国営沖縄記念公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
国営沖縄記念公園
Okinawa Commemorative National Government Park
20080327Iejima&KaiyohakuPark.jpg
国営沖縄記念公園(海洋博覧会地区)と伊江島
所在地
沖縄県国頭郡本部町(海洋博覧会地区)
沖縄県那覇市(首里城地区)
北緯26度41分27.5秒 東経127度52分40.5秒 / 北緯26.690972度 東経127.877917度 / 26.690972; 127.877917座標: 北緯26度41分27.5秒 東経127度52分40.5秒 / 北緯26.690972度 東経127.877917度 / 26.690972; 127.877917
分類 都市公園
面積 71.6 ha(海洋博覧会地区)
2.7 ha(首里城地区)
前身 国営沖縄海洋博覧会記念公園(海洋博覧会地区)
首里城跡地(首里城地区)
開園 1976年9月1日
運営者 海洋博覧会記念公園管理財団
年来園者数 338万人(海洋博覧会地区)
200万人(首里城地区)
(2011年度)
現況 8:00 - 20:30(地区・施設により異なる)
設備・遊具 沖縄美ら海水族館、熱帯ドリームセンター、海洋文化館、エメラルドビーチ(海洋博覧会地区)
首里城守礼門(首里城地区)
駐車場 あり(1265台:海洋博覧会地区、116台:首里城地区)
告示 1976年(昭和51年)8月30日建設省告示第1237号、(変更)1987年(昭和62年)3月25日建設省告示第780号、(変更)1988年(昭和63年)1月28日建設省告示第133号、(変更)1992年(平成4年)10月27日建設省告示第1749号、(変更)2003年(平成15年)12月5日沖縄総合事務局告示第57号
事務所 内閣府 沖縄総合事務局 国営沖縄記念公園事務所
事務所所在地 沖縄県国頭郡本部町字石川424番地
アクセス 許田インターチェンジより車約50分(海洋博覧会地区)
首里駅徒歩約15分(首里城地区)
備考 日本の都市公園100選に選定
公式サイト http://oki-park.jp

国営沖縄記念公園(こくえいおきなわきねんこうえん)は、沖縄県沖縄本島にある国営公園。大きく沖縄県本部町にある海洋博覧会地区と那覇市にある首里城地区の二つの地区に分けられる。日本の都市公園100選に選ばれている。

事業主体は内閣府沖縄総合事務局であり、計画・整備は同局が実施しているが、管理は海洋博覧会記念公園管理財団に委託されている。

海洋博覧会地区[編集]

海洋博公園周辺の空中写真。画像下部海上にアクアポリスが見える。上方の白く光る砂浜がエメラルドビーチ。1977年撮影の6枚を合成作成。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

施設概要[編集]

沖縄県本部町に所在。沖縄県の日本復帰を記念して1975年7月から1976年1月にかけて開催された沖縄国際海洋博覧会を記念して、博覧会跡地に1976年9月1日に国営沖縄海洋博覧会記念公園として供用開始された公園[1]。通称は海洋博公園。開園面積は71.6ヘクタール

1987年3月25日に、公園名を国営沖縄記念公園へ改称した[2]

1993年まで、海洋博のシンボル的施設であったアクアポリスが残されていた。

主な園内施設[編集]

沖縄美ら海水族館の巨大ジンベイザメ
遊泳無料。2001年5月に環境省が指定した「日本の水浴場88選」に選出されている。
  • おきなわ郷土村・おもろ植物園
  • 海洋文化館
  • 熱帯ドリームセンター
  • 熱帯・亜熱帯都市緑化植物園

主なイベント[編集]

首里城地区[編集]

施設概要[編集]

首里城正殿

沖縄県那覇市首里当蔵町に所在。1988年1月28日に、国営沖縄記念公園首里城地区として都市公園の区域指定を受け[3]沖縄戦で破壊された首里城を復元し1992年11月3日から供用開始した[4]。園内には正殿が復元され、南殿・北殿などの建物、歓会門・奉神門などの城門も復興されており、復興は2008年現在もなお進められている。通称は首里城公園。開園面積は2.7ヘクタール。

主な園内施設[編集]

  • 首里城正殿
  • 御庭
  • 北殿・南殿・番所(展示施設がある)
  • 守礼門

経緯[編集]

かつて国宝であった首里城は、第二次世界大戦中の1945年3月の沖縄戦で破壊され、その修復・再建は県民の悲願であった。しかし沖縄県単独の事業とするには予算的に困難があった。そのため、旧国宝の首里城を含むこの地域を、国営公園として国を事業主体として整備・復興する案が浮上した。しかしながら、沖縄県には、当時、すでに「国営沖縄海洋博覧会記念公園」が存在していたため、「海洋博公園と首里城公園を一つの国営公園とみなす」事とし、1986年11月、沖縄本土復帰20周年記念事業として首里城地区を整備し、海洋博覧会地区と首里城地区との二地区を併せ「国営沖縄記念公園」とすることが決定された。[要出典]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1976年(昭和51年)8月30日建設省告示第1237号「都市公園の供用を開始する件」
  2. ^ 1987年(昭和62年)8月25日建設省告示第780号「昭和五十一年建設省告示第千二百三十七号の一部を改正する件」
  3. ^ 1988年(昭和63年)1月28日建設省告示第133号「都市公園を設置すべき区域を定めた件」
  4. ^ 1992年(平成4年)10月27日建設省告示第1749号「都市公園の供用を開始する件」

外部リンク[編集]