ファーンボロー国際航空ショー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ファーンボロー国際航空ショー (2006年開催)

ファーンボロー国際航空ショー (Farnborough International Airshow)は、イングランド南部のハンプシャー州ファーンボロー空港英語版で偶数年の7月に開催される航空ショーである。航空産業の重要な見本市のうちの一つで、一番大規模なパリ航空ショーと交互に開催され、同じく重要視されているベルリン国際航空宇宙ショーとは数週間違いで行われている。開催期間一週間のうち初めの5日間は商用で、最後の2日間のみ一般に公開される。

歴史[編集]

元は1920年から37年にかけてイギリスのヘンドンで毎年開催されていた航空イベント。1942年から偶数年の定期開催が決定し、1948年ファーンボローに開催場所が変更され現在に至る。1952年にイギリスの戦闘機デ・ハビランド シービクセンの墜落事故で観客29人が犠牲になった事をきっかけに、厳しい安全基準を定めている。

開催日程[編集]

以降の開催予定は以下のとおりである。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]