クロード・チアリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クロード・チアリ
基本情報
出生名 クロード・チアリ
別名 智有 蔵上人(本名・戸籍名、読みはちあり くろうど)
出生 1944年2月11日(70歳)
出身地 フランスの旗 フランス,ニース
学歴 ECOLE GRENIER SUR L'EAU PARIS卒業
ジャンル アコースティック
職業 ギタリスト
タレント
音楽家
担当楽器 ギター
活動期間 1960年-
事務所 吉本興業
公式サイト 公式サイト

クロード・チアリClaude Ciari、本名・戸籍名:智有 蔵上人/ちあり くろうど、旧名・通名:同じ、1944年2月11日 -)は、フランスニース出身のタレントギタリスト音楽家吉本興業所属。日本国籍。フランス系日本人一世。タレントのクリステル・チアリは娘。ギタリストのクリスチャン・チアリは息子。日本語英語フランス語スペイン語ユダヤ語に堪能。

来歴等[編集]

独学でギターを始め、フランスのECOLE GRENIER SUR L'EAU PARIS卒業。パリ証券取引所のコンピューター室に勤務。16歳でロックバンド「レ・シャンピオンズ(:fr:)」結成。ヨーロッパで大人気となり、演奏前の前座はビートルズが務めた。20歳でバンドから独立し、ソロ・アコースティックギタリストとして活動を始める。1964年にギター曲『夜霧のしのび逢い』が世界的にヒットし、「哀愁のギタリスト」として知られる。ただし「夜霧の - 」は日本版タイトルであり、スペイン語の原曲タイトル「La playa」の意味は「浜辺」である。フランスのACCディスク大賞受賞。その後、映画「夜霧のしのび逢い」が公開されたが、世界的にはクロード・チアリの曲「夜霧のしのび逢い」とは関係ない。しかし、日本のみ、この曲を映画の随所に使用し公開された。

1967年に初来日。1975年に日本人と白系ロシア人とのハーフの女性で元モデルのジェーン矢田と結婚して日本に永住するようになる。1985年に日本に帰化し、日本名である2012年現在の本名・智有蔵上人に改名する。帰化したばかりの頃、ニコニコのりのテレビCMに出演し、お中元の署名としてこの日本名を毛筆で書き込むシーンが入っている。家族とは関西弁神戸弁)で話すため、海外旅行をするとホテルの従業員などに「あなたはどこの国の人なのか」と聞かれることがある。

1979年から放送のバラエティ番組アイ・アイゲーム』に解答者として出演。タレントとしても活動した。朝日放送年忘れ必殺スペシャル 仕事人アヘン戦争へ行く 翔べ!熱気球よ香港へ」、NHKてるてる家族」、「世界わが心の旅」、日本テレビ系「午後は○○おもいッきりテレビ」などの番組にも出演。

1989年には、「新自由クラブ」(河野洋平らが設立した新自由クラブとは別組織)から、第15回参議院議員通常選挙の比例代表区で出馬したが落選。

ギタリストになる前はコンピュータ技師をしており、パソコンにも造詣が深い。インターネットの前身、パソコン通信創生期の代表的な人物の一人である。1980年代から1990年代にかけて、NECが運営していたPC-VANでは「チアリコンピュータワールド」(旧称:「NEC98 by チアリ」)というSIGを運営。オンラインソフトの集積場として、PC-VANの看板的存在であったが、SIGの運営では独善的な面も見られ批判も多かった[1]

自身も阪神・淡路大震災で被害を受けるも、日本各地でチャリティーコンサートを開催。震災復興に協力。1990年兵庫県文化功労賞、2005年西宮市民文化賞受賞。近年では、世界一周クルーズ乗船演奏会、世界豪華客船演奏会、コンサート、ディナーショー、講演会活動などをおこなっている。

2009年11月27日に、長男の智有クリスチャンが、兵庫県芦屋市内で無許可でラウンジを営業していたとして、風俗営業法違反容疑で兵庫県警逮捕、ラウンジの店長であるクリスチャンの妻も現行犯逮捕された。[2]

代表曲[編集]

出演[編集]

テレビ番組[編集]

ラジオ番組[編集]

CM[編集]

注意事項[編集]

脚注[編集]

  1. ^ チアリのSIG運営を「週刊文春」1994年8月11日・18日号の記事が「独裁者」と表現。これを巡って名誉毀損の民事裁判となったが、チアリ側の敗訴。
  2. ^ クロード・チアリさん長男を逮捕 無許可ラウンジ営業の疑い 産経新聞 2009年11月28日
  3. ^ 例えば、「キネマ旬報2006年12月上旬特別号の宮城正樹「懐かしのテレビ・ドラマ『特捜最前線』『服部半蔵 影の軍団』『柔道一直線』」では、チリアーノ名義でクロード・チアリが歌っているとしている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]