バトルフィールド1942 シークレット・ウェポン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バトルフィールド1942 > バトルフィールド1942 シークレット・ウェポン

バトルフィールド1942 シークレット・ウェポン』(Battlefield 1942: Secret Weapons Of WWII)とは、エレクトロニック・アーツ社から2003年8月28日発売されたバトルフィールド1942の第二弾拡張パック。(第一弾目はロード・トゥ・ローマ第二次世界大戦中に計画・試作はされたが、実戦投入されなかった数々の兵器が追加される拡張パック。(例外も多数ある。)通称SW。無償体験版としてオランダのヘレンドーンマップが用意されている。

主にドイツ軍精鋭部隊[1]イギリス軍特殊部隊[2]の戦いを題材とするが、従来のドイツ国防軍やイギリス軍、アメリカ軍も登場する。

追加マップ[編集]

(すべて架空の戦いである。)

クベリー飛行場 1943年8月
プラハ近郊に位置するドイツ軍の飛行場。近隣住民の間では秘密裏にUFOのような試作航空機の試験が行われていると噂される。ただし、ドイツ軍は厳重な情報統制を敷いており、実際に目撃したものはいないという。この噂の真相を確かめ、真実であれば試作航空機を破壊する為にイギリス軍特殊部隊が送り込まれた。
テレマーク研究施設 1943年11月
ノルウェーリューカンにあるドイツ軍の研究施設で、原子爆弾の主原料である重水の製造を行っている。ノルウェーのレジスタンスサボタージュを試みているものの効果は上がっていない。イギリス軍特殊部隊の目的は、研究施設に侵入し、重水の生産を阻止するべく発電機を破壊することである。
ミモイェック 1944年6月
フランスの小さな町だが、近郊の山腹に設置されたV3ムカデ砲が、既にロンドンに照準を合せている。イギリス軍特殊部隊の目的は、V3が使用される前に発射基地を爆破することである。
ゴシックライン 1944年9月
イタリア北アペニノ山脈のフータ峠を中心に敷かれたドイツ軍の防衛線である。アメリカ軍はイタリア本土へ侵攻する為、ゴシックラインの突破を図る。
ヘレンドーン 1945年3月
オランダヘレンドーンの山中にあるドイツ軍のV2ロケット発射基地である。当初はアントワープ攻撃の任務が与えられていたが、連合国軍のライン川突破を阻止するべくレマーゲン鉄橋へと照準を移す。イギリス軍特殊部隊はレマーゲン鉄橋の破壊を阻止するべく、4基のミサイル全てを破壊しなければならない。
エッセン 1945年3月
エッセンにあるクルップ財閥の兵器工場は予てより連合国軍の激しい爆撃に晒されてきたが、大量の対空火器で防衛されており、未だにドイツ軍への兵器製造を続けている。この兵器工場を破壊するべく、イギリス軍特殊部隊の空挺降下が始まった。
イーグルネスト 1945年4月
オーストリアザルツブルク近郊に位置する山荘。ヒトラー総統が50歳の誕生日に送られたもので、付近にはゲーリング元帥の邸宅もある。ヒトラーと軍高官が避難していると噂されており、アメリカ軍は調査及び占領を目的にイーグルネストへと向かう。
ペーネミュンデ 1945年5月
ドイツの降伏後、戦利品を巡り連合国内での対立が激化しつつある。ドイツのペーネミュンデ陸軍兵器実験場にはV2の研究施設があり、V2に関する大量の機密情報が保管されている。アメリカ軍はソ連軍に先んじたものの、施設内に残っていたドイツ軍部隊が最後の抵抗を試みる。
アゲイラの戦い
パッチにボーナスマップとして付属。

新しい兵器[編集]

枢軸国側[編集]

連合国側[編集]

また、一部のマップではジェットパックを備えたキットが配置されている。

武器[編集]

追加される武器は太字表記

武器の一覧
武器の種類 ドイツ軍精鋭部隊 イギリス軍特殊部隊
突撃銃・軽機関銃 ラインメタルFG42自動小銃 ブレン軽機関銃
小銃(工兵) Kar98k(小銃擲弾) オート5[3]
狙撃銃 ワルサーGew43半自動小銃 No.4
短機関銃 MP40 ステンガン(消音器付)
対戦車ロケット砲 パンツァーシュレック バズーカ
ピストル ワルサーP38 コルトM1911
手榴弾 M24手榴弾 マークII手榴弾
投げナイフ エリートナイフ コマンドナイフ

脚注[編集]

  1. ^ モデルは武装親衛隊降下猟兵部隊と思われる。
  2. ^ モデルはSASと思われる。
  3. ^ ゲーム内では単に「ショットガン」と表記。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]