斉藤とも子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
さいとう ともこ
斉藤 とも子
本名 斉藤友子
生年月日 1961年3月14日(53歳)
出生地 日本の旗 日本兵庫県神戸市北区
血液型 AB
職業 女優
ジャンル テレビドラマ映画
主な作品
ひめゆりの塔

斉藤 とも子(さいとう ともこ、1961年3月14日 - )は、兵庫県神戸市北区[1]出身の女優。本名およびデビュー当時の芸名は斉藤友子(読みは同じ)。血液型はAB型。

来歴・人物[編集]

父は医師、きょうだいは妹がひとり。
1973年
小学6年生の頃、母親をで亡くした。同じ境遇の家庭をテーマにした、日本テレビのドラマ『微笑』を見て感激し、それをきっかけに芸能界の道へ進む。
1976年
NHKで放映された『明日への追跡』(少年ドラマシリーズ)でデビュー。
1978年
『若い広場』(NHK教育テレビ)の中のコーナー「マイブック」で注目を集めた。『青春ド真中』、『ゆうひが丘の総理大臣』など、学園ドラマでの「優等生の生徒役」を多く演じた。以後、少年向けドラマ番組への出演が多数。東京都立代々木高等学校2年で中退。[2][3]
1979年
占い師のアドバイスにより芸名を「斉藤とも子」に変える(映画「悪魔が来りて笛を吹く」のパンフレットを参考)
『車輪の一歩』(『男たちの旅路』第4部)で、身体障害者である主人公を演じた。
初のシングルレコード「風のように」を日本フォノグラム(現在のユニバーサルミュージック)から発売。
1984年
映画『ひめゆりの塔』に出演。
1987年
芦屋小雁と結婚(1995年に離婚)。
1995年
タイをテレビドキュメンタリーのレポーターとして訪れ、スラムでの生活を見て共感を覚える。
1999年
大学入学資格検定受検を経て、東洋大学社会学部社会福祉学科に合格。
2003年
東洋大学大学院に進学し、原爆小頭症患者と家族の会「きのこ会」を知る。
2005年
同大学院社会学研究科福祉社会システム専攻終了。[2]
論文集『きのこ雲の下から、明日へ』を上梓。
2006年
広島の原爆を扱ったオーディオドラマ『夕凪の街 桜の国』(FMシアター)に出演。
2011年8月6日
マツダスタジアムでプロ野球公式戦ナイター広島-巨人戦の前に詩「8月6日」を朗読。

出演作[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

バラエティー番組[編集]

 その他のテレビ番組[編集]

シングルレコード[編集]

  • 「風のように」作詞:五十嵐ひろみ、作曲:藤本あきら、編曲:高橋洋一(1979年6月5日発売)
    • B面「サーフサイド・ボーイ」

CM[編集]

  • ソニー Pure Heart Audio『忘れていた時間篇』(2007年3月26日 - )妻役 北見敏之と共演

書籍[編集]

単行本[編集]

  • 青春の時間割(1979年4月、現代新社)- エッセイ
  • マイブック (1980年9月、講談社 ) - 聞き手 『若い広場』(NHK教育テレビ)の「マイブック」コーナーの一部を収録
  • きのこ雲の下から、明日へ(2005年8月、ゆいぽおとISBN 4-87758-401-3)- 自身の修士論文を元に加筆したもの

写真集[編集]

  • ありがとうあなた(1979年7月、ペップ出版) - フォト&エッセイ

脚注[編集]

外部リンク[編集]