神戸ポートアイランド博覧会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
神戸ポートアイランド博覧会
概要
イベントの種類 地方博覧会
通称・略称 ポートピア(PORTOPIA)'81
正式名称 神戸ポートアイランド博覧会
開催時期 1981年(昭和56年)3月20日9月15日
会場 ポートライナー市民広場駅周辺から南公園駅中埠頭駅周辺
来場者数 1,610万人
テンプレートを表示

神戸ポートアイランド博覧会(こうべポートアイランドはくらんかい)は、神戸港に造られた人工島ポートアイランドにおいて1981年3月20日から9月15日まで開催された博覧会。「ポートピア(PORTOPIA)'81」の愛称でも親しまれた。

メインテーマは「新しい”海の文化都市”の創造」、サブテーマは「魅力ある未来都市」、「21世紀の港とくらし」、「広場としての太平洋」、「手をつなごう世界のふるさと」。

概要[編集]

「水」の字をモチーフに描かれたロゴマークはデザインを公募して選んだもの。期間中1,610万人の入場者があり、純益60億円を記録した。会場面積は約72ha。この博覧会の成功は、1980年代後半の「地方博ブーム」の火付け役となり、神戸市は都市経営のモデルとして「株式会社神戸市」と称されるきっかけとなる。

会場[編集]

会場は神戸新交通ポートアイランド線(ポートライナー)市民広場駅周辺から南公園駅中埠頭駅にかけてであり、跡地はほぼ神戸コンベンションコンプレックスおよび住宅地として利用されている。海のすぐ前に建てられて、世界最大であった観覧車がある神戸ポートピアランドは、この博覧会当時からの遊戯施設域であった。

また、会場では中国から借り受けたジャイアントパンダ2頭が公開されて人気を集めた。神戸市出展のパビリオン「神戸館」及び太陽神戸銀行(現・三井住友銀行)出展の「神戸プラネタリウムシアター」が神戸市立青少年科学館として、印象的なコーヒーカップの形であった「UCCコーヒー館」もUCCコーヒー博物館として改装され、現在もポートライナー南公園駅前に建っている。それらは、神戸コンベンションコンプレックスとともに、当時を偲ばせる数少ない施設であり、後世の都市開発に影響を与えた施設は少なくない。

テーマソング・CM[編集]

「ポートピア'81」のキャンペーンソングとして、ゴダイゴが歌う「ポートピア」が1980年5月1日日本コロムビアからリリースされ、その年末、ゴダイゴは2年連続でNHK紅白歌合戦に出場を果たした。また、同年10月には大地真央が歌う「ポートピア’81がやってくる/ポートピア’81音頭」がビクターからリリースされた。 松任谷由実が1981年に発表したアルバム『昨晩お会いしましょう』の1曲目「タワーサイドメモリー」にも、ポートピアに関わる部分がある。

夏休み直前には国鉄(当時)が当博覧会PRのテレビCMを放映、寅さんシリーズのタコ社長役でお馴染みの太宰久雄が出演し、太宰扮する理髪師と利用客の小学生の少年とのやりとり(太宰「今年の夏休み、どこ行くの?」少年「のつくところ!」太宰「えっ、ポーランド!?」)が人気を集めた。

施設・パビリオン[編集]

パビリオン[編集]

兵庫縣館に展示されていた浄土寺阿弥陀三尊像のスライド(高さ5m60cm、幅7m1cm)実物。(小野市立好古館所蔵)

レジャー施設[編集]

  • 国際広場 - ステージとアリーナを使ったイベントを開催。収容人数2600人。
  • ポートピアサーカス - 木下大サーカスとアメリカン猛獣サーカスによる合同公演。跡地は現在のワールド記念ホール
  • パンダ館 - 中国天津動物園から借りたジャイアントパンダの「ロンロン」(メス17歳)と「サイサイ」(オス6歳)を展示。周囲には雰囲気を出すために竹などが植えられていた。少し離れた場所に建てられており、跡地は現在南公園内の野球場となっている。
  • 銀河鉄道・パノラマカー - 小型の蒸気機関車羅須地人鉄道協会所有の610mm軌間機関車を借り入れ。元東洋活性白土3号機と6号機[1])と、小型連節バス
  • 神戸ポートピアランド - ポートピア'81にあわせ開園
  • オーロラビジョン
  • 異人館通り - 神戸北野異人館の複製
  • 中央広場
  • 花の広場
  • せせらぎの森

脚注[編集]

  1. ^ 蒸気機関車 - 羅須地人鉄道協会ウェブサイト(「3号機」「6号機」の箇所を参照)。この借り入れについては、博覧会終了後に返却時の整備状態をめぐって鉄道協会側と博覧会協会側の見解が対立、裁判に持ち込まれたが鉄道協会側の敗訴に終わっている羅須地人鉄道協会とは(「2つの蹉跌」の箇所を参照)。

関連項目[編集]