神戸ポートターミナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Q1、Q2バースに其々接岸するクルーズ客船

神戸ポートターミナル(こうべポートターミナル)は、神戸港新港大正時代に建設された日本最大の客船用埠頭(新港第四突堤)と施設(ターミナルビル)の総称。所在地は兵庫県神戸市中央区新港町。

概要[編集]

1922年大正11年)に竣工。長さは649m(東側岸壁)と589m(西側岸壁)で水深12mから10mのバース6つを備えており、10万トン超級の客船の接岸に対応、5万トン級程度の客船なら同時4隻の接岸に対応する。 現在のターミナルビルは1970年に竣工した。CIQを備え、外航客船・国際フェリー用埠頭として、世界各国のクルーズ客船上海行き・天津行き外航定期客船に使用されている。2008年1月15日まで関西汽船の国内フェリー航路(関西別府航路、小豆島季節便)も使用していた。(2008年1月15日から六甲アイランドフェリーターミナルに移転)

施設[編集]

ポートターミナルビルのバルコニー
ポートターミナルビル送迎デッキと直結するポートターミナル駅(右端)

接岸する主な客船[編集]

定期航路[編集]

  • チャイナエクスプレスライン - 燕京(9,960トン)
神戸ポートターミナル - 天津港
  • 日中国際フェリー - 新鑑真(14,543トン)
神戸ポートターミナル - 上海港

パンスターライン (韓国) - パンスタードリーム

神戸ポートターミナル - 釜山港

主な外航客船(不定期)[編集]

など

ギャラリー[編集]

交通アクセス[編集]

周辺[編集]

近隣の旅客船ターミナル[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度40分53秒 東経135度12分09秒 / 北緯34.68139度 東経135.20250度 / 34.68139; 135.20250