PL-5 (ミサイル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
PL-5E
種類 短距離空対空ミサイル
性能諸元
ミサイル直径 12.7cm
ミサイル全長 2.893m
ミサイル全幅 61.7cm
ミサイル重量 83kg
弾頭 破片調整型6kg
射程 16〜18km
推進方式 固体燃料ロケット
誘導方式 赤外線ホーミング(IRH)
飛翔速度 マッハ2.2
テンプレートを表示

PL-5中国語: 霹雳-5)は中華人民共和国が開発した短距離空対空ミサイルPL-2ミサイルの後継として開発された。

赤外線誘導方式を採用しており、1966年より洛陽光電子技術発展センター(洛阳光电技术发展中心,EOTDC)にて開発が進められた。全体形状としては、サイドワインダーに範を取っており、4枚の動翼としてのカナードと、4枚の安定翼としての尾翼がある。派生型としてセミアクティブレーダー誘導方式のPL-5Aも開発されていたが、これは実用化されていない。

文化大革命の影響もあり、開発は遅延し、実用化されるのは1980年代に入ってからであった。初期型であるPL-5Bの開発完了は1986年のことである。その後も、改良計画は継続され、最新型はPL-5EIIとなっている。


各型[編集]

  • PL-5A:セミアクティブレーダー誘導型、実用化されず。
  • PL-5B:初期型。赤外線誘導方式。1986年開発完了。
  • PL-5C:改良型。
  • PL-5E:デュアルバンド・シーカーを用いオールアスペクト能力を有する。
  • PL-5EII

運用国[編集]

外部リンク[編集]