RPK軽機関銃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
RPK軽機関銃
Soviet RPK.JPEG
概要
種類 軽機関銃
製造国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦(開発国)
設計・製造 設計者ミハイル・カラシニコフ・製造 モロト社
性能
口径 7.62mm(RPK)
5.45mm(RPK-74)
銃身長 590mm
ライフリング 4条 右回り
使用弾薬 7.62x39mm弾(RPK)
5.45x39mm弾(RPK-74)
装弾数 30発(AK-47/AK-74マガジン
40発(RPK専用マガジン)
45連発(RPK-74専用マガジン)
75発(RPK専用ドラムマガジン
作動方式 ガス圧作動方式
全長 1,040mm(基本型)
重量 5,000g
発射速度 600発/分
銃口初速

745m/s(2,444ft/s, RPK, RPKS)

960m/s(3,149.6ft/s, RPK-74, RPKS-74)
有効射程 100-1,000m

RPKロシア語РПКエルペカーручной пулемёт Калашниковаルチノーイ・プリミョート・カラーシニカヴァの略・「カラシニコフの手持ち機関銃」の意)は、RPD軽機関銃の後継分隊支援火器として、1961年ソビエト連邦軍が制式採用した軽機関銃アサルトライフルであるAKMを発展させた軽機関銃である。

概要[編集]

第二次世界大戦後に発足したNATO(北大西洋条約機構)加盟諸国では、歩兵の装備する小火器自動小銃短機関銃汎用機関銃で構成する道を選んだが、ソ連は、分隊AK-47分隊支援火器を配備し、中隊に汎用機関銃を置く道を選び、第一世代の分隊支援火器としてRPDを採用していた。

しかし、RPDの弾薬はAK-47と共通だが、部品の互換性がなかったため調達上の効率が阻害されていた他、給弾方式がベルトリンク式であるため、部隊ではAKの弾倉が使用できないことに不満が出ていた。そのため、主用アサルトライフルであったAKMをベースとした軽機関銃の開発が計画され、RPKが開発された。

構造[編集]

RPKの内部構造はAKMとほとんど同一だが、弾丸の初速を増大させて射程を延長するため銃身長が通常のAKMより長く、また、フルオート連射により銃身が加熱し反ることによる命中率の低下を防ぐためと、フルオート連射時の反動を抑えやすくするために肉厚の銃身を装備している。銃身はAKと同様に機関部へ固定されているため交換できない。銃本体のレシーバーはAKMと同様に鋼板のプレス加工によって製造されているが、鋼板の厚みはAKMの1mmから1.5mmに強化されている。他に、レシーバー前方に強化リブがある、マガジン装着部上部に窪みがない[1]など、AKMのものと異なる部分がある。 AKMをベースとしているが、グリップやトップカバー、デッキロックはAK-47と同型であるなど、AK-47とAKM両方の仕様[2]が入り混じった構成である。

また、銃口部下方にプレス加工による軽量の折りたたみ式二脚を追加してある。これに伴い、銃床は伏射時に左手を添えて肩付保持するのに適した大型のものに変更された。AKと共通の30発弾倉の他、それを長くした40発の弾倉、75発のドラム型弾倉などが開発され、供給された。

バリエーション[編集]

RPK[編集]

使用する弾倉は、AKMの30連発バナナ型弾倉、40連発バナナ型弾倉、75連発ドラム型弾倉などであり、AKMと部品の交換性を達成してAKの弾倉が使用できなかった問題をクリアした他、取扱法も統一されたため兵員の訓練にかかる手間も大きく減少した。その後、ソビエト連邦軍のみならず、多くの東側諸国に輸出され、第三世界にも広がるなど世界中で使用された。

RPKN[編集]

暗視装置を装着するためのマウントプレートがレシーバー左側面に付属した、RPKの夜間戦闘型。

RPK-74[編集]

45連発弾倉を装着したRPK-74

1970年代小口径5.45x39mm弾を使用するAK-74が制式採用されると、AK-74と同一の弾丸を使用するRPK-74が新たに登場した。RPKからは、銃口フラッシュサプレッサーが装着され、レシーバーカバーのリブが無くなるなどの改良がなされている。弾倉はAK-74用の30連発バナナ型弾倉か延長型の45連発バナナ型弾倉であり、ドラム型弾倉は存在しない。ほかにも、弾倉内部でダブルカラムを二つ並べて、その頂点で二個のマガジンフォロアーが合流するという(日本では複々列式などと呼ばれる)非常に珍しい構造を持った60連装弾倉も存在する。

初期に生産されたものはAK-74に準じて、合板のストックとハンドガードと赤茶色のベークライト製グリップに、オレンジ色のベークライト製弾倉(ルーマニアなどではRPKのようなデザインの金属製)を採用していた。1980年代に入って生産された後期型は、ストックとハンドガードが新素材であるポリマー製に改良され、プラスチック製弾倉も、リブの数を大幅に増やした新形状となった。また、プラスチック部品の成型色は焦げ茶色になった。

西側諸国のメディアで小口径AKの実物が初めて確認されたのは、当時コンバットマガジン誌の編集者であった作家の東郷隆アフガニスタンに取材に行き、ムジャーヒディーンにより鹵獲された分隊支援火器タイプのRPK-74を取材した1982年のことであった。

RPK-74N[編集]

暗視装置を装着するためのマウントプレートがレシーバー左側面に付属した、RPK-74の夜間戦闘型。

RPKM(RPK-203)/RPK-74M[編集]

RPK/RPK-74の改良型であり、AK-74M分隊支援火器仕様である。AK-74Mの登場以降RPKシリーズにもハンドガードやストック、グリップにプラスチックを使う物が開発された。プラスチック製の折りたたみ式銃床を標準装備し、銃床右側の本体付近にスイベルリングが存在する。

バリエーションはRPKM(RPK-203)が7.62x39mm弾を使用し、RPK-74Mは5.45x39mm弾を使用する。どちらも弾倉はプラスチック製の黒色でRPKMは40連発バナナ型、RPK-74Mは45発バナナ型である。また、5.45mm用のみマガジン横に凸線が入っている。どちらも現在ロシア連邦軍が使用している。

RPK-201[編集]

RPKシリーズの最新型である。AK-101に対応した分隊支援火器仕様である。RPK-74M同様、ハンドガードやストック、グリップにプラスチックを使い、プラスチック製の折りたたみ式銃床を標準装備し、銃床右側の本体付近にスイベルリングが存在する。RPK-201は5.56x45mm NATO弾に対応しているので輸出向けモデルと見られる。

各国で生産されたRPK[編集]

以下、RPKやAKをベースにした軽機関銃

国名 名称   相当品、備考
中華人民共和国の旗 中国 56式分隊支援火器S-7型(56S-7式)
81式班用軽機槍
RPK
81式ベース
東ドイツの旗 東ドイツ ヴィーガーK500 RPK-74、MPi-AK-74ベース
ユーゴスラビアの旗 ユーゴスラビア
セルビアの旗 セルビア
M72
M72A
M77B1(en
M82
M82A
RPK、ツァスタバ M70ベース
RPK、M72ベース、ストックAKMSタイプ
RPK、7.62x51mm弾仕様
RPK、5.56x45mm弾仕様
RPK、5.56x45mm弾仕様、ストックはAKMSタイプ
ハンガリーの旗 ハンガリー RPK RPK
ルーマニアの旗 ルーマニア M64
M93
M1993
RPK
RPK-74、弾倉が金属製になっている。旧東ドイツ製の側面折畳ストックを装備
RPK-74、弾倉が金属製になっている。
ブルガリアの旗 ブルガリア アーセナル RPK-7
アーセナル RPK-5
LMG
RPK、AK-47ベース
5.56x45mm弾仕様RPK、AK-47ベース
イラクの旗 イラク アル・クズ セルビアのM72
フィンランドの旗 フィンランド ヴァルメ M78

M78A2
オリジナル
7.62x39mm弾仕様
7.62x51mm弾仕様、H&K G3の弾倉を使用

= 画像[編集]

運用国[編集]


登場作品[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ルーマニア製やユーゴスラビア製などには窪みがあるものも存在する
  2. ^ AK-47からAKMへの更新の過渡期に製造開始されたため
  3. ^ アーセナル社が製造するものを使用している。(5.56mm NATO弾を使用するRPKも製造している)

外部リンク[編集]