前部)
14 LD3 (後部)

データはイリューシン航空複合体,[7] FAA 滞空証明文書 A54NM と Il-96-300 パイロットマニュアル

航空機の寿命[編集]

Il-96-300/-400 航空機寿命
20
着陸回数 20000
飛行時間 60000

アビオニクス[編集]

PS-90A エンジン

機体には国際民間航空機関(ICAO)と欧州航空航法安全機構(Eurocontrol)の基準に適合したシステムが搭載される。:

  • 通信と航法装置であるKPRTS-95M-1統合制御パネルと飛行管理装置であるVSS-95-1V
  • 改良されたSEI-85M電子表示システムとKISS-1-2МA(改訂 6)と液晶表示装置
  • 慣性航法装置NSI-2000MT または BINS-85
  • 地形の起伏情報を持つ地上近似装置 EGPWS または SRPBZ (または MARK V)
  • 空中追突回避システム CAS-81A (または SPS-2000)
  • システム BRIK-324
  • 国内乗務員選択無線呼び出し装置 (セルコール) – АSV-324
  • 気象レーダー ブラン-А, または ウィンドシア警報のないMN RLS – (またはウィンドシア警報と乱流の検出の機能を持つ RDR-4B)
  • MV-長距離無線局 «Orlan-85STD» VDL Mode 2で整備
  • 乗員衛星通信システムAero Mini M または Aero I (電話とデータを ATC と航空会社とやりとり)
  • 半導体式音声情報登録機(ボイスレコーダー) RZBN-1, 2時間分の飛行情報の記録保全と乗組員の交渉の記録と客室内での音の状況(4チャンネル)を確保
  • 半導体式運用情報保存システム(フライトレコーダー) MSRP-A-02

主な運航会社[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 世界航空機年鑑2007-2008 酣燈社 2007年 P204 ISBN 978-4873572703
  2. ^ Il-96 registry”. russianplanes.net. 2010年3月13日閲覧。
  3. ^ Russian airliners get sales lift at MAKS
  4. ^ 軍用での運用時のVmoの値はもっと高い
  5. ^ 全てのPS-90A ターボファンは最新式の西側の設計基準に準じたFADECを搭載して多くの改良が施された新型のPS-90A2に換装する事が可能。整備費用が40%低減された。燃料消費(SFC)は西側のターボファンと同水準。PS-90A2はETOPS-180、ICAO-4 と AP-33 (FAR-33/JAR-33に相当する)に適合する。最大推力は16,000 kg または 18,000 kg. [1]
  6. ^ イリューシンは顧客からの要望次第で他のエンジン(PW, RR, または CFM)を採用する可能性を排除していない。
  7. ^ http://www.ilyushin.org/eng/

外部リンク[編集]