エスメラルダ (コルベット)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1879年に撮影された写真。
艦歴
発注: 1854年
起工: 1854年12月
進水: 1855年6月26日
就役: 1855年9月18日
退役:
その後: 1879年5月21日戦闘で沈没。
除籍:
主要目
排水量: 854トン
全長: 39.6m(130フィート
全幅: 9.8m(32フィート)
吃水: 5.5m(18フィート)
機関: 型式不明石炭専焼缶
 (主缶×2、補助缶×2)
+レシプロ機関2基1軸推進
最大出力: 200ihp、31rpm
最大速力: 8ノット
航続距離:
燃料: 石炭
乗員: 200名
兵装: 32ポンド滑腔砲20門
(改装後:アームストロング40ポンド前装ライフル砲12門、ホイットワース40ポンド前装滑腔砲4門)
装甲: なし

エスメラルダは、19世紀後半にチリ海軍が保有したコルベットの一隻。同名のチリ軍艦としては2代目となる。スペインとの戦争及び南米の太平洋戦争で使用され、イキケの海戦で沈没した。

建造[編集]

1852年6月30日に、チリ政府は、蒸気機関搭載のコルベットを建造する方針を決定した。しかし、議会の承諾がすぐに得られなかったので、着工は遅れて1854年となった。イギリスケント州ノースフリートにあったヘンリー・ピッチャー(Henry Pitcher)造船所に発注され、1854年12月に起工された。1855年6月に進水し、かつてスペインから鹵獲したフリゲートの艦名にちなんで「エスメラルダ」と命名された。艤装完了後にファルマスから出航し、1856年11月7日バルパライソに到着した。建造費用は21万7千ドルを要した[1]

船体は木造で、船底は銅板で保護されていた。推進装置スクリュー式で、帆走時には水中抵抗物となるスクリューを引き上げることも可能だった。コルベットであったが、同時期のフリゲート並みに高級な設備を有していたといえる。武装は舷側砲列式で32ポンド前装滑腔砲20門を装備していた。

運用[編集]

1864年にスペインとのチンチャ諸島戦争英語版が起きると、フアン・レボエドen:Juan Williams Rebolledo)艦長の指揮下で実戦参加した。1865年11月26日に、パプード沖の太平洋上でスペイン海軍砲艦コバドンガ英語版」(郵便船改装・8門艦)と遭遇し、戦闘の末に拿捕する勝利を収めた(パプードの海戦英語版)。鹵獲艦「コバドンガ」はチリ海軍に編入された。

1867年から翌年にかけて改装工事を受けた。これにより武装を、アームストロング社製40ポンド前装ライフル砲12門、及びホイットワース社製40ポンド前装滑腔砲4門へと変更している。ボイラーも換装した。1875年には悪天候で座礁事故を起こし、チリ産のオーク材で修復されている。

その後、士官候補生の練習航海に使用されたりしたが、1879年ペルーボリビア同盟との間で太平洋戦争が勃発すると、再び作戦行動に加わった。元艦長で当時は海軍司令長官になっていたレボエド大佐は、旧式なうえ機関も不調だった「エスメラルダ」を主力艦隊と分離し、砲艦「コバドンガ」とともにイキケ海上封鎖にあてた。1879年5月21日にイキケのチリ艦隊はペルー艦隊の襲撃を受け、「エスメラルダ」は装甲艦「ワスカル」の体当たり攻撃で撃沈された(イキケの海戦)。197名の乗組員のうち、艦長のアルトゥーロ・プラットen:Arturo Prat中佐以下135名が戦死している。

その後[編集]

「エスメラルダ」の沈没地点を示す浮標

「エスメラルダ」はイキケの海戦において勇敢に戦って沈没したと、チリでは評価されている。戦死した艦長のプラット中佐は、今でもチリ海軍にとって最大の英雄である[2]。イキケ沖42mの海底に沈んだ残骸は、1973年にチリの国指定歴史記念物に指定された。1979年にはチリ海軍のダイバーによる潜水調査で、その遺物が確認されている。毎年5月21日には、沈没地点で式典が行われている。

また、初代の「エスメラルダ」鹵獲の戦勝と合わせて、その艦名はチリ海軍にとって特別なものとなった[3]。そのため、21世紀初頭までに4隻の同名艦が建造されている。うち3代目は防護巡洋艦で、日本に売却されて「和泉」となった。最も新しい6代目は帆走練習艦の「エスメラルダ」で、2009年時点でもチリ海軍で運用されている。

脚注[編集]

  1. ^ チリ海軍の解説では“Costó $ 217.461.”となっているが、誤植と判断して本稿を執筆した。
  2. ^ Greatest Hero of the Chilean Navy - チリ海軍公式英語版より。(2009年7月16日閲覧)
  3. ^ The name “Esmeralda” - チリ海軍公式英語版より。(2009年7月16日閲覧)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]