アル・コーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アル・コーン
ヴィレッジ・ジャズ・ラウンジのアル・コーン}
ヴィレッジ・ジャズ・ラウンジのアル・コーン
基本情報
出生名 Alvin Gilbert Cohn
出生 1925年11月24日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ ニューヨークシティ
死没 1988年2月15日(62歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ ペンシルヴェニア州ストラウズバーグ
ジャンル ビッグバンドジャズ
ウェストコースト・ジャズ
職業 作曲家
サクソフォン奏者
バンドリーダー
担当楽器 テナー・サクソフォン
活動期間 1940年代 - 1980年代
レーベル コーラル・レコード
マーキュリー・レコード
共同作業者 ウディ・ハーマン楽団、
ズート・シムズスタン・ゲッツ

{{{Influences}}}

アル・コーンAl Cohn, 1925年11月24日 ニューヨークシティ - 1988年2月15日 ペンシルヴェニア州ストラウズバーグ)は、アメリカ合衆国ジャズサクソフォン奏者で作曲家編曲家。本名はアルヴィン・ギルバート・コーン(Alvin Gilbert Cohn)。

略歴[編集]

元々は1940年代に、ズート・シムズスタン・ゲッツサージ・チャロフとともに、ウディ・ハーマン楽団第2期の「フォア・ブラザーズ」のひとりとして知られた。より高名なシムズやゲッツとは異なり、編曲家としてもハーマン楽団を支えた。

ハーマン楽団を退団後は、多種多様なアーティストと共演を続けたが、元フォア・ブラザーズの仲間であった、ズート・シムズとの長きにわたる協力関係がとりわけ名高く、1956年より共同でクィンテットを率いた。1950年代の二人の古典的な録音には、ピアニストのモーズ・アリソンが参加している。シムズが亡くなるまで、散発的ながらも二人は共演を続けた。両者の録音活動の頂点は、スタンダードと自作を集めた『ユー・アンド・ミー(You 'n' Me)』(マーキュリー・レコード1960年発表)に見出すことができる。二人はともに、作家のジャック・ケルアックの録音にも参加している。

アル・コーンは、テナー・サクソフォン奏者としての活動に加えて編曲家としても名高く、ブロードウェイの公演のために『レーズン(Raisin)』や『ソフィスティケイティッド・レイディーズ(Sophisticated Ladies)』を担当した。リンダ・ロンシュタット1980年代以降の未発表音源にも、アル・コーンが編曲を手懸けたものが含まれている[1]

ジャズ・シンガーのマリリン・ムーアのアルバム『ムーディ(Moody)』にも独奏者として参加している。ムーアと結婚して、息子ジョーを儲けたが、後に離婚した。

1988年に歿した。

註釈[編集]

  1. ^ http://www.ronstadt-linda.com/artdb85.htm "An Intimate Conversation With Linda Rondstadt" Bloom, Steve. Downbeat magazine, July, 1985.

外部リンク[編集]