エンストロム 480

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エンストロム 480 

G-LADD-Enstrom480.jpg

  • 用途:練習機・パトロール
  • 分類:小型ヘリコプター
  • 製造者:エンストロム・ヘリコプター・コーポレーション
  • 初飛行1989年
  • 生産開始1993年
  • 運用状況:現役
  • ユニットコスト:80万USドル-

エンストロム480 は、エンストロム・ヘリコプター・コーポレーションが製造・販売している小型ヘリコプターである。

概要[編集]

アメリカ陸軍の新練習ヘリコプター(NTH)向けに開発されたものの、選定の結果採用されなかったTH-28を、民間向けに改造した機体である。

エンジンには、MD 500ベル 206などにも採用されているアリソン 250 ターボシャフトエンジン(C20W)を採用している。

派生型[編集]

480
TH-28に座席を5つ設置して民間向けに改造したモデル。1993年11月にFAA型式証明を取得。
480B
480の出力を強化し、総重量と積載量が約150ポンド増加したモデル。2001年2月にFAA型式証明を取得。
480B ガーディアン
480Bの警察・法執行機関向けモデル。機首にカメラとサーチライトが装備されている。
TH-28
280FXにターボシャフトエンジンを搭載し、メインローター、キャビン、スタビライザーを大型化した機体。軍用練習機、パトロール用として6機が製造された。

運用国[編集]

インドネシアの旗 インドネシア
  • インドネシア国家警察
エストニアの旗 エストニア
  • エストニア国境警備隊
赤道ギニアの旗 赤道ギニア
  • 赤道ギニア空軍
日本の旗 日本
タイ王国の旗 タイ王国


退役済み[編集]

カナダの旗 カナダ
  • ヨーク地域警察

日本[編集]

陸上自衛隊で教育用に使用しているOH-6Dの後継機として、機種選定がMD500Eシュワイザー333Mとの総合評価落札方式で行われ2010年2月10日に「TH-480B」として選定。[3] 2009年と2010年度予算で各1機、2011年度予算で3ヶ年度分28機の集中調達で合計30機を調達予定。

1号機は2011年2月25日にジャムコ仙台整備工場へ納入、27日に明野駐屯地へフェリーされ28日に受領式が行われた。飛行実験隊で性能確認試験、部隊使用承認後は航空学校で要員教育を実施、2013年4月以降に練習ヘリコプターとして運用が開始される予定である。 [4]

仕様(480B)[編集]

出典: エンストロム・ヘリコプター・コーポレーション日本公式サイト[5]

諸元

性能

  • 最大速度: 231km/h
  • 巡航速度: 212km/h
  • フェリー飛行時航続距離: 685km
  • 実用上昇限度: 13,000ft
  • 上昇率: 1,600fpm


お知らせ。 使用されている単位の解説はウィキプロジェクト 航空/物理単位をご覧ください。

脚注[編集]

  1. ^ Enstrom Helicopter Corp. Chosen for JSDF Training Program - Enstrom Helicopter Corporation”. 2011年3月26日閲覧。
  2. ^ Enstrom Helicopter Corp. Wins Royal Thai Army Training Program - Enstrom Helicopter Corp”. 2011年3月26日閲覧。
  3. ^ 陸上自衛隊新練習ヘリコプターの選定結果について”. 2012年8月17日閲覧。
  4. ^ 練習ヘリコプター「TH-480B」による飛行開始予定について (PDF)”. 2012年11月25日閲覧。
  5. ^ エンストロム480B スペック”. 2011年3月26日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]