パーフェクト リバティー教団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パーフェクト リバティー教団
大平和祈念塔
設立年 1916年
種類 宗教法人
設立者 御木徳一
テンプレートを表示

パーフェクト リバティー教団(パーフェクトリバティーきょうだん)は、大正時代に立教された神道系の宗教団体。通称でPLPL教PL教団と表記されることが多いが、公式の表記は「パーフェクト リバティー教団」である。

概要[編集]

現在の教主(おしえおや)は御木貴日止(みきたかひと)。信仰対象は「宇宙全体=である、大元霊(みおやおおかみ。だいげんれい、とも)」。

教団本部は大阪府富田林市にあり、大本庁と称する。大本庁には、大本庁神霊を祀る正殿、教団の初代教祖・御木徳一師の霊を祀る初代教祖奥津城等の施設があり、万国の戦没者を超宗派で慰霊する超宗派万国戦争犠牲者慰霊大平和祈念塔(通称「大平和塔」PLの塔、PLタワーとも呼ばれる)が立つ。高校野球で有名なPL学園高等学校のほか、中学校小学校幼稚園専門学校も敷地内にあり、かつては短大(PL学園女子短期大学)や遊園地PLランド(桜ケ丘遊園))、ゴルフの練習場などもあった。

教え[編集]

人生は芸術である」の真理のもと、各人の真の個性を世の為人の為に最大限発揮し、ひいては世界人類永遠の平和と福祉の為に貢献する事を目標とする。教えの最も特徴的なものとして、「みしらせ」「みおしえ」の真理がある。

身の回りに起こるすべての苦痛や苦難を、自分自身の心の傾き(=心癖)を知らせる神からの啓示の一種ととらえ、これを「みしらせ」と呼ぶ。この「みしらせ」に対し個人個人に下付されるものが「みおしえ」で、個々の自己表現の上で邪魔となっている心癖を教えてもらうものである。

教団としての戒律は特に存在せず、日常生活の心得として「PL処世訓」「PL信仰生活心得」などがある。

本教団は教祖が代々出現して時代にあった教えを説くという形をとる。

沿革[編集]

  • 1916年 立教。当初「御嶽教徳光大教会」と称す(当時、仏教キリスト教以外の新しい宗教団体は、神道十三派のいずれかに所属しなければならなかったため、御嶽教の冠がついている)。初代教祖:御木徳一
  • 1928年 扶桑教に転属、「扶桑教人道徳光教会」と称す。
  • 1931年 「扶桑教ひとのみち教会」と改称。
  • 1934年10月 1,008畳敷の大広間を有する鉄筋3階建の施設を仮本殿として大阪府中河内郡布施町(現東大阪市)永和に建設。
  • 1936年 御木徳近、二代教祖を継承。その翌日、御木徳一が盛岡支部長の娘に対する強姦容疑で特高に逮捕さる。
  • 1937年 天照大神教育勅語の解釈の違いから不敬罪を問われ、当局によって解散させられる。
  • 1938年 御木徳一死去
  • 1946年 御木徳近がひとのみち教団を引き継ぐ形で佐賀県鳥栖市にて「PL教団」立教
  • 1949年 本部を静岡県清水市へ移転
  • 1953年 大阪府富田林市の現在地に教団本部建設の鍬入式。後にこの地を聖地とする
    この年の教祖祭にて初めて花火を打ち上げる
    新日本宗教団体連合会発足。本教団も加盟。御木徳近が初代理事長に就任。
  • 1955年 聖地に仮本殿完成、本部神霊を遷座。以後、大本庁と称する。
    PL学園高等学校開校。以後、中学校・小学校・幼稚園・衛生看護専門学校(女子校であり、男子は入学できない。*出典)を順次開校
  • 1959年 大本庁に正殿完成
  • 1963年 教祖祭の花火を発展させ「PL花火芸術」と呼称
  • 1967年 衆院建設委員会[1]で国有地無断使用を指摘。
  • 1970年 超宗派万国戦争犠牲者慰霊大平和祈念塔 完成
  • 1973年 御木徳近、ローマ教皇パウロ6世と会談
  • 1974年 教団名を「パーフェクト リバティー教団」に変更
  • 1980年 御木徳近、ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世と会談
  • 1983年 御木徳近死去。御木貴日止、三代教祖を継承。衆院決算委員会[2]で教団資金のサラ金流出を指摘。
  • 1999年 1995年に改正された宗教法人法で義務づけられた役員名簿や財産目録の書類提出に応じなかったとして、大阪地裁が三宅一彦・前理事長代務者を過料1万円に処した。
  • 2010年 5月2日 錬成会館落成式典を挙行。

主な活動[編集]

教団の祭典(四大祭)[編集]

元旦祭(1月1日)
新年を迎え、前年1年間を平穏無事に過ごせたことを感謝し、今年1年間幸せな生活ができるよう神に祈願する祭典。大本庁では正月3が日に多くの会員が聖地参拝する。
教祖祭(8月1日)
おしえおやの神業、初代教祖、2代教祖の残した神業に感謝し、世界平和への祈りを捧げる祭典。国内の各教会所属会員、そして世界中のPL会員が参拝する。そして夜には教祖祭PL花火芸術(PL花火)が行われ、その花火の迫力や規模は地元の風物詩ともなっている。
PL祭(9月29日)
本教団が立教された日。PLの教義が世に敷かれ現在に至るまでの過程を理解し、立教記念日を祝う祭典。
教主誕生祭(12月2日)
3代目教主である御木貴日止師の誕生日を祝う日。PLの教えを解くおしえおやへの感謝の気持ちをささげる祭典。式典後には各教会で様々な行事を行っている。

個人の祭典[編集]

  • 神霊鎮座祭(しんれいちんざさい)
  • 遷座祭
  • 誕生祭
  • PL結婚式
  • PL葬
  • 愛児生誕感謝祭
  • 地鎮祭

一の日詣[編集]

  • 平和の日(毎月1日)
  • 先祖の日(毎月11日)
  • 感謝の日(毎月21日)

毎月1日、11日、21日に教会に参詣することを「一の日詣り」といい、全国各地の教会で式典などが行われている。中でも感謝の日(感謝祭)は重要な行事となっている。

その他の活動[編集]

  • 座談会
  • バトントワリング (PLMBA)

かつて行われていた活動[編集]

  • 社会人野球チーム
  • PL茶道
  • PL華道
  • 政治活動(芸術政治連合)

施設[編集]

PL病院
第一錬成道場

その他[編集]

必要に応じて、各地の教会で様々な祈願、つまり世間的に言うところの必勝祈願や合格祈願、交通安全や病気平癒などの祈祷を受けることもできるが、これは単なるお願いことというよりも決意を神に誓うということや神に感謝するという意味合いが強く、祖遂断神事(おやしきり しんじ)と呼ばれている。

教団名「完全なる自由」(※完全の意味はとり間違えやすいが、人間本来の“真の自由”という意味)とは、日々の生活において心癖にとらわれることなく、自由無碍なる表現を心がけ、世のため・人のために役立つよう自分に与えられた天職を全うし、毎日を明るく楽しく過ごすことを標榜する。

PL教式の葬儀は神葬祭に準じた形である。

PLランドの開園当時は大平和記念塔の上部にある展望台まで一般開放していたが、世界平和と戦争犠牲者慰霊のためのモニュメントという位置づけを明確にするため、現在は展望台を閉鎖している。

ABCラジオ宗教の時間」月曜日(4:50から5:00)でPL教団の時間を放送している。

教祖祭PL花火芸術[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]