松岡直也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
松岡直也
基本情報
出生名 松岡直也
出生 1937年5月9日
出身地 神奈川県横浜市中区本牧
死没 2014年4月29日(満76歳没)
ジャンル J-POP
ラテン・フュージョン
ジャズ
職業 ピアニスト
作曲家
編曲家
担当楽器 ピアノ
シンセサイザー
活動期間 1952年 - 2014年
レーベル アーント
公式サイト ant-inc.com

松岡 直也(まつおか なおや、1937年5月9日 - 2014年4月29日[1])は、神奈川県横浜市中区本牧生まれの日本ジャズピアニストラテンフュージョンミュージシャン作曲家編曲家である。

経歴[編集]

生家は本牧・小港のチャブ屋街にあった「東亜ホテル」。7歳の頃から独学で学んだピアノを弾き始める。

15歳の時、「パン猪狩とマーキス・トリオ」のピアニストとしてプロデビュ-。翌年には自己のバンド「松岡直也カルテット」を率いてライブを中心に活動を開始する。また、「浜口庫之助とアフロ・クバーノ・ジュニア」にピアニスト、アレンジャーとして参加し、ヒット曲「黄色いサクランボ」を編曲する。

この頃からラテン音楽の虜になり、「キューバン・スペシオーサ」、「松岡直也ピアノ・トリオ」、「ラテン・スペシオーサ」、「松岡直也ラテン・ピアノ・トリオ」、「松岡直也ハバナ・ビーツ」(後に「松岡直也ハバナ・ビーツ・オーケストラ」に改名)などのラテンバンドで活躍する。

1961年には「アーティストリー・サウンド」を結成し、ショーの音楽プロデュースと編曲を手掛けるようになる。その後、いずみたくが主宰する「オール・スタッフ」に所属。映画・テレビ・CM音楽等の作・編曲を手掛ける傍ら、スタジオ・ミュージシャンとして活動を始める。

1972年にはテレビドラマの主題歌として使われた「太陽がくれた季節」(歌・青い三角定規)を編曲し、青い三角定規はこの曲で第14回日本レコード大賞・新人賞を受賞。いしだあゆみ「小さな愛の歴史」作曲(古賀賞/日本作曲家大賞受賞)。更に「松岡直也オールスターズ」を結成しライブ活動を再開する。

1977年、初のリーダーアルバム『JOYFUL FEET』を発表。1979年にはホーン・セクションを加えた大規模編成による「松岡直也&ウィシング」を結成。また「ラテン・ジャズ・アンサンブル」の日本公演にピアニストとして参加した。

1981年には神戸市で開催された「ポートピア'81」のダイエー館(オムニマックス・シアター)の音楽を担当。そこでの使用楽曲は同年のアルバム『THE SHOW』に収録されている。また同じ1981年には、ロックプロジェクト・MASH(マッシュ)を立ち上げるものの、衣装の派手さや音量の大きさが仇となってしまい短命に終わる。

1982年、音楽活動30周年を記念したアルバム『九月の風』を発表。オリコンチャート第2位、半年間30位以内にチャートインするなど、インストゥルメンタル・ミュージック界において驚異的な記録を作った。またアルバム・タイトル曲が三菱・ミラージュのCMに使用されたこともあり、一気に松岡の名前が知れ渡るようになる。その後1 - 2年は三菱の各車種のCMに松岡の楽曲が使用されていた(中にはCMオリジナルでアルバムには収録されていない楽曲もある)。

しかし人気が高まるにつれ、大規模編成であるウィシングのライブ活動がままならなくなりやむなく解散。小規模編成による「松岡直也グループ」を結成。この中からは和田アキラ高橋ゲタ夫、菅野真吾(現・カルロス菅野)、是方博邦大橋勇(現・勇武)といった人気ミュージシャンを生み出している。

日本国外では1980年1983年の2回にわたって、スイスモントルー・ジャズ・フェスティバル」に出演。特に1983年は大成功を収め、そこで演奏された楽曲は同年のアルバム『WELCOME』にも収録されている。

1985年にはその年にANN系列で放送を開始した『ニュースステーション』をはじめとするニュース番組のテーマ曲を作曲。また中森明菜に提供した「ミ・アモーレ〔Meu amor é・・・〕」の作・編曲を手掛け、同曲は第27回日本レコード大賞を受賞し、また松岡は日本作曲家大賞・優秀作曲家賞を受賞した。

1986年にはわたせせいぞう作で日本テレビ系列で放送された『ハートカクテル』の音楽を担当。楽曲は「ハートカクテルVol.1・Vol.2」として1986年11月1987年2月に発売された。一方でプロレスラー藤波辰巳(現・辰爾)の入退場テーマ曲を作曲するユニークな面も見せた(1987年1月に12インチ・シングルとして発売された)。

1990年にはNHK教育テレビで放送された『ベストサウンドIV』の講師を担当。1993年には再びホーン・セクションを交えた大規模編成によるバンド「松岡直也バンダ・グランデ」を結成、更に1997年にはTBS系列のドラマ『智子と知子』の劇中音楽を担当。2005年にはニューアルバム『Sincerely』を発表し、ライヴ活動も盛んに行うなど、70歳を過ぎても精力的に活動を続けていた。

2001年から病気を患っており、2014年3月末に体調が急変して入院した。4月29日午前10時22分、前立腺癌のため川崎市の病院で死去。76歳没。

楽曲提供[編集]

エピソード[編集]

  • 松岡が在籍した「浜口庫之助とアフロ・クバーノ・ジュニア」には一時、ハナ肇も在籍していた。その縁もあり、1960年、「ハナ肇とクレージーキャッツ」でピアノを担当していた石橋エータローが胸を患い一時休業した際、実現こそしなかったものの、クレージーの臨時メンバーにならないかと、松岡も声をかけられたという[2]

参考[編集]

  • 1987年発表のアルバム『日曜島へ』及び1992年発表の音楽生活40周年記念アルバム『松岡直也ベスト・セレクション』の各ライナー・ノーツを参考に記載

脚注・出典[編集]

  1. ^ 松岡直也オフィシャルサイト”. 2014年4月30日閲覧。
  2. ^ 犬塚弘佐藤利明・共著『最後のクレイジー 犬塚弘』(2013年講談社ISBN 9784062184472)P.71-72より

外部リンク[編集]