LANTIRN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
左側インテークの下にAN/AAQ-13航法ポッド、右側にAN/AAQ-14照準ポッドを搭載したF-15E

LANTIRNLow Altitude Navigation and Targeting Infrared for Night ランターン)は、マーティン・マリエッタ(現ロッキード・マーティン)が、開発した航空機搭載用の夜間低高度赤外線航法および目標指示システムの名称である。

概要[編集]

この機材は、AN/AAQ-13航法ポッドとAN/AAQ-14照準ポッドの一対で構成されているが、湾岸戦争当時のF-16のように航法ポッドのみ搭載やF-14のようにAN/AAQ-14や発展型のAAQ-25のみ搭載よる運用も可能である。1990年代中盤にはA-10B-1Bによる運用も検討されていたがこのときのは予算の問題で放棄されている。[1]

2010年現在、アメリカ空軍に配備されている物は、AN/AAQ-13のみで後継機材であるAN/AAQ-33との入れ替えが進んでいる。これによる余剰分は、これまでLANTIRNを装備していなかった、一部のアメリカ空軍のF-16CM/DM(CCIP)配備部隊への転出が進んでいる。アメリカ海軍向け派生型のAN/AAQ-25は、運用するF-14(改修型)と共に既に退役している。アメリカ海軍は後継ポッドとしてAN/AAQ-28を使用している。(後にAN/ASQ-228英語版 ATFLIRも運用)

開発[編集]

1980年にF-15EとF-16に、精密攻撃能力を与えるポッドを開発する為、アメリカ国防総省とマーティン・マリエッタとの間で開発契約が結ばれ、1983年2月にはAN/AAQ-13航法ポッド、同年7月にはAN/AAQ-14照準ポッドの各試作品がアメリカ空軍に納入され、1985年には生産契約が結ばれている。しかし、AN/AAQ-14の開発・生産が遅れから量産型の納入は1984年11月まで引き延ばされ、1987年の4月にようやく納入が行われ1989年9月に初期作戦能力を獲得している。しかし、初期作戦能力の獲得が湾岸戦争の直前だったこともあり軍全体での納入数がAN/AAQ-13が、285基であったのに対し、AN/AAQ-14は32基であった。また、AN/AAQ-14はF-15Eの一部の部隊に優先的に配備されたため、多くのF-15EやF-16には配備がされなかった。[2]そのため、特にF-16に関してはAGM-65 マーベリックAGM-88しか精密誘導兵器を運用できなかったこと等によりの予定の戦果を大きく下回るものとなっている。

AN/AAQ-13[編集]

AN/AAQ-13

AN/AAQ-13は、LANTIRNシステムの航法ポッド、Kuバンドの地形追従レーダーと前方監視用の赤外線センサーを内蔵している。この機材に内蔵された地形追従レーダーは搭載する機体の自動操縦システムと連動させることにより地表もしくは建造物などの障害物から約30m以上の高度で事前に設定したコースに沿って飛行することが可能である。

また、パイロットによる操縦で低空飛行を行う場合、HUDに投影された画像に重ねる形でフライトボックスと呼ばれる飛行可能なコースを表示し、この枠の中心をトレースさせる形で航空機を飛行させることにより地形障害を避ける形での低空飛行が可能である。

AN/AAQ-20は、輸出型でパスファインダーの愛称で呼ばれており、低空飛行で地上障害物を避けるための機能が削除されたダウングレード型。なお、韓国、シンガポール空軍が装備するタイプはFLIRの解像度が強化されている。

AN/AAQ-14[編集]

AN/AAQ-14

AN/AAQ-14は、LANTIRNシステムの照準ポッド英語版で、前方監視用の赤外線センサー(FLIR)とマーキング用のレーザー発信機で構成されている。同様の機材はベトナム戦争当時にはAN/AVQ-10英語版ベイブナイフやAN/ASQ-153英語版ベイプスパイク、AN/AVQ-26英語版ペイブタック等が存在したが、大型であったり、2機以上の編隊[3]で無ければ運用できない、機体搭載位置の関係で、左方向への大きな旋回を行わなければ命中までレーザーの照射が出来ない等と言った運用上の問題が存在していたが、本機では、システムの小型化や誘導用レーザーの照射範囲の拡大によって、これらの問題を解決している。

AN/AAQ-19は、輸出型でシャープシューターの愛称で呼ばれておりAGM-65 マーベリックの運用能力といくつかの空対空機能が削除されている。また、韓国やシンガポール空軍の物は搭載FLIRの解像度が向上している他、パイロンにAN/AAS-43 タイガー・アイIRSTが追加装備されている。パイロンは、IRST関連機器を搭載したことにより形状が変化している。このタイプのAN/AAQ-19は2010年2月現在、F-15KやF-15SGで運用されている。

近年では搭載するFLIRが解像度不足であることなどから、2005年よりAN/AAQ-33 スナイパーXR先進照準ポッドへの換装が進められている。

AN/AAQ-25 (LANTIRN 40K)[編集]

AN/AAQ-25を搭載したVF-154(当時)のF-14A

AN/AAQ-25は、AN/AAQ-14にGPSとの連動能力を与え、運用制限高度の引き上げが行われた改良型で、アメリカ海軍空母航空団が運用していたF-14に搭載されていた。

AN/AAQ-14/25の運用改修が行われていたF-14はRIO席コンソールの右下に装備されていたTARPS用のモニターと差し替える形でこの機材のコントロールパネルを取り付けた為、TARPSとAN/AAQ-25の同時運用は不可能と言われている。

VFA-213(:en:VFA-213)がF-14の最後のディプロメントを行った際に、機体側が改修された事で、他の部隊等へのAN/AAQ-25で捕らえた画像のダウンリンク能力が追加された。

採用国[編集]

アメリカ空軍以外への販売は、湾岸戦争終結後、イスラエルとサウジアラビアに対してF-15E用の機材として輸出されたのが初めてである。輸出型ではアメリカ軍仕様の物と比べ若干能力を制限したダウングレード型が販売されている。例外として、イスラエルに輸出された際にはアメリカ軍と同仕様の物が引き渡されている。[4]


アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イスラエルの旗 イスラエル
韓国の旗 韓国
サウジアラビアの旗 サウジアラビア
シンガポールの旗 シンガポール
トルコの旗 トルコ
トルコ空軍

仕様[編集]

  • 開発設計:ロッキード·マーティン社
  • 全長:
    • AN/AAQ-13 1.99 m
    • AN/AAQ-14 2.51 m
  • 直径:
    • AN/AAQ-13 305 mm
    • AN/AAQ-14 380 mm
  • 重量:
    • AN/AAQ-13 204.6 kg
    • AN/AAQ-14 240.7 kg
  • 導入日:1987年3月
  • 単価:
    • AN/AAQ-13 138万ドル
    • AN/AAQ-14 360万ドル

対応機種[編集]

脚注[編集]

  1. ^ なお、同様の計画が2000年代になってから実行され、A-10の近代化改修やB-1BのCAS対応化としてAN/AAQ-28やAN/AAQ-33の運用能力を持つ様になっている
  2. ^ このため、地上部隊による、レーザー照射と言う支援や2機あるいは4機編隊の隊長機がレーザー照射を行い、編隊機がレーザー誘導爆弾を投下するというバディレーシング方式の運用が行われている。
  3. ^ レーザー照射を行う機体と爆弾投下を行う機体の2機のこと。2機必要だったのは装置自体が兵装ステーションひとつつぶしてしまうほど大きく、そのままで爆装するとペイロードを超えてしまうといった理由からである。
  4. ^ なお、イスラエルは当初LANTIRNの輸出が認められなかったためAN/AAQ-28 LIGHTNINGを開発。

関連項目[編集]

ロッキード・マーティンアメリカ空軍向けに生産している次世代型照準ポッド
イスラエルのラファエル社が開発した航法及び照準機能の統合ポッド
ロッキード・マーティンがアメリカ海軍向けに生産している照準ポッド
レイセオンが開発したナイトホークの後継照準ポッド

外部リンク[編集]

Nuvola apps kview.svg 画像外部リンク
LANTIRNポッドの図面
Searchtool.svg AN/AAQ-13 航行ポッド
Searchtool.svg AN/AAQ-14 照準ポッド