沖縄国際海洋博覧会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
沖縄国際海洋博覧会
Expo'75
Expo75 Logo.jpg
シンボルマーク
概要
イベントの種類 国際博覧会
通称・略称 沖縄海洋博、海洋博
開催時期 1975年7月20日 - 1976年1月18日(約6か月、183日間)
会場 沖縄県国頭郡本部町
主催 日本政府
運営 財団法人沖縄国際海洋博覧会協会
出展数 47(日本2、海外35、国際機関3、民間企業7)
来場者数 約349万人
直通バス 那覇空港からの直通バス(当時は沖縄自動車道が未開通のため一般道経由)
テンプレートを表示

沖縄国際海洋博覧会(おきなわこくさいかいようはくらんかい)は、沖縄県本土復帰記念事業として沖縄県国頭郡本部町で183日間の会期(1975年7月20日 - 1976年1月18日)をもって行われた国際博覧会(特別博)[1]。略称は「沖縄海洋博」「海洋博」など。

概要[編集]

「海-その望ましい未来」を統一テーマとし[1]、日本を含む36か国と三つの国際機関が参加した。会場規模は、100万m2(うち陸域75万m2、海域25万m2)であった[1]。期間中は県内の至る所に「めんそーれ沖縄」と書かれた歓迎の垂れ幕類が立っていた。

博覧会会場は海岸沿いの非常に細長い敷地であったため、会場内のアクセス向上策としてKRTやCVSなどの新交通システムが日本で初めて試験的に導入された[2]

海洋博開催によって、沖縄県の列島改造というべき開発が劇的に進んだ。現在の沖縄自動車道の一部開業や各国道の拡幅などが開催期間に向けて急ピッチで進められたほか、ホテル日航那覇グランドキャッスルや、沖縄ハーバービューホテルなどの大型ホテル、ゼファー那覇タワーなどの観光施設はすべてこれにあわせて建設された。特にゼファー那覇タワーは、2007年8月にD'グラフォート沖縄タワーに抜かれるまで、沖縄一高いビルであった。

450万人の目標に対し最終的な入場者数は約349万人にとどまり、このことは、海洋博をあてこんでさまざまな商売を目論んだ層を落胆させ、民宿経営者などからは「起爆剤ではなく自爆剤」とまで不満が出る結果となった。会場内でグッズ類が投売りに近い値段で安売りされる光景は、ドキュメンタリー映像にも残り後年テレビ放映された。また、海洋博に合わせて行なわれた開発は、赤土の海への流出を招き、サンゴ礁に被害を与えるという海洋汚染も引き起こした。

大会開会式に出席するため、沖縄県を訪問した当時の皇太子明仁親王・同妃美智子ひめゆりの塔を訪問した際、過激派から火炎瓶を投擲されるという事件が起こった。

展示物等[編集]

アクアポリスの空中写真(1977年)。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

展示施設の中でも最大の目玉とされたのが、未来型海洋都市のモデルとなる人工島「アクアポリス」であった。しかし、アクアポリス自体が展示物であり内部にさしたるアミューズメント的な仕掛けもない施設となっていたことから、訪問客のなかには拍子抜けした者も少なくなかった。

会場には、1975年7月1日 - 1976年1月31日の間、「沖縄海洋博郵便局」が置かれた[3]

開催経緯[編集]

1970年(昭和45年)の日本万国博覧会を契機に沖縄の日本復帰記念事業として「海」、「海洋」をテーマに国際博覧会を開催する構想が生まれた。1971年(昭和46年)10月15日に琉球政府行政主席から、通商産業大臣に対し「一九七五年沖繩国際海洋博覧会開催について(要請)」[4]が提出され、博覧会国際事務局に開催申請手続を進めることで10月22日に閣議了解された。11月2日に在パリ日本大使を通じ、博覧会国際事務局に申請し、11月24日に開催された博覧会国際事務局理事会で申請が正式受理された[5]1972年5月1日には「沖縄国際海洋博覧会の準備及び運営のために必要な特別措置に関する法律」[6]が施行された。

閉会後[編集]

国営沖縄記念公園に残る日本政府出展「海浜公園」入口(2012年1月9日撮影)

海洋博の終了後、跡地は国営沖縄海洋博覧会記念公園となった。「海洋生物園」はその後も公園内の中核施設として営業を続け、後に建物も建て替えられて沖縄美ら海水族館となっている。アクアポリス2000年10月、鉄屑としてアメリカ合衆国の企業へ売却処分、10月23日に現地を離れ、解体場所の上海へ海上を曳航された。

シンボルマーク[編集]

海洋博のシンボルマークは、水色の丸の中に青い三つの波頭が並んだ絵柄で、博覧会の主テーマを非常に簡潔に表している。

オフィシャル・エアライン[編集]

日本航空が「オフィシャル・エアライン」となり、ほぼ全ての機材に博覧会のロゴマークを入れて運航した他、多くのパッケージツアーを主催した。

記念発行物[編集]

記念貨幣(100円白銅貨)
  • 記念切手
    • 20+5円付加寄付金付きが1974年3月2日に発行された[7]。販売の結果、財団法人沖縄国際海洋博覧会協会へ227,957,726円が寄付金交付された[8]
    • 20円・30円・50円の三種類が1975年7月19日に発行された[9]
  • 記念貨幣
    • 100円白銅貨が[10]、1975年7月3日(10月22日追加発行)発行された。

映画[編集]

1976年9月18日東宝洋画系で沖縄海洋博の記録映画である『公式長編記録映画 沖縄海洋博』が公開された。中村メイコ愛川欽也のトーク形式のナレーションが特徴的で、2時間半という長尺映画を軽い雰囲気でリラックスして楽しめる趣向である。再上映やテレビ放映がされず長く幻の記録映画であったが2006年DVDが発売された。

スタッフ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 1975年(昭和50年)5月28日『官報』第14518号付録資料版No.884総理府「昭和50年版・観光白書のあらまし」
  2. ^ 神戸製鋼 エンジニアリング事業 製品紹介 新交通システム
  3. ^ 1975年(昭和50年)6月11日郵政省告示第391号「郵便局を設置する件」
  4. ^ 1971年10月15日琉球政府通総第957号
  5. ^ 1972年(昭和47年)1月5日『官報』第13509号付録資料版No.710通商産業省「1975年沖繩国際海洋博覧会」
  6. ^ 1972年(昭和47年)法律第24号
  7. ^ 1974年(昭和49年)2月25日郵政省告示第128号「沖繩国際海洋博覧会寄附金つき二十円郵便切手を発行する件」
  8. ^ 1975年(昭和50年)11月5日郵政省告示第771号「お年玉つき郵便葉書に付加された寄附金等の経理状況に関する件」
  9. ^ 1975年(昭和50年)6月27日郵政省告示第437号「沖繩国際海洋博覧会記念郵便切手を発行する件」
  10. ^ 1979年(昭和49年)12月27日政令第400号「百円の臨時補助貨幣の形式等に関する政令の一部を改正する政令」

関連項目[編集]

  • 沖縄海洋博で会場内を運行した新交通システム
  • 金城哲夫
  • 沖縄エキスポランド-海洋博会場内にあった遊園地。博覧祭終了後も営業を続けたが、利用者数の減少にともない経営が困難になり、2000年3月をもって閉園。
  • ホバークラフト
  • 夜のヒットスタジオフジテレビ)-1975年8月11日放送にて、同博覧会会場に特設ステージを設けて生中継を行う予定であったが、当日になって沖縄県全域に台風が接近したことから、そのステージを使用することができなくなり、急遽スタッフ用の狭いブースから中継を行うというハプニングが起きた。2009年6月18日にフジテレビTWOの再放送の初回放送となる。
  • スター誕生!日本テレビ)-1975年11月26日(放送は12月7日・14日)にテレビ予選の公開収録が行われた。
  • 藤子・F・不二雄-海洋博の中に、架空のパビリオン・「海洋夢見館」を舞台とするSF短編「ぼくのオキちゃん」を描いている。
  • ゴジラ対メカゴジラ-沖縄海洋博会場予定地で洞窟と予言の壁画が発見される。
  • シチズン時計 - 沖縄海洋博協賛イベントとして、同社の防水腕時計を封入した漂流ブイ数千個を、沖縄から本土に向けて放流するイベントを行った。ブイには、調査用葉書も同梱されており、拾った人からの葉書で漂着状況を調査することにより、海流調査を兼ねていた。

外部リンク[編集]