F-20 (戦闘機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

F-20 タイガーシャーク

F-20

F-20

F-20は、アメリカ合衆国ノースロップ(現ノースロップ・グラマン)社が開発した戦闘機。愛称はタイガーシャーク(Tigershark、イタチザメ)。

F-5の後継機として輸出を主眼に開発された。大幅な性能向上を果たしたが輸出許可を巡る政治的情勢に翻弄され、3機の試作機が製作されたにとどまった。

開発経緯[編集]

1974年、中華民国台湾)向けの機体としてF-5を改良した案を検討したが、中華人民共和国との関係悪化を懸念したアメリカ政府に止められることになる。

その後、1980年にカーター政権(当時)の決定した中間国際戦闘機構想にのっとり、ノースロップ社が自主開発を再開する。開発当時は、中小国向けのベストセラー機であった同社製のF-5を使用している国への売り込みを考えていたが、新鋭機を海外に販売できないという法律があったため、この機体の類別番号はF-5Gとなっていた。初飛行は1982年8月30日。

なお、この時期に同様の輸出用戦闘機として、ジェネラル・ダイナミクス社よりF-16のダウングレード型であるF-16/79(エンジンを輸出規制が行われていたF100ターボファンからJ79ターボジェットに変更)が提案され、試作機が製作されていた。

機体設計[編集]

F-20のコックピットのモックアップ

元となったF-5戦闘機はJ85ターボジェットエンジンを双発で搭載するが、F-20はF404ターボファンエンジンの単発となっている。ジェットエンジンは小型であればあるほど推力重量比が高い傾向にあり、単発より双発のほうが機体の小型化に有利である。双発機を単発機に改良する(なおかつ性能を大幅に向上させる)のは前例がない事であり、それを可能にしたのはF404の性能の高さ(J85開発当時と比較した技術の進歩)によるものである。F404エンジンは始動が僅か30秒で可能であり、これによってF-20はスクランブル発進において3分以内に高度5,000mに到達可能という世界最速のタイムを持っている。

GE製マルチモードレーダー、AN/APG-67をはじめとする高性能アビオニクスが採用された。APG-67はルックダウン能力を持つのみならずスパロー空対空ミサイルの運用も可能であり、これは開発当初、同ミサイルを運用しない昼間戦闘機として計画された当時のF-16よりも優れた面であった。また、バディポッドと呼ばれる装備を搭載することにより空中給油機としても使用可能である。

機体形状はF-5と似通っているが進歩した空力設計による改良(主翼付け根のストレーキの大型化、シャークノーズと称される抵抗を減らし揚力を生む扁平な機首形状)が加えられ、機体各部に各種の新素材を使用しているほか、コクピットもGE製ヘッドアップディスプレイ、ベンディックス製デジタルディスプレイ、ハネウェル製ミッションコンピュータにHOTASの採用など、当時の新鋭機と比べても遜色がない。必然的に機体価格は高くなったが、それでもF-16よりは安価に設定されていた。

フライ・バイ・ワイヤは採用しておらず、CCV技術も導入されていない。CCV設計ではない最後の旧世代戦闘機といえるが、運動性や操縦性は極めて高く、テストパイロットで顧問でもあった、初の超音速パイロットチャック・イェーガーが絶賛した事が知られている。

採用状況[編集]

手前は1号機、奥は2号機

しかし、現実に本機を採用した国はひとつもない。これにはいくつかの原因があるが、最大の理由はF-16の存在が関係している。本機の試作がスタートした当時、すでにF-16の能力向上案としてF-20と同様の能力を付加することが決定していた。その上、採用を当て込んでいたF-5ユーザーの多くが、1980年のF-16輸出解禁によって、価格が多少安くとも性能が未知数なF-20より、アメリカ空軍が採用済みで性能的にリスクが少ないF-16を選択したという事情もある。

1980年代にインドにライセンス生産を提案したが実現しなかった。再度、台湾の次期戦闘機として提案されたが、アメリカでの政権交代の折に輸出がキャンセルされ(後に台湾は経国を開発)、アグレッサー部隊の使用機候補となったり(同時に候補となったのは、F-16/79と後にF-21Aとして採用されたクフィル)したものの、1機も採用されなかった。採用を決めた国にはヨルダン及びバーレーンがあるが、生産ラインを稼動できる数量ではなかったためヨルダンはF-16を、バーレーンはF-5Eを導入した。要撃機としてアメリカ空軍州兵向けの提案もなされたが、F-16の大量採用による価格低減によって、当初F-20が持っていた価格的優位性は失われており、F-16 ADFに敗れている。この後、ノースロップはF-5をライセンス生産していた韓国に生産治具ごとライセンスの売却を持ちかけたが実現せず、プロジェクトは終焉を迎えた。なお、F-20で採用されたシャークノーズや大型ストレーキは、後期生産型F-5E/Fの一部に取り入れられている。

F-20の試作機は3機が作られデモンストレーションが行われたが、1号機(82-0062 (GG.1001))は1984年10月10日に韓国でのデモフライト中に墜落する。この事故で著名なテストパイロット、ダレル・コーネルが殉職した。2号機(82-0063(GI.1001))も1985年5月12日のカナダでのデモフライトで失われた。これらの墜落原因は不明で少なくとも機体の欠陥ではないとされ、一説によると高度の機動性にパイロットが対応できなかったとされている。現存する3号機(82-0064 (GI.1002))はロサンゼルスのカリフォルニア・サイエンス・センターで展示されている。

余談[編集]

  1. 本機はF-16との競争に敗れているが、それ以前に試作したYF-17F/A-18 ホーネットの原型機)も空軍のACF審査でF-16に敗れており、ノースロップはゼネラル・ダイナミクスの製作した一機種に戦闘機メーカーとして敗れ去ったともいえる。なお、ATF計画で試作したYF-23ロッキード・マーティン社(ゼネラル・ダイナミクスの軍用機部門を引き継いだ)のF-22に敗れている。
  2. 本機とF/A-18の間の機体番号である「19」が欠番となっていることから、「アメリカは極秘でレーダーに映らない飛行機(後のステルス機)を製作しており、19はその番号である」と噂され、いくつかの想像図が発表された。その内のひとつは、イタリアの模型メーカーであるイタレリからプラモデルが発売されている。
  3. このような経緯にも関わらず日本の飛行機マニアにおける知名度は非常に高い。これは、新谷かおるの漫画『エリア88』で主人公・風間真の搭乗機として描かれたことが一因である。文林堂の『世界の傑作機』シリーズにおいてF-5E及びF-20が特集された際には、新谷へのインタビューが掲載されたほか、表紙イラストにも風間真のパーソナルマークを描きこんだF-20が描かれており、その影響の強さが伺える。

要目[編集]

出典: Northrop F-5/F-20/T-38,[1] Complete Encyclopedia of World Aircraft[2]

諸元

  • 乗員: 1名
  • 全長: 14.17 m (46 ft 6 in)
  • 全高: 4.22 m (13 ft 10 in)
  • 翼幅: 8.13 m(26 ft 8 in)
  • 翼面積: 18.6 m² (200 ft²)
  • 空虚重量: 5,090 kg (13,150 lb)
  • 運用時重量: 6,830 kg (15,480 lb)
  • 最大離陸重量: 11,920 kg (27,500 lb)
  • 動力: F404-GE-100 ターボファンエンジン、76 kN (17,000 lbf) × 1

性能

  • 最大速度: マッハ2以上
  • 戦闘行動半径: 556 km (300 nmi)(Hi-Lo-Hi; 330gal燃料タンク×2基搭載)
  • フェリー飛行時航続距離: 2,759 km (1,490 nmi)
  • 実用上昇限度: 16,800 m (55,000 ft)
  • 上昇率: 255 m/s (52,800 ft/min)
  • 翼面荷重: 395 kg/m² (81.0 lb/ft²)
  • 推力重量比: 1.1
お知らせ。 使用されている単位の解説はウィキプロジェクト 航空/物理単位をご覧ください。

武装 5ヶ所のハードポイントに計3,600 kgの兵装を搭載可能。

参考文献[編集]

  • Johnsen, Frederick A. Northrop F-5/F-20/T-38. North Branch, Minnesota: Specialty Press, 2006. ISBN 1-58007-094-9. 
  1. ^ Johnsen 2006, pp. 94, 96.
  2. ^ Donald, David, ed. "Northrop F-5 family." "Northrop F-20A Tigershark." The Complete Encyclopedia of World Aircraft. New York: Barnes & Noble Books, 1997. ISBN 0-7607-0592-5.
  3. ^ 当初はタイガークロー(Tigercraw)とよばれる発射速度を2500発毎分に引き上げた改良型が搭載予定であった

外部リンク[編集]