エスメラルダ (練習帆船)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Esmeralda 2006年、真珠湾にて
艦歴
発注
起工 1946年
進水 1953年5月12日
就役 1954年
退役
その後
除籍
性能諸元
排水量 満載 3,673 トン
全長 113 m
全幅 13.11 m
吃水
機関 帆:31(総面積 2,870 m²)、
マスト4本
檣長: 48.5 m
最大速
乗員 水兵 300名、士官候補生 90名
兵装 57mm砲 × 2(礼砲)

エスメラルダ (Esmeralda, BE-43) はチリ海軍の鉄製4檣練習帆船。世界で二番目の檣長を誇るバーケンティンである。

艦歴[編集]

本船は当初、スペイン海軍の練習艦として1946年よりスペインの都市カディスで建造が開始されたのだが、1947年、本船を建造していたカディス造船所で大規模な爆発事故が発生した。これにより船体は損傷し、造船所は破綻の瀬戸際に追い込まれた。そのため、作業が中断したままの状態が数年続いていた。1950年、スペイン政府は、スペイン内戦時にチリに対して負った負債を工業製品の形で返済することをチリに提案し、両国は交渉に入った。この中に未完成の本船が含まれていた。1951年、チリはこの申し出を受諾し、本船はチリ海軍が所有することが決定した。1953年5月12日に5,000人の観衆が見守る中で遂に進水の時を迎え、1954年6月15日、オラシオ・コルネホ・タグル艦長の指揮下、チリ政府に引き渡された。

エスメラルダ
2004年5月17日 ハワイ真珠湾にて

エスメラルダはまずカナリア諸島に向かった後、ニューオーリンズで蒸留装置を取り付けた。その後パナマ運河を通過し、1954年9月1日にチリのバルパライソに到着、盛大な歓迎を受けた。

就役後はチリ海軍の練習帆船として活躍し、チリの「浮かぶ大使館」として世界中の300以上の港に寄港している。行事にも数多く参加しているが、主なものには、2002年の海上自衛隊50周年記念観艦式1964年1976年1989年に開催されたニューヨーク帆船パレード、1983年大阪国際帆船パレードなどがある。1975年に沖縄国際海洋博覧会記念で日本に寄港した際には、火炎瓶を投げつけられるテロ攻撃を受け、乗員2名が負傷している(エスメラルダ号火炎瓶投擲事件)。

船名の"エスメラルダ"とはエメラルドの意味で、チリ海軍の同名艦船としては6代目となるものである。ちなみに初代はスペイン海軍からの鹵獲艦で、2代目1879年5月21日のイキケの海戦においてチリ海軍において重要な働きをした艦である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]